おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第180話

「ミアお嬢様、セバスさん、今日まで本当にお世話になりました。」

翌日の早朝、城門前で立ち止まった俺は見送りについて来てくれたお姫様とセバスさんに向かって深々と頭を下げた。

「ほっほっほ、お世話だなんてとんでもない。その様な事をするまでも無く、九条殿は立派に奉仕義務を果たしておられましたよ。そうは思いませんか、ミアお嬢様。」

「まぁ、ギリギリ及第点って感じね。」

「あ、あれだけ頑張って及第点かよ……ちょっと採点が厳しすぎじゃね?」

肩を落として思わず持っていたバッグをずるっと落としそうになっていると、口元に手を当てたお姫様がくすくすと笑い出した。

「ふふっ、採点が厳しいのは当前でしょ?アンタはお姫様に仕えてたんだから。」

「………しょうがない、それじゃあギリギリ合格出来たって事を喜んでおくさ。」

「えぇ、そうしなさい。」

お姫様とほぼ同時に笑みを浮かべた俺は軽く息を吐き城門の先にある街並みを見つめると、改めて姿勢を正して2人に向き直った。

「それじゃあ2人共、名残惜しいけどそろそろ行くわ。帰りの馬車は明日の朝に出発だけど、頼まれてたお土産を今日中に買って回らないといけないからさ。」

「ほっほっほ、それならば仕方ありません。九条殿、貴方と一緒に働けた日々は私にとって素晴らしい物でした。またお会いできる日を心よりお待ちしておりますね。」

「……俺もセバスさんと一緒に働けて良かったと思ってますよ。でも次に会う時は、奉仕義務を課せらてない時が良いんですけどね。」

「おや、それは残念でございますねぇ。」

まったく残念そうじゃない感じで微笑むセバスさんを見て苦笑いを浮かべた俺は、その隣に立ってお姫様の方を向いた。

「さてと、これでいよいよお別れだな。」

「そうみたいね。でもその前に……昨日の夜に話してた報酬をアンタにあげるわ。」

「報酬?……あぁ、そういえば言ってたな。それで報酬ってのは何なんだ?見た所、何かくれるって訳じゃなさそうだが。」

「ふふっ、アンタにあげる報酬は物とかお金じゃないの。」

「え、それじゃあ一体……」

「アンタにあげる報酬っていうのはね…………私の事をミアって呼べる権利よ!」

「……………はい?」

大々的に告げられた報酬の内容を聞いて思わずきょとんとしていると、その反応が気に入らなかったのかお姫様の目がスッと冷たく鋭くなってしまった!

「なによ、何か文句でもあるの?」

「い、いえいえ滅相もありません!………ただそれって……本当に報酬なのか?」

「あのね、私の事をミアって呼べるのはお父様とお母様しかいないの。その中の1人にアンタを加えてあげるって言うんだから報酬以外の何物でもないでしょうが。」

「そ、そう言われると……そんな気もするけどさ……」

「ふんっ、分かれば良いのよ。」

反応に困る報酬を貰って若干困惑していると、お姫様が何故か俺の事をジッと見つめてきた……?

「な、なんだ?」

「なんだじゃないわよ。ほら、呼びなさいよ。」

「え、呼びなさいって……名前をか?」

「当たり前でしょ?他に何があるって言うのよ。それともなに?まさか恥ずかしくて名前を呼ぶ事が出来ないとか言うんじゃないでしょうね。」

「いや、そんな訳じゃないけど………」

「じゃあさっさと呼びなさいよ。折角この私が許可してあげてるんだから。」

「わ、分かったよ………ミア。」

「うん、それで良いのよ。」

満足そうに頷いてる……ミアを見て思わず脱力しそうになりながらため息を吐いた俺は、バッグを持っていた手にグッと力を込めると背筋を伸ばした。

「ふぅ、それじゃあ報酬も無事に受け取った事だしもう行くわ。ミア、夜中に出歩くのもほどほどにな。セバスさんも、ミアが危険な事をしそうな時はしっかりと止めて下さいね。」

「ほっほっほ、かしこまりました。」

「まぁ、今回の事で多少は懲りたから次からは気をつけるとするわ。」

「あぁ、そうしくれ。」

俺は最後に2人に軽くお辞儀をすると城門をくぐって王都の街に出て行こうとしたのだが……その次の瞬間!?

「ぶべらっ!?」

「はぁ?!」
「おやおや。」

な、何が起きたんだ……!?いきなり横からタックルされて……って、このピンク色の頭はまさか!?

「も、もしかして……マ、マホか?」

「ピンポーン!!大正解ですよおじさん!ご褒美にハグしてあげますね!ぎゅー!」

「ぐ、ぐうぇ!?ちょま、色々とヤバい!!ってかどうしてここに?!」

「勿論、九条さんを迎えに来たんだよ。」

「ついでに観光。」

「って、ロイドにソフィ!?お前達までなんで居るんだよ!?」

「だからお迎えに来たんですってば!ふふふっ!」

「いや、だからそんな抱き着くなってば!てかマジで離れてお願い!そこで立ってるお姫様に物凄い冷めた視線を向けられてるから!!」

倒れながらビシッと指を差した方向には、まるで汚物や犯罪者を見る様な目つきで俺を睨みつけるお姫様の姿が!?なんかもう色々と台無しだよ!!

「あっ、初めましてお姫様!私、おじさんのお世話をしているマホと申します!」

「あ、あぁどうも……え、お世話?」

「ち、違う!ミア……お嬢様が考えてる様な事では断じてないから!」

マホに抱き着かれた状態のまま必死に弁明をしていると、ロイドとソフィがお姫様と対面した。

「どうも初めまして。ロイド・ウィスリムと申します。以後、お見知りおきを。」

「ソフィ・オーリア。よろしくね、お姫様。」

「は、はぁ……あの、もしかして九条さんと同じギルドに所属している……」

「はい、よくご存じですね。」

「あぁはい、九条さんに関する情報は報告書として読ませて頂きましたから。」

「なるほど、そういう事でしたか。」

「っておい!人の事を無視してやり取りをするんじゃないよっと!」

「うわぁ!もうおじさん!急に立ちあがったら危ないじゃないですか!」

「ど、どの口が!?いきなりタックルする方が危ないだろうが!」

「ふーん、か弱い私のタックルに耐えられないおじさんが悪いんですぅ!」

「はぁ?!その言い分は流石に無理があるだろうが!」

「……ふふっ、とっても仲がよろしいんですね。」

「あっ、やっぱりそう見えますか!えへへー!」

嬉しそうに笑ってるマホを見てため息を零した俺は頭をガシガシと掻いた後、ミアの方を向いた。

「その……騒がしくしてすみませんでした……」

「あぁいえ、九条さんが謝る事ではありませんよ。」

「あっはは……そう言って頂けると助かります……ほら、ミアお嬢様はこの後に色々と予定が詰まってるんだからそろそろ行くぞ。」

「おや、それは申し訳ございませんでした。」

「ごめんなさい。」

「すみませんでした!」

「いえいえ、お気になさらず。それでは皆さん、また機会がありましたら。」

完璧に猫を被ったお姫様はスカートの裾をつまんでお辞儀をすると、セバスさんと一緒に城に向かって歩いて行った。その姿を見送った後、俺は何度目かも分からないため息を吐いて3人の事を見た。

「そんで、どうしてわざわざ王都まで来たんだ?」

「だから言っただろ?迎えに来たんだってね。」

「いや、だから何で迎えに来たんだよ。ちゃんと帰る予定日は手紙に書いたろ?」

「マホが我慢の限界だった。」

「……はぁ?」

「だから、マホが」

「わぁー!それは言わないって約束したじゃないですかソフィさん!」

「あっ、うっかり。」

「うっかりじゃないですよ!もぅ!おじさん、この事は聞かなかった事にしてくださいよね!分かりましたか!」

「あ、あぁ……」

……それは流石に無理があるんじゃないか?とは思ったりしたが、こっちもこっちで色々と気恥ずかしいのにこれ以上の追及は止めて置く事にした。

「そう言えば九条さん、この後の予定はどうなっているんだい?」

「ん?あぁ、お前達に頼まれたお土産を買って回る予定だったんだよ。帰りの馬車は明日の早朝に出る事になってるからな。」

「それなら丁度良かった。私達も明日の朝に出る馬車を予約しているからね。」

「そうなのか。そんじゃあ折角だし、皆でお土産リストに書かれてた物を買いに行くとしますかね。」

「賛成です!それじゃあ早く行きましょうおじさん!」

「うわっ!そんなに思いっきり手を引っ張るなって!ちょ、マホ!?」

「ふふっ、それじゃあ私達も行こうか。」

「うん、楽しみ。」

こうして久しぶりに再会した仲間達と一緒に、俺は王都の街を散策しながら買い物をする事になるのだった………

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く