話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第160話

「そういえば九条殿、先ほどの接見の時に気になる報告がありましたね。」

執務室で昼食を食べて紅茶を飲みながら午後の一時を過ごしていると、セバスさんが神妙な表情で急にそんな事を俺に言ってきた………はぁ、美味い料理を食べて折角忘れかけていたのにどうして思い出させるような事を言ってくるんだよ!……はぁ、どうせしらばっくれても話は先に進むんだから合わせるとするかね。

「……もしかして、一番最後に報告された?」

「はい、少女のすすり泣く声と森の奥に出現した黒い屋敷の事でございます。
九条殿は気になりませんか?」

「いやまぁ、気になるといえばそうなんですけど……」

ぶっちゃけ怖いから話題にしたくは無いないです!……なんて想いが伝わるはずもなく、セバスさんは満足そうに頷いて俺の事を見てきた。

「それならば、ミアお嬢様を迎えに行くまでの間で少々考察をしてみましょう。」

「こ、考察ですか?」

「はい。報告に会った現象に遭遇するにはどの様な条件が必要なのか……時間を潰すには丁度良い話題だとは思いませんか?」

「そ、そうですね……」

全然そんな事は思いませんね!って言えるような勇気が無かった俺は、愛想笑いを浮かべながら頷く事しか出来なかった……あーそんな条件が分かったって俺には全然得になりません!むしろ損ですよ!夜明かりを点けないと眠れなくなるりますから!

「ではまず、少女のすすり泣く声が聞こえる様になる条件を考えてみましょうか。」

「わ、分かりました……」

「それでは最初に場所から考えてみましょうか。」

「場所って言うと確か……王都を出てすぐの、街道でしたっけ?」

「はい、それと近くに大きな森の広がっている場所でございます。」

「……それって、王都の北東方面にある森の事ですかね?」

「私も同じ考えでございます。そうだとしたら、少女のすすり泣く声が聞こえてきたのは王都の東門から出発してしばらく進んだ先だと考えられますね。」

「………まぁ、俺もそう思います。」

「ほっほっほ。それでは次に、少女のすすり泣く声が聞こえてきた時間を考えてみましょうか。」

「時間って言うと……夜ですよね?」

「はい。そして月明かりが出ていたとなれば、かなり遅い時間だと考えられます。」

「だ、だとしたら……深夜とかそこら辺ですかね?」

「恐らくはそうでしょう。他には月の満ち欠けなども関係ありそうですが、あの報告ではそこまで分かりませんでしたね。」

「え、えぇ……」

「それでは少女のすすり泣く声に関してはこの辺りで終わりと致しましょう。
次に森の奥に出現したという黒い屋敷の事について考えてみましょうか。」

「……はい。」

「黒い屋敷が出現する条件で考えられるのは何だと思いますか?」

「えっと……やっぱり、少女のすすり泣く声が出現条件なんじゃないですか?
報告された内容によると、少女の声の後に屋敷が出現したって事でしたから……」

「確かにそうでしたね。その他に屋敷が出現する条件は……森の奥に出現するという事だけですね。」

「じゃ、じゃあ黒い屋敷に関してはここまでという事で……」

「そうでございますね。他に残っている事と言えば……あぁ、消えてしまった護衛の方がどうなったのかですね。」

「いや、それに関しては情報が無さすぎて考察もなにも無いんじゃ?」

「そんな事はございません。屋敷に入って消えてしまったという所から考えられる事もございます。」

「え、そうなんですか?」

「はい。例えば屋敷の中で生きたまま捕らわれてしまった可能性や、存在を消されて屋敷の一部となってしまったという事が考えられますね。」

「……恐ろしい事をサラッと言いますね。」

「ほっほっほ。所詮は素人の考えた事ですから、真実かどうか分かりませんので。」

「まぁ、そりゃそうなんですが……」

「いずれ真実がわかるその日まで、こうして考えを巡らせるだけでございますね。」

セバスさんはそう言って満足そうに目を閉じて頷いた後、執務室の壁に掛けられている時計に目を向けて今の時間を確認した。

「おや、そろそろミアお嬢様を迎えに行く時間になりますね。」

「あっ、確かに。」

「それでは余裕を持ってそろそろ行くとしましょうか。遅刻してしまっては、九条殿に迷惑になりますからね。」

「いや、迷惑って事は無いんですけど……遅刻は絶対にマズイと思います。」

「そうですね。では早速、参りましょうか。」

「はい。」

俺とセバスさんは使い終わった食器を持って執務室を出ると、近くにあった小さなテーブルの上に食器を置いてお姫様が待つ食堂に向かうのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く