おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第172話

「それじゃあセバス・チャン、私が着替えてる間にこの後の予定をコイツに説明しておいてね。」

「はい、かしこまりました。」

セバスさんの返事を聞いてから荷台に乗り込んでいくお姫様の後姿を見送った後、俺は馬車に背を向けて嫌々ながらこの後の事を訪ねてみる事にした。

「それでセバスさん、この後の予定ってのは何なんですか?まぁ大方の予想はついてるんですけどね……」

「おや、それでしたら前置きは無しで話し致しましょう。この後、私達は例の屋敷が出現する森に向かう事になっております。」

ニッコリと微笑んだセバスさんがそう答えた直後、俺はがっくしと肩を落とした…はぁ、お化け屋敷すら怖くて入れないのに本物のお化け屋敷に行くとか………マジで帰りてぇんだが……………って、ちょっと待てよ?

「あの……森に向かうのは百歩譲って良しとしても、その後はどうするんですか?
まさか夜が明けるまで屋敷が出現するのを待つわけじゃないですよね?」

「勿論でございます。流石にその時間帯まで外出していますと、ミアお嬢様の不在が城の者達にバレてしまう可能性がございますからね。」

「ですよね……それじゃあ……」

「はい、2時半を過ぎましたら城に帰る事に致しましょう。」

セバスさんの言葉を聞いて急いで懐中時計を取り出した俺は今の時刻を確認した!
……よしっ、森に到着してから城に戻る時間になるまでを考えるとざっと20分弱!それぐらいなら流石に……って、これ以上はヤバい気がするから止めておこう……

「2人共、準備が整ったわよ。」

背後から聞こえてきた声に反射的に振り返ってみると……髪型をローポニテにして動きやすそうな格好に着替えたお姫様が立っていた……って、ヤバい!黒髪ロングの美少女のポニーテールとかドストライク過ぎてお姫様が超絶に可愛く見える!これで性格も美人だったら完全無欠なのになんて残念

「って痛い!!な、なんで蹴るんだよ!」

「なんか今のアンタにイラっとしたのよ!」

ぐっ!もしかして考えが読まれたのか?!でもだからって、人様の尻を思いっきり蹴るんじゃないよ!……って直接言えない俺は完全なるヘタレですね!情けない!

「ミアお嬢様、残り時間もあまりありませんので落ち着いて下さいませ。」

「あっ、そう言えばそうだったわね。まったく、アンタの相手をしてたせいで時間を無駄に使っちゃったじゃない!」

「お、俺のせいなのか?!」

「当たり前でしょ!それよりも急いで馬車に乗り込みなさい!早くしないと2時半になっちゃうじゃない!」

「えぇ……」

あまりに理不尽な言いがかりに反論でもしようかなんて考えている間に、お姫様は颯爽と荷台に乗り込んで行ってしまった………

「それでは九条殿、私達は運転席に向かうと致しましょうか。」

「あ、はい。」

まぁ、文句を言うのは帰りの馬車の中で良いか………そう考えて運転席に移動して行った俺は、手綱を握るセバスさんの隣に座って大きくため息を吐いた。

……いや、流石に何も起きるはずがないよな?だって今日までの間に森の奥に屋敷が出現したなんて話を聞いた覚えが無いし、それにそもそも出現する条件も分かってないもんな………だから大丈夫なはず……なんだが……どうしてお姫様はこんなにもやる気に満ち溢れてるんだ?………ま、まさか……なぁ?

何だか嫌な予感を感じながら振り返って荷台の方を見てみると……お姫様が何かを手に持って真剣な表情を浮かべていた……あれは……人形?なんでそんな物を……

「これで上手くいけば……」

小さな声でそう呟いたお姫様はその人形をそっと隣に置くと、俺の視線に気づいたのかこっちを見てきた。

「なによ?」

「いや、なんで人形を持ってるのかと思って……」

「あぁ、これの事ね。」

お姫様は隣の置いた人形を掴み上げると、急に俺の方にポーンと投げ渡してきた。それを受け取った俺は不思議に思いながらお姫様に目を向けると……何故かニヤッとした表情を浮かべていた。

「それを森に向かうまでの間、大事に持ってなさい。必要になると思うからね。」

「ひ、必要?一体どうして……」

「それは後で分かるわよ。」

得意げな顔でそう告げたお姫様は目を閉じてそのまま黙ってしまった……その後、俺は人形を膝の上に置いたままの状態で森に向かうのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く