話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第165話

「さて、時間がもったいないから早速本題に入らせてもらうわよ。」

「わ、分かった……」

城門を通って街道に出てからしばらくして、外見だけは完璧に猫を被ってるお姫様に戸惑いながら俺は話を聞く体勢になった……まぁ、違和感は凄いけど外から丸見えの状況だとしょうがないか。

「アンタをここに呼んだ理由は1つ。学園での過ごし方について幾つか警告しておく事があったからよ。」

「…警告?」

聞こえてきた言葉に思わず眉をひそめていると、お姫様は小さく頷いて人差し指を外から見えない位置で立てた。

「まず1つ目の警告。アンタが私に奉仕する事になった経緯はどんな事情があろうと誰かに喋る事は許されない……分かった?」

「あ、あぁ……俺も最初から言うつもりは無かったけど……でも、どうしてだ?」

「そんなの決まってるでしょ。握手を拒んで私に仕えられる事が世間に知られたら、それを実行しようとする奴が必ず現れるからよ。」

「……まぁ、その可能性は高いか。」

「いえ、可能性とかって話じゃなくて必ず起きるわ。だって私、皆から愛されているお姫様なんだから。」

うわぁ、物凄い自信満々に言い切ったよこのお姫様!?……でもまぁ、あの時見た民衆の熱狂ぶりを思い出したらその警戒心も理解出来るか……

「…分かった。俺が奉仕義務を課せられた経緯は絶対誰にも話さないし、学園内では口にも出さない。」

「えぇ、そうしなさい。それじゃあ2つ目の警告だけど、学園内ではこれまで以上に周囲の目を気にして行動しなさい。アンタの行動1つ1つが私の評判に直結する事になってるんだからね。もしも私の評判を落とす様な事があれば……ね?」

「お、おぅ!周囲の目には気をつけて行動する!」

「よろしい。じゃあ最後の警告……って言うか、これは命令ね。アンタ、休憩時間が始まったらすぐに私の所に駆け付けなさい。」

「え、駆け付けるって……セバスさんも一緒にか?」

「いいえ、アンタだけよ。セバス・チャンにはゆっくり休んでいてもらうわ。」

「えぇ……」

「なによ、文句でもあるの?」

「いや、そういう訳じゃないけど……」

「だったら言う事を聞きなさい。セバス・チャンはただでさえ多忙なのに、アンタの世話のせいで更に忙しくなってるんだから。」

「うっ、それを言われると……申し訳ないとしか……」

「そう思うんだったら、アンタがセバス・チャンの分も動きなさい。」

「りょ、了解しました……」

確かにお姫様の言う通り、セバスさんには色々と迷惑を掛けてるだろうからな……しゃあない、今日は恩返しするとしますかね……まぁ騙されたりしたせいで、心から頑張ろうって言う気にはなれないけどさ……なんて思っていると、急にセバスさんが運転席の方から馬車の窓をコンコンと叩いて来た。

「あれ、どうしたんだろ?」

「ちょっとアンタ、そこを開けて何があったのか聞いてみなさい。」

お姫様にそう指示された俺は小さく頷いた後に、運転席側にある小さな窓を開いてセバスさんに声をかけた。

「あのセバスさん、どうかしましたか?」

「いえ、そろそろ例の森が見えてきますので九条殿にはお知らせしておこうかと。」

「例の森って……まさか、昨日の報告に出て来た?」

「はい。進行方向の左側に見えますので、是非ご覧になってみて下さい。」

「わ、分かりました……それじゃあ、失礼します。」

ぶっちゃけ余計なお世話です!なんて事を心の中で思いながらセバスさんにお辞儀をして窓を閉めた俺は、席に戻って言われた通りの方向をジッと見つめていた……

すると視界の先に、陽の光が全く届いていない真っ暗な森が姿を現した……ってかなんだよあの森は?!ホラーゲームに出て来るタイプの森じゃねぇか!絶対に幽霊系のモンスターが潜んでいるだろマジで怖すぎなんですけど!?

「あら九条さん、体が震えている様ですけど大丈夫ですか?」

「だ、大丈夫ですよ!……って、なんでその喋り方?」

「いえいえ、気になさらないで下さい……あれ、今そこに人影の様な物が…」

「うぇ?!そ、そんなのがどこに?!えっ!?」

「ふふっ、どうやら見間違いの様でした。すみません。」

……ヤバい、幽霊以上に厄介な相手に苦手な物がバレた可能性が!?
い、いやまだだ!まだそうと決まった訳じゃない!よ、よぉし!ここは大人としての余裕って物を見せてやろうじゃないか!

「ま、まったく!そんな見間違いをするなんて、ミアお嬢様って怖がりなんじゃないですかね!」

「さぁ、それはどうでしょうか。」

「お、俺はそういうの怖くないですからね!だからもし何かあったら頼ってくれても全然良いですよ!はっはっは!」

「……それは本当ですね?」

「はっは……は?」

「本当に……何かあったら頼っても良いんですよね?」

「は、はは……え、えぇまぁ……」

……え?なに?何なのこの空気?どうしてお姫様は森を見つめて黙ったの?
あれ、もしかして俺、何か取り返しのつかない事を言ってしまったのか?え?

「……それでは九条さん、何かあった時は必ず頼らせて貰いますね。」

「……へ?」

「ふふっ、ふふふっ……」

俺は王都の南東に位置する王立学園に向かう為に右折した馬車の中で、遠ざかる森と不気味に微笑むお姫様の姿に若干の恐怖を感じるのだった……

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く