話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第163話

午後7時過ぎ頃、全ての予定を無事に終えた俺とセバスさんはお姫様を私室に送り届けた後に執務室へとやって来ていた。そして部屋の奥で椅子に座るセバスさんと机を挟んで対面した俺は、ため息交じりにお辞儀をするのだった。

「セバスさん、本日はお疲れ様でした。」

「ほっほっほ、九条殿もお疲れ様でした。流石に疲れたのではございませんか?」

「えぇ、恐らくベッドに倒れ込んだらそのまま眠ってしまうでしょうね……」

「おや、それは大変でございます。それならば、先にこちらをお渡ししましょう。」

穏やかに微笑んだセバスさんは、机の引き出しから今朝見たのと同じ様な白い紙を取り出して俺の前に置いてきた。

「これは……明日の予定表ですか?」

「その通りでございます。お部屋に戻った後で構いませんので、そこに書かれている予定をしっかりと手帳に書き込んでおいて下さい。」

「…分かりました。」

俺は机に上に置かれて白い紙を手に取ると、上着のポケットに仕舞い込んで改めて満足そうに小さく頷いてるセバスさんに目を向けた。

「それでは次に、明日の予定について簡単にご説明させて頂きますね。」

「お、お願いします……」

「先ほどお渡しした予定表にも書かれているのですが、明日からの予定は本日の予定とはガラッと変わる事になります。」

「……え、そうなんですか?」

「はい。本日の予定は学園がお休みの日に行われる時の物ですので、明日からの予定は学園生活を過ごす時の物になっております。」

「え?が、学園生活ですか?……あっ、もしかして勉学の予定中にミアお嬢様が課題をやってたのってその為なんですか?」

「はい。本来ならば昨日には終わらせている予定だったのですが、九条殿がこの城にいらっしゃった影響であの時間で終わらせることになったのでございます。」

サラッと告げられた事実を聞いてグサッと胸を抉られた俺は、罪悪感に襲われながらセバスさんに深々と頭を下げるのだった……

「そ、それはその……とんだご迷惑をおかけしました……」

「ほっほっほ、頭をお上げください九条殿。課題も無事に終わりましたので、問題はないと思いますよ。」

「そ、それなら良いんですけど……」

確かに昨日は俺のせいで色々ゴタゴタしてたからな………ってか、それならそうとお姫様も言ってくれればいいのにさ……いや、これは流石に大人としてダメな言い訳だなぁ……明日お姫様に会ったら、しっかり謝罪するしかないよな。

「まぁそういう訳ですので、明日は本日よりも忙しくなる事は無いと思います。」

「そうですか……」

「ですが、明日は本日以上に立ち振る舞いや礼儀などを強く意識して下さいね。私達の行動1つ1つが、ミアお嬢様の姿となって映し出されますから。」

「わ、分かりました。」

なるほどね……礼儀のなってない執事を従えてる主人は、その程度の人間なんだと思われるって事か。こりゃあ、メチャクチャ責任重大だな………ん?そう考えると、強制的にやらされた礼儀作法の練習とかってその時の為だったのか?

……いや、それは流石に考えすぎだな。だって俺が怒られてる時のお姫様の表情は物凄く楽しそうだったからな!あれは確実にただの嫌がらせだ!うん!間違いない!

これまでのお姫様の姿を思い出してそう納得していると、微笑んでいたセバスさんが壁に掛けられていた時計をチラッと見た後に俺に視線を向けてきた。

「さて、他に何か聞きたい事が無ければそろそろ解散すると致しましょうか。」

「あっ、それじゃあ明日の朝の集合時間と集合場所。それと受け取った予定表はどうすれば良いか教えて貰えますか?」

「かしこまりました。明日の朝は今日と同じ時間にこの部屋に足を運んでください。それと予定表ですが、忘れずに明日の朝お返しください。紛失したり他者に渡したりする事の無い様にお願い致します。」

「分かりました。今日と同じ時間にここに集合、予定表は忘れずに持ってきます。」

「はい、よろしくお願い致します。それでは九条殿、本日はお疲れ様でした。
また明日お会いしましょう。」

「はい。それでは失礼致します。」

セバスさんに深々と頭を下げて執務室の外に出た俺は、周囲に誰も居ない事を確認した後に廊下を歩きながら思いっきり両手を上げて背伸びをした。

「ふぅ………やっと終わったぁ………」

あーマジで疲れた……まさか今日だけでこんなに体力を持ってかれるとは考えてもなかったな……まぁ、明日の予定は今日より楽だって話だから何とかなりそうかな。
それにしてもお姫様って人使い荒いのねぇ……学園ではどんな感じで過ごしてんだ?

やっぱり猫を被ってるのか……それとも親しい相手、つまりは主人公みたいな奴の前では素の自分で接したりしてんのか?あーだとしたら非常に楽しみ……ではあるんだが、ぶっちゃけ学園には行きたくないと思っている俺もいる訳で……

だってそんな若くてキラキラして希望にあふれた青春真っ盛りの連中が集まってる学園に行くなんて俺にとっては地獄でしか無いからな!何が悲しくてまたそんな所に行かなくちゃいけないんだよ!?でもなぁ……行かないと主人公とお姫様のラブコメなんて見れる訳ないし……って、悩んだ所で行くしかないんだけどさ。

「……しゃあない、覚悟を決めるとしますかね。」

とりあえず今後もモチベーションを保つために、明日はお姫様のラブコメシーンを拝む事を念頭に置いて頑張っていくとしますか!

……そんなバカみたいな事を考えて借りている客間に戻って来た俺は、メイドさんが運んできてくれた夕飯を食べてシャワーを浴びて汗を流して部屋着に着替えると、預かった予定表を見ながら手帳に明日の予定を書き写していった。

「……うーん、こうしてみると明日は待機時間の方が長いんだな。」

予定表をみる限り、お姫様が授業をしている間は俺達がやる事は無いらしい。
だとしたら、今日より忙しくないって事は信じてもよさそうだ……

「でもセバスさんの事、ぶっちゃけ心の底から信用出来ないからなぁ……」

意外となにか企んでるタイプだからなぁ……お姫様第一って人だからしょうがないとは思うんだけど、巻き込まれる方はたまったもんじゃないっての……って、あれ?

「学園って王立学園の事だよな……そんな場所に、俺みたいな人間が入れるのか?」

まぁ、セバスさんの事だから何かしらの手配はしてくれてるんだろうけど……
そこでゴタゴタして不審者として捕まる……みたいな展開は避けたいな……だって、そんな所をお姫様に見られたら確実にバカにされるからな。

「……あ、そう言えば俺の手紙ってあいつらにもう届いたのかな?」

うーん、でも昨日の今日だからまだ届いてないか。そうだとしたら、明日か明後日には届くだろうから……返信が来るのは3,4日後って所か?

「うーん、でも返信してくるのか?…いや、流石にしてくれるって信じとこう。」

って、さっきから独り言が多いな俺は……やっぱり周囲に誰も居ないって思うと、独り言って増えるもんなんだなぁ。

そんな事を改めて実感しながら予定を書き写し終えた俺は、手帳に予定表を挟んで机の上に放り投げた。そして目覚まし時計をセットしてから部屋の明かりを消すと、ベッドに寝転がって多少の不安と若干の期待を抱きながら眠りにつくのだった……

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く