話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第174話

「なるほど、近くで見るとこんな感じなのね。中々の迫力じゃない。」

「……その感想はおかしくね?」

すぐ隣で何故だか笑みを浮かべているお姫様にジトッとした視線を送った後、俺は目の前に存在している紅い満月に照らされた不気味な屋敷を見上げた………その時、屋敷の窓に不意に嫌な気配を感じて視線を向けてみると………そこには沢山の人形が
ビッシリと張り付きながらこっちを見ていやがった?!!?!

「うおおおおっ!?」

「ちょっと急に大きな声を出さないでよ!ビックリするじゃない!」

「だ、だってアレを見てみろよ!」

「アレ?………ふーん、やっぱりそういう事だったのね。」

「な、なんでそんなに冷静なんだよ!ってか、やっぱりってどういう事だ!?」

意味深な言葉を呟いたお姫様にそう聞いてみると、何故だかきょとんとした表情で俺の事を見てポンッと軽く手を叩いた。

「あぁ、アンタにはこの屋敷の事について説明してなかったわね。」

「……この屋敷の事?え、何か知ってるのか?」

「えぇ、古い資料を探って調べたからね。」

軽い感じでお姫様が返事をした直後、屋敷の扉がギィっと音を鳴らしながら静かに開いていった………あの、マジで怖すぎるんでその演出止めて貰えますか!?ってかどうして肌寒い風が吹いて来るんだよ!恐怖心がどんどん膨らんでいくだろうが!

「どうやら歓迎してくれてるみたいだけど、屋敷に入る前にここについて色々と教えてあげるわ。どんな過去があるのかとか、出現させる為の方法とかをね。」

「……って、やっぱこの屋敷を出現させたのはお前だったんだな。」

「当然、私も上手くいくかどうか不安だったけど成功して良かったわ。」

……色々と言いたい事はあるがそこは大人としてグッとこらえ、俺はお姫様の話を聞く事に専念する事にした!だって文句を言った所で退路は既に無いからな!

「それじゃあまずはこの屋敷の過去について教えてあげる。って言っても、そこまで詳しい事が分かってる訳じゃないんだけどね。」

「そうなのか?」

「えぇ、この屋敷ってどうやら数百年前の物らしいのよね。」

「す、数百年前?!どうしてそんな昔の建物がここにあるんだよ!」

「さぁ、それは私に聞かれたって困るわよ。そんな事よりこの屋敷なんだけど、実は数百年前にここら辺で暮らしていた大金持ちの物だったらしいわ。」

「大金持ちって……随分と曖昧な表現だな。」

「しょうがないでしょ、調べた資料にはそうとしか書かれてなかったんだから。
それで話を戻すけど、この屋敷には仲の良い夫婦とたった1人の娘さんが沢山の人形に囲まれて暮らしてたらしいの。」

「……なんで沢山の人形が?」

「どうやら父親の方が各地を行きかう大商人だったみたいでね。娘さんの為に人形を集めていたみたいよ。」

「なるほど……じゃあさっきの人形って言うのは、父親がその娘さんに贈った人形だって事か。」

「まぁ、確証は無いけど恐らくそうでしょうね。」

お姫様がチラっと窓の方に目を向けたので俺も一緒になって見てみたが……人形の姿は跡形も無く消えてしまっていた……その事にちょっとホッとした様な、少しだけ恐怖する様な気持ちを抱いていると、お姫様が小さく息を吐いてこっちを見てきた。

「仲の良い親子が人形に囲まれてこの屋敷で暮らしていた事は理解したわね。」

「あ、あぁ…」

「それじゃあ次は、この屋敷にまつわる悲劇を教えてあげる。」

「……悲劇?それってこの屋敷がこんな風になった原因って事か?」

「えぇ、簡単に言えばそういう事ね。先に要点だけ説明すると、この屋敷に住んでた親子は人の手によって殺害されているわ。」

「は、はぁ?!なんだそれ!?一体なにがあったんだ!」

「落ち着きなさい、ちゃんと説明してあげるから。」

真剣な眼差しで見つめられながらそう言われた俺は取り乱しかけた心を落ち着けて深く息を吐くと、話しの続きを聞く為のお姫様の事をジッと見た。

「……まずご両親の方なんだけど、この2人は屋敷に置いてあった人形を盗みに来た強盗に殺害されたみたいね。なんでも父親が娘の為に集めていた人形の中には何百万もの値段のする人形もあったみたいだからね。それが狙われたんでしょう。」

「そうだったのか……」

「強盗は父親に反撃されて命を落としたらしいけど、娘さんは見つからない様に身を隠していたから無事だったらしいわ。だけどその時ご両親が殺害される所を目撃していたらしくて、そのショックで屋敷の外に一歩も出なくなったみたい。」

淡々と語られる衝撃的な話を聞きながら複雑な心境になっていると、突然お姫様がこっちに歩いて来て人差し指で胸をトントンと強く突いて来た!

「い、いててて!何すんだよ!?」

「そうやって感傷的になったり同情したりしてると、そこを付け込まれる事になるんだから気をつけなさい。」

「……分かった。俺が今更どうこう考えたって仕方がないって事だよな。」

「そういう事よ。それじゃあ話の続きなんだけど、ご両親を亡くした娘さんは莫大な遺産を手に入れて屋敷から一歩も出ずに過ごしていたらしいんだけど……」

「……だけど?」

「んー……こっから先はかなりぶっ飛んだ話になるから心して聞きなさいよ。」

「わ、分かった……それで娘さんはどうなったんだ?まさかまた強盗が来て殺されたとかって話じゃないだろうな?」

「いや、そうじゃないんだけど……娘さん、色々とヤバい事に手を出し始めたみたいなのよ。」

「ヤ、ヤバい事?……え、嫌な予感しかしなんですけど。」

「その予感はまちがってないわよ。調べた資料によると、娘さんは遺産を使って沢山の人形を集めまくっていたみたいね。ただそれだけじゃ飽き足らず、最終的には人の事を人形にしようと………まぁ、後は察しなさい」

「うわぁ……それじゃあもしかして、娘さんが殺されたのって……」

「まぁ、その事を知った近隣の人達に屋敷ごと焼き払われたらしいわ。それで屋敷の焼け跡からは、人の骨がゴロゴロと……」

「もういい!分かった!……ついでにこっちを見ていた人形の正体もな。」

「えぇ、間違いないでしょうね。」

あぁマジかよ……あの人形達って恐らく娘さんに殺された人たちの怨念だろ?
どういう思考回路をしたら人を人形に変えようって思うんだよ…………

……カナシイ……サビシイ………

……ダレモ……イナイ………

……ズット……ヒトリ………カナシイ……

「うおおおおっ!?!?!」

「あら、どうやら早く来いって催促されてるみたいね。それじゃあ簡単に屋敷を出現させる条件を教えてあげるわね。」

えっ、なんでこのお姫様はこの声を聞いても平然としてられるんだよ!?どう考えたってヤバいって分かるだろうが!?……なんて考えている俺の前に指を三本立てたお姫様はニコっと微笑みながらこっちを見てきた。

「屋敷を出現させる条件は3つ!1つ目は満月である事!2つ目は女性がいる事!
3つ目は何でも良いから人形を持っている事!以上!それじゃあ屋敷に!」

「ちょ、ちょっと待ってくれ!心の準備をする時間が欲しいから、その条件について詳しく話してくれ!」

「はぁ、分かったわよ。話してあげるからその間に急いで心の準備をしなさいよ。
まず1つ目の条件が満月である事ってのは、屋敷が焼き払われた日に満月が浮かんでいたから。そして2つ目の条件に関しては、娘さんが人形にする為に殺害していたのが女の人ばかりだったから。それで3つ目の人形についてはさっきまでの話を聞いてたら分かるでしょ!それじゃあ条件も話し終えたし早速行くわよ!」

「いや、ちょっと待って!お願い!さっきの話を聞いてからだからまだ覚悟がっ!
あ、あ、あああああああああああ!!!!!!」

不気味な声を聞いて何故だかテンションが上がったお姫様に強引に手首を掴まれた俺は、可愛い女の子と接触しているというドキドキよりも恐怖心が勝って涙目になりながら屋敷の中に引きずり込まれて行くのだった!!ってかマジで助けてくれぇ!!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く