話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第175話

「ぶべらっ!!」

強引に手首を引っ張られながら扉を通った直後に体勢を崩してしまった俺は、勢いそのままに思いっきり床の上に倒れてしまった……そして頭上からはお姫様のため息が聞こえてきて………

「まったく、いい歳して転ぶなんて恥ずかしいと思わないの?」

「だ、誰のせいでこうなったと思ってんだ……」

「誰のせいってアンタのせいでしょ。それより早く立ちなさいよね、執事服が汚れるじゃないの。」

「俺の心配より服の心配かよ……!」

いや別に心配してくれるんじゃないかなって期待はしてなかったけど、そういったフリぐらい見せてくれても良かったんじゃないんですかね?!仮にも心優しいお姫様って感じで普段は過ごしてるんだからさ!

心に若干の傷を負いながら起き上がって服についた汚れを払い落としていた俺は、目の前に広がる光景を見て思わず思考が止まってしまった………

「……な、なんだこれ?どういう構造になってんだ?」

「さぁ、この屋敷が異常な物だって証拠なんじゃないの。」

自然な感じでそう答えたお姫様が見つめた先には、紅い満月に照らされている長い廊下と不規則に並んでいる部屋の扉と曲がり角が存在していた……って、やっぱこの屋敷ってかなりヤバい所なんじゃねぇか!こんな作りの建物見た事ねぇぞ!?

「な、なぁ……屋敷も見た事だしもう満足したろ?そろそろセバスさんの所に戻らないか?きっと心配してると思うんだよ。」

「セバス・チャンが心配してるかどうかはともかく、戻るのは無理よ。」

「な、なんで?!まだ満足してないのかよ!?」

「まぁそれもあるんだけど、後ろに振り返ってみなさい。」

「は?どうして振り返って………えっ嘘だろ?!扉が消えてるじゃねぇか!」

どうなってんだよ!?さっき入って来た扉が跡形も無く消えてるんだが!い、いやそんなバカな事がある訳無いって!きっと見えなくなってるだけで触ればきっと…!

「ちきしょう!壁の感触しか無いんですけど?!扉は一体何処に行ったんだよ!?」

「ねぇちょっと。」

「ま、待て!き、きっと何か仕掛けが!」

「いや、それよりもこっちを見なさい。歓迎されてるわよ。」

「か、歓迎!?って、はあああああ!!?!な、なんだよアレ!?」

扉があった所からバッと後ろに振り返ってみると、紅い光に照らされた沢山の人形が廊下の向こうからこっちを見てゆらゆらと浮いていやがった!し、しかも何故だか人形達の手には赤黒く錆びついた小さなノコギリやナイフが握られていてっ!?

「お、おい!アイツ等が持ってるのって!?」

「まぁ、数百年前に使用されていた物でしょうね。恐らくは人を人形に加工する時に使われていた。」

「あぁもう!どうしてそんなに冷静でいられるんだよったく!!」

「……ちょっと、どうして私の前に立つのよ。」

「武器も防具も持ってないんだから俺が戦うしかないだろうが!お前は後ろから魔法で支援をしてくれ!あぁもう最悪だよちきしょう!」

お姫様を護る為に腰に差してあったブレードを抜いて、廊下の奥で浮かぶ人形達を睨みつけたのはいいんだが………やっぱりメチャクチャ怖いんですけど!?やっぱりこういう役目は俺じゃなくてイケメン主人公がやるべきだろうがよぉ!!

歯を食いしばって恐怖心を噛み殺していると、人形達が持っている凶器を突き出しながら一気にこっちに向かって来やがったああああああ!!!??!

「ふふっ、アンタの事をちょっとだけ見直してあげる……だけど!」

お姫様がそう叫んだ瞬間、後ろから眩いぐらいの光が放たれて周囲が一気に照らされていった!?何事かと思ってバッと振り返ってみると、俺とお姫様の間の床に金色の魔方陣が出来ていてそこから伝説の剣みたいなが出現していた!?!?

「な、なんっ!?」

「私を護ろうとするなんて……生意気なのよ!!」

そう叫んだお姫様が手にした伝説の剣っぽい武器を振り下ろした直後!斬撃が光となって廊下の方にぶっ飛んで行って人形達を木っ端みじんにしていった!!?!

「……ふぅ、スッキリした!」

「………………へ?」

えーっと……な、何が起きたんだ……?い、一瞬の内に人形達が………消えた?
ってか、あの、その………え?

「ほら、マヌケな顔して座ってないでさっさと立ちなさい。置いて行くわよ。」

「……い、いやいや……いやいやいや!!な、何なんだよそれ!ってか何アレ?!」

「それとかあれとか言われても分からないわよ。ちゃんと話なさいよね。」

「だ、だから!その武器は一体何なんだよ!?それと人形達と廊下とぶっ壊した光の事も説明してくれ!もう色々とあれで混乱してんだよ!!」

「まったくいい歳してオロオロと情けないわね。もうちょっと大人としてシャキッとしなさい。」

「普段の時にそれを言われるんだったら分かるけど、流石に今のはオロオロするわ!だってもう意味が分かんねぇからな!ってか、その武器はマジで何なんだよ!?」

「あぁ、これは私が生まれた時にお父様から引き継がれた剣よ。確かエクスカリバーとかって名前だったと思うけど。」

「エ、エクスカリバー!?!」

それってゲームとかアニメとかに出て来る超有名な剣の名前じゃねぇか!?
一体どうなってんだよこの異世界は!!?もうもうもう!何なんだよもう!!
なんか一気に色々と起こりすぎて混乱が収まらないんですが!

「それとさっきの光はこの剣に魔力を込めて放ってるって感じかしらね。」

「な、なんつーデタラメな…………ってか、それがあるから武器を持ってこなかったのか?」

「えぇ、これさえあれば他に武器なんていらないからね。」

「そりゃ…そうだろうな………」

魔力を込めてあんなのがぶっ放せるんだったら、確かに俺の持ってる武器とか必要無いよな………

「さぁて、それじゃあ屋敷の奥に進んで行くわよ!」

「えっ!?なんでっ?!」

「何でって言われても、私はこの剣を使う為にここに来たんだから当然でしょ。
やっぱり圧倒的な力を振るうのって気持ちいからね!さぁ、どんどん行くわよ!
過去の亡霊でも呪われた人形でも木っ端みじんに消し飛ばしてやるんだから!」

「あっ、おい!俺を置いて先に行くなって!」

メチャクチャ楽しそうに微笑みながら廊下の奥に向かって行くお姫様の後を慌てて追いかけようとしたその時、足元に何か堅いものがコツンと当たった気がした。
もしかしてさっき壊された人形の破片か?……そう考えてしゃがみ込んでみると……

「これって……」

「ちょっと!そんな所でしゃがみこんでるじゃないわよ!もしかして怖くなって腰が抜けたとかそんなんじゃないでしょうね!」

「い、いやそうじゃなくて!ちょっとこれを見てくれ!」

慌てて足元にあった物を拾い上げて廊下に入る直前の所で待っていたお姫様の元に駆け寄って行った俺は、嫌な予感を感じながらそれを見せてみた……

「………えっ、これってもしかして……カメラ?」

「あぁ、しかもこれ……オレットさんのカメラに似てないか?」

「ちょ、ちょっと貸して!」

お姫様は俺の手からひったくる様にカメラを奪い取ると、色んな角度からカメラを調べていった……そして戸惑いながらカメラを胸の前に持って来ると、真剣な眼差しで俺の事をジッと見てきた。

「……間違いないわ、これはオレット先輩のカメラよ。」

「そ、それじゃあもしかして……オレットさんはこの屋敷の中に……?」

「……くっ!」

「お、おい!」

「ぐずぐずしてるんじゃないわよ!早くオレット先輩を助け出さないと!」

「あ、あぁ!でもどこに居るのか見当はついてるのか!?」

「そんなの分かる訳が無いでしょ!だから手当たり次第に……って邪魔よ!」

廊下の奥に向かって走り出したお姫様の後を追っていたら、前方から人形が凶器を持って飛んで来やがった!でもまぁ、そいつらもお姫様が放った光り輝く斬撃のせいで木っ端みじんになったんだけどな!って、今はそんな事はどうでもよくて!

「と、とりあえずこの屋敷の最上階を目指してみないか!?」

「どうして?!」

「勘だ!」

「勘って、アンタふざけてんの?!」

「別にふざけてねぇよ!ただこの屋敷を外から眺めた時に最上階の作りが他の階とは全然違うから気になったんだよ!だからそこが一番怪しいって思ったんだよっと!」

俺は走りながら壁を殴って魔法を発動させて、後ろから迫っていた人形達の進行を防ぐ為に格子状の棒を出現させた!ってかガタガタ音を鳴らして近づいて来るなよ!マジで怖いんだからな!

「それでどうなんだ!?俺の案に乗るのか乗らないのか!乗らないって言うならこの階をしらみ潰しに探してから次の階に向かう事になるんだが!」

お姫様に叫ぶ様にそう伝えながら廊下を走っていると、目の前が突き当りになっていて左右に向かって伸びる曲がり角が見えた!俺達がそこを右に曲がった直後、今度は前後から人形達が迫って来ていて!

「あぁもうしつこい!」

「あぶなっ!?」

苛立ちながら前方と後方に放たれた斬撃を間一髪でかわした直後、お姫様が怒った様な表情で俺を睨みつけながらビシッと剣先を向けてきた!?

「今回だけはアンタの提案に乗ってあげる!でも次に私に指図とかしたら許さないんだからね!」

「わ、分かった!もう二度と指図しないからこっちにその剣を向けるんじゃない!
淡く光ってるからマジで危ないだろうが!!」

「うっさい!それよりも早く最上階に行くわよ!ぐずぐずしてたら本当に置いて行くからね!」

「ちょ、それは勘弁してくれ!」

伝説級の武器を振り回して光り輝く斬撃をぶっ放しまくるお姫様と、背後から迫るメチャクチャ怖い人形に挟まれて若干涙目になりながら俺は死に物狂いになって走りまくって最上階を目指すのだった!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く