おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第162話

戦闘開始の合図が聞こえた直後、一瞬にして間合いを詰めて来たお姫様が勢いよく俺の顔面目掛けてブレードを突き刺そうとしてきやがった!?

慌てて首を捻ってそれをかわして上体を反らしながら後ろに下がった俺は、ブレードを強く握り直し武器を持つお姫様の右手を目掛けて下から斬り上げていった!
だがその攻撃はあっさりと避けられてしまい、次に攻撃を仕掛けようとした時にはお姫様は距離を取る様に後ろに下がって余裕たっぷりな感じで微笑んでいた。

「ふふっ、流石九条さんです。反撃されてあっと言う間に負けてしまう所でした。」

「……そう思ってるなら、ちょっとは焦ったりしてくれると嬉しんですが。」

「それはちょっと難しいお願いですね。今のはあくまで小手調べですので、これから本番なんですから……ね?」

小首を傾げたお姫様が武器を構え直してこっちを見てきたんだが……俺を見る視線があまりにも冷たすぎるんですけど!?アレってもう容赦はしませんよって言ってるのと同じ気がするんですが?!

……背筋に嫌な汗を感じながら武器を構え直した俺は、覚悟を決めてお姫様と眼前に捉えた。

「それじゃあ……一瞬で終わらないで下さいね。」

そんな声が耳に届いた瞬間にお姫様の姿が見失ったと思ったら、一瞬にして目の前に姿を現してブレードを振り下ろして来やがった?!

「ぐっ!?」

咄嗟にブレードを上げて攻撃を防ぐ事が出来たが、そっから怒涛の斬撃が凄い勢いで襲い掛かってきた!一瞬も気を抜けないそんな攻撃を必死になって防いでいると、お姫様の表情が段々とギラギラしてきた気がするんでけど!?

「ほらほら!防御ばかりじゃなくて反撃しないと私には勝てませんよ!」

いやそれはもう悪役の台詞だろが!?って、そんな事よりマジでどうする?!
太刀筋の正確さはロイドと同等、速度はソフィと同等のこのチート性能お姫様相手にどうやって反撃しろって言うんだよ!?正直こっちもチート性能持ちだけど、性能が微妙過ぎて役に立たないんだよ!

経験値10倍の効果のおかげで攻撃のパターンは段々読めてきたんだが、力以外のステータスに差がありすぎて反撃の隙が見つからねぇ!まぁ、だったらその勝ってる部分で隙を作れば良いだけの話なんだけどな!!

「さぁ!はやく反撃してきてください!このままだと負けてしまいますよ!」

「そ…れは!どうかなっと!」

「なっ?!」

これまで連続して繰り出されてきた攻撃のパターンで得た経験で右側からの斬撃の後に一瞬だけ間が空いて下から斬り上げる攻撃がある事に気が付いた俺は、その攻撃に合わせて上からブレードを振り下ろしてお姫様の武器に叩きつけた!

「くっ!」

ビリビリと痺れる様な感覚が右手に伝わって来た直後、苦悶の表情を浮かべているお姫様の胸当てに対してお返しとばかりにブレードで斬り上げようとした!

だがその瞬間、またしてもお姫様を見失い胸部に強い衝撃が襲い掛かって来た!
後ろに倒れそうになりながら何が起こったのか確認する為に前を見てみると、お姫様が片足を上げた状態で立ってる姿が目に入って来た!

俺は倒れそうな状態のまま地面を蹴って後ろに飛ぶと、バランスを何とか立て直しながら蹴られた跡が残ってる所をさすり警戒しながらお姫様の事を見た。

「もう、ひどいじゃないですか九条さん。おかげで右手が痺れてしまったじゃないですか。」

「……いや、俺もシャツに靴跡がついちゃったんですけど。」

「あら、それはごめんなさい。ですが替えはありますので安心して下さいね。」

「まぁ、それなら良いんですけど……右手、使えないんですよね?」

「えぇ、その通りです。」

「だったら、もう降参してくれるとありがたいんですけど……」

「うーん、残念ですがその期待には応えられません。何故なら……」

ニッコリと微笑んだお姫様は地面に落ちているブレードを左手で掴み上げると……おいマジかよ……折角の勝機が潰されちゃったんですけども!?

「私、左手でも武器を扱える様に訓練を受けていますからね。」

うわぁ、なんて得意げな顔で俺を見てるのかしらね!これだから優秀なお姫様って嫌なんだよ!そんなのは例のラノベの中だけにしておけよな!まったくよぉ!

「それでは九条さんの戦略も分かった事ですので、反撃するとしましょうか。」

「あ、いやのその!えっと、隊長さん!戦闘時間は後何分残ってますか?!」

「5分程度だ。」

つ、つまりそれだけの時間耐えきれば勝つ事は出来ないが負ける事は無い!
よしっ!それなら引き分け目指して頑張るとするか!負けだけは絶対に許されない!

「ふふっ、どうやら引き分け狙いの様ですが……それは甘い考えですよっ!」

お姫様はギラついた笑みを浮かべて一気に俺との距離を詰めて来ると、さっきよりも激しい攻撃を仕掛けてきた!?って、どんだけ俺を打ち負かしたいんだよ?!
だけど舐めんなよ!こっちだってかなりの経験を得たんだ!負けるつもりは毛頭ないからな!絶対に引き分けまで持ち込んでやる!

そう意気込んでお姫様との戦闘を再開したんだが、攻撃の仕方がこれまでと違って力任せすぎじゃないですかね?!まぁそのおかげで反撃する隙が何度か生まれてきてるんだが、いい加減ブレードを持つ手が痺れてきたんですけど!?

ま、まさかさっき俺がやったのと同じ事をやろうとしてるのか?!冗談じゃない!俺は左手だと武器が扱えないんだからそんな事されたら負け確定じゃねぇか!
こ、こうなったら先にお姫様の左手を痺れさせて両手を使えなくしてやる!

それから何度もブレードをぶつけ合いながら我慢比べをしていると、何かが軋む様な音が耳に聞こえてきた様な気がした……それに嫌な予感を感じた俺だったが、その事に気が付いた直後にお姫様が大きく後ろに飛んで離れていってしまった。

「ふぅ、残り時間も後少しですので……そろそろ勝敗を決めましょうか。」

「い、いや、勝敗が付くかは分かりませんよ?残り時間が少ないって事は、引き分けって可能性もありますからね。」

「ふふっ、残念ですがそれはあり得ません。」

お姫様は微笑みながらブレードを構えて突きをする為の姿勢になると、その表情を一変させて真剣な表情になって俺の事をジッと見てきた。

「だって、私が勝利する為の条件は整いましたから。」

「……それはそれは、是非とも拝見したい物ですね。」

俺は右手で強く握りしめたブレードを左側に移動させて姿勢を低くすると、苦笑いを浮かべながら改めてお姫様と対峙した……その次の瞬間、お姫様が瞬く間に俺との間合いを詰めて突きを繰り出してきた!それを防ぐ為にブレードを斬り上げてっ?!

「うぇえ?!」

俺とブレードがお姫様のブレードの突きを防いだ瞬間、俺が持っていたブレードがバキっと折れてしまったんですけど!?………その結果、どうなったかと言うと……

「……九条さん、これで私の勝ちですよね?」

「……はい……参りました……」

ニッコリと微笑んでるお姫様に、ブレードを首元に寸止めされているという状態になっているのだった………

「勝者!ミアお嬢様!」

隊長さんが手を挙げて大声で勝者の名前を告げた直後、訓練所に警備兵達の歓声が響き渡った……それを聞いたお姫様は俺の首元からブレードを離すと、満足げに右手を差し出してきた。

「九条さん、模擬戦闘にお付き合い頂きありがとうございました。」

「あぁいえ、こちらこそ…」

俺はブレードを左手に持ち替えると、模擬戦闘が終わった事に安堵しながらお姫様と握手を交わすのだった。

「……そう言えば俺と模擬戦闘をする事にした理由って結局何だったんですか?納得したら教えるって話でしたが……負けたからダメですかね?」

「いえ、そんな事はありませんよ。今回の模擬戦闘は納得出来る物でした」

「それじゃああの、理由を教えて貰っても良いですか?」

「うーん……すみません、今は教える事が出来ません。」

「え?」

「時期と準備が整い次第お教えしますので、それまで待っていてください。
それでは私は訓練が残っていますので、失礼させて頂きますね。」

「あ、あの……約束が……」

こんだけ頑張ったのに教えられないまま終わるのかよ………それじゃあ一体、俺は何の為にこんだけ必死になって戦ったんだ?

……がっくりと肩を落としてセバスさんの所に向かった俺は、警備兵達が訓練後に使っている浴場で汗を流して汚れた執事服を着替えて訓練所に戻るのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く