話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第170話

「……ちょ……なさ…」

「……………んぁ?」

なんだ……?耳元で声が……って、夢の中で起こされたのかよ俺は……はぁ、まだ眠いんだから……ほっといてくれよ………

「……やく……なさい…」

うっるせぇな……夢の癖に俺を起こすんじゃねぇよ……明日も朝が早いんだから…まだ寝かせといてくれよな…………はぁ………無視して寝るか……………

「……だーかーらー……早く起きなさいって言ってんでしょうが!!」

「うっひゃおぅ?!」

突然耳の奥に響いて来たバカでかい声に驚いてベッドから起き上がった俺は、痛む耳を押さえながら声が聞こえてきた方に目を向けた………って、はぁああぁあ?!!

「な、ど、どうしてここにお前が!?」

「うっさいわね、そんなに大声出さなくても聞こえてるわよ。」

月明かりに照らされたお姫様は、呆れた表情を浮かべながら俺の事を見てきた……って、ちょっと待てよ!?マジでどうしてここにお姫様が居るんだよ!?俺の記憶が確かなら、部屋の鍵はしっかり掛けて寝たはずなんだが?!

「さて、起きたんならさっさと服を着替えなさい。」

「い、いや!いきなり来て何を言ってんだよ?!ってか、どうして部屋の中にお前が居るのかまだ聞いて無いんだが!?」

「だからうっさいって言ってるでしょ。今何時だと思ってるのよ。」

「な、何時って……おい!夜中の1時じゃねぇか!」

「そうよ。だから今すぐ静かにして早く服を着替えなさい。」

「き、着替えろって……は、な、なんで?!」

「事情は後で説明するから急ぎなさい。早くしないと外に出れなくなるでしょ。」

「は、はぁ?!外にって何を言ってるんだよ!?こんな時間に出掛けられる訳がねぇだろうが!行くなら勝手に行ってくれ!俺は今日はもう寝たいんだよ!」

俺はベッドに倒れこむと掛け布団を頭から被ってキッパリと断ってやった!
ふんっ!どうせ明日には奉仕義務も終わるんだから、今更お姫様の我儘に付き合ってやる義務がある訳が無いだろうが!ざまぁみさらせ!

「……ふーん、そういう態度を取るんだ。まぁ、それならそれで私にも考えがあるんだけどね。」

考え?どうせ国王陛下に言いつけて奉仕義務を延長するとかそういう事だろ!
やれるもんならやってみるがいいさ!だがどうやって理由付けをするんだ?まさか、夜中に外出をしようと誘ったら断られたとでも言うのか!そんな事を言えば困る事になるのはお姫様の方だと思うけどな!あーっはっはっは!さぁ、とっとと寝よう!

そう決意して目を閉じて寝ようとした瞬間………すぐ近くから布の擦れる様な音が聞こえてきた………い、いやいや気にするな!俺は寝ると決めたんだからっ?!ってちょっと待て!いきなりベッドが軋んだんだが?!な、なんだ?何が起きてるんだ!

「………九条さん。」

至近距離から聞こえてきたお姫様の声にドキッと……って、騙されるな俺!これは俺を陥れる為の罠だ!いま顔を出せば、確実に引き返せなくなる!だから!

「お願いです九条さん……顔を出してくれませんか?じゃないと…私……」

ぐっ!欲望に負けるんじゃない九条透!いくらお姫様の声が艶やかだからってその恰好までそうだとは限らないじゃないか!だからこのまま寝るぞ!さぁ、寝るんだ!

そう自分に言い聞かせて見たいという欲求を押し殺しながら強く目を閉じてると、さらにベッドが軋んでお姫様が近づいてきた気配がした!ヤバい!何故だか知らないが胸がドキドキしてきた!一体何をするつもりなんだ!!くぅー!!

「……九条さんに襲われたと言って警備に助けを求めますよ。」

「……えっ?」

い、今、このお姫様は何て言ったんだ?………えっと、九条さんに……襲われ……たと言って………け、警備兵に助けを求めるだぁ?!!

「ちょっと待て!何をしようとしてんだ!?」

慌てて掛け布団をどけてベッドの横に目を向けると、そこには冷たい笑みを浮かべながら肩からドレスをはだけさせているお姫様の姿があった!?

「この状態で部屋から飛び出て警備兵に助けを求めたら……どうなるでしょうね。」

「ぐっ!それはいくら何でも汚いだろ!ってか、そうなったら俺だって!」

「言い訳しますか?私に嵌められたって。でも私の言葉と九条さんの言葉、警備兵は一体どちらの言葉を信じるでしょうね。」

「そ、それは!」

「さぁ、どうぞお選び下さい。私に嵌められたと訴えて無実を勝ち取るのか、急いで出掛ける準備を整えるか。私はどちらでも構いませんよ。」

「……ふっ、そんなんで俺を追い詰めたつもりか?」

「……なんですって?」

ドレスをはだけさせながら訝し気な視線を送ってきたお姫様から目を離してベッドから出た俺は、大きく息を吐いてお姫様と向かって静かに目を閉じた。

「ふぅ………俺が取るべき選択肢、そんなのどっちか決まってるだろうが!」

俺は叫びながらカッと目を見開いてお姫様を睨みつけた後、バッと駆け出した!
そう、俺が取るべき選択肢はただひとつ!それは!!

「すみません!急いで着替えるので3分だけ時間を下さい!!それとお願いですから後ろを向いていて下さい!見られてると恥ずかしいんで!!」

急いで着替えて出掛ける準備をするという選択肢だ!………だってどう考えたって俺の言葉が警備兵に聞き入れられる訳が無いじゃないですか!相手は大陸中の人達に愛されているお姫様なんだから!モブのおっさんが勝てる相手じゃないんだよ!

……こうして急いで身支度を整えた俺は、冷めた目つきで俺を見るお姫様と一緒に部屋の外に出て行くのだった……ってか、これまで言いなりだった俺が逆らえる訳が無いだろうが!寝起きと深夜テンションって怖いね!これからは気をつけよう!!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く