話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第164話

翌日、昨日と同じ時間に執務室にやって来た俺は椅子に座って優雅にティーカップを口に付けていたセバスさんと朝の挨拶を交わしていた。

「セバスさん、おはようございます。」

「はい。おはようございます、九条殿。昨日の疲れは取れていますでしょうか?」

「えぇ、問題なく。」

「ほっほっほ、それならば良かったです。本日も何かと忙しくなると思いますので、九条殿には頑張って頂かないといけませんから。」

「は、はは…ですよね……」

はぁ…昨日よりは忙しくは無いって話だったけど、あのお姫様の事だから油断してると絶対に後悔する事になるだろうな……って、そうだ!忘れる前に予定表を返しておかないとな。

「セバスさん、手帳に書き写し終わったんで予定表をお返ししますね。」

「……はい、確かにお返し頂きました。」

俺が手帳の間から取り出した予定表を受け取ったセバスさんは、ゆっくりとそれを開いて中身を確認すると、小さく頷いて机の引き出しにそっとしまった。

「それでは九条殿、予定表を見て何か聞きたい事があればお答えいたしますよ。」

「そうですか?それじゃあ初めに聞いておきたいんですけど、学園って王立学園の事であってますよね?」

「はい、その通りでございます。」

「ですよね……あの、そんな所に俺みたいな奴が入れるんですか?一昨日ここに来たばかりですから、入る為の手続きとかって何もしてないんですけど……」

「ほっほっほ、その点については心配する必要はございませんよ。」

セバスさんは微笑みながら手帳が入っている方の胸ポケットに手を入れると、そこから金色の紋章がデカデカと描かれてる白いカードを取り出して俺の前に置いた。

「こちらは王立学園に入る為の許可証になります。」

「えっ、許可証ですか?そんな物を既に用意してるなんて……」

「あぁいえ、この許可証は事前に学園の方から何枚か用意されている物なのです。
学園に通う生徒さんの中には、私達の様な者と従えている方もいますから。」

「あぁ、なるほど……」

「そう言う訳ですので、九条殿にはこちらの許可証をお持ちいただく事になります。それとご理解しているとは思いますが、許可証を紛失てしまえば問題となりますのでご注意ください。」

「はい、気を付けます。」

まぁ、この許可証さえあれば誰でも学園に入れる可能性があるって事だからな……とりあえずこれは手帳の間に挟んでおいて、何かあればその度に無くしてないか確認しておくか……無くして怒られるなんてのは絶対に避けたいからな!

俺は机の上に置かれたカードを手に取り何気なく表裏を確認した後、手帳を最初に開いた所にカードを挟み込んで胸ポケットに仕舞い込んだ。

「さて九条殿、他に何か質問はございますか?」

「他に……あぁそう言えば、ミアお嬢様が授業を受けている間は俺達って何をしてるんですか?やっぱり予定表に書かれていた通りに待機をしてるんですか?」

「はい。私達は学園内を自由に動き回れる訳ではございませんので、ミアお嬢様からの指示があるまではすぐ近くの部屋で待機となります。」

「……それはそれで大変そうですね。」

「ほっほっほ。部屋の中には多種多様な本もありますし、私達以外の使用人の方達もいらっしゃいますから退屈はしないと思いますよ。」

「そ、そうですか……」

うーん、それはそれで面倒そうな空間だよな……だって強制的に奉仕させられてるって事が知られたら、変にキャラの濃い奴とか絡んできそうだし……よし、決めた!ここは学生時代の特技、本を読んでますから話しかけないで下さいを発動しよう!

「九条殿、他に何か聞きたい事はございますか?」

「あっ、えっと……いや、大丈夫です。他に聞きたい事はありません。」

「かしこまりました。それではミアお嬢様が待つ中庭に向かいましょうか。」

「はい、分かりました。」

後ろ向きな決意を固めながら執務室を出た俺とセバスさんは1階へ降りて行くと、デカい門を通って城の外に出て長く広い階段の下に広がる中庭に目を向けた。
するとそこには物凄い高級感が漂う馬車が停車していて、そのすぐ近くには制服姿のお姫様と革製のカバンを持って微笑むメイドさんが立っていた。

「ミアお嬢様、おはようございます。」

「おはようございます、セバス・チャン。九条さんも、おはようございます。」

「お、おはようございます。」

階段を降りてお姫様達の前にやって来てお姫様と挨拶を交わしていた俺は、改めて目の前に居る制服姿のお姫様に釘付けになってしまっていた……

黒を基調とした清楚なロングスカートの制服か……ヤバい、中身はアレだけど外見だけ見たらマジで美少女じゃねぇか!どうしよう、全然目が離せないんですけど!?

「あら、どうかしましたか九条さん。私の制服姿がそんなに珍しいでしょうか?」

「へっ?!あ、いや!失礼しました!」

ぐっ、お姫様やセバスさんだけならまだしもメイドさんにまで笑われてしまった…恥ずかしいやら情けないやらで今すぐ逃げ出したい気持ちでいっぱいなんだが……

「ふふっ。九条さんの面白い反応も見れた事ですし、そろそろ出発しましょうか。」

「かしこまりました。それではミアお嬢様、足元にお気をつけてお乗りください。」

「えぇ、どうもありがとう。」

セバスさんが開いた扉を通って馬車に乗り込んでいったお姫様は、その中から俺の事を何故だか見てきた。

「九条さん、学園に向かうまでの間に少しお話しておきたい事がありますので、馬車に乗ってくれますか?」

「あ、はい……」

俺の返事を聞いたお姫様はセバスさんとメイドさんと目を合わせると、お淑やかに席に座るのだった。

「それでは九条殿、私は馬車の運転がございますので失礼致します。」

「えっ、セバスさんが御者をするんですか?」

「はい。私は執事になる前は御者をしておりまして、今も通学などの際は運転をしているのでございます。」

「そ、そうだったんですか………それじゃあ、運転をお願いします。」

「はい、それでは。」

まさかの過去に少しだけ驚きながらお辞儀をして運転席に向かうセバスさんの後ろ姿を見送った後、俺はメイドさんからお姫様の通学用のカバンを受け取って馬車の中に入ってお姫様と対面する形で席に着いた。

「それでは皆さん、お気を付けて行ってらっしゃいませ。」

深々と丁寧にお辞儀をしてくれたメイドさんに見送られながら、セバスさんの運転する馬車は王立学園に向かって行くのだった……

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く