話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第156話

厨房から陶器製の白いティーポットとカップの乗ったトレーを受け取って全速力で戻って来た俺は、息を切らせながら自習室の中に入っていった………

「ゼェ……ハァ……た、ただいま戻りました……」

「セバス・チャン、時間は?」

「9分43秒となっております。」

「ふーん、何とか間に合ったみたいね。それじゃあセバス・チャン、ハーブティーの用意をよろしくね。」

「かしこまりました。それでは九条殿、トレーをお受け取り致しますね。」

「ハァ……は、はい……よ、よろしくお願いします……」

ほんの少し力を抜いたら一気に落としてしまいそうなトレーをセバスさんに手渡した俺は、膝から崩れ落ちる様に床に手をついた………そしてそんな俺の目の前では、
椅子に座って優雅にくつろぐお姫様と執事の姿って、そんな事より……

「マ、マジで疲れた……」

魔法を使わずに全速力で走るのなんて、初めてモンスターに襲われて以来だぞ……
あの時もそうだったが、今回もマジでしんどかったな……まぁ、一応時間内に持ってくる事が出来たから良かったけどさ。

「九条殿、お疲れ様でございます。どうぞ、こちらをお飲み下さい。」

「あ、あぁ………って、これは?」

「そちらはさきほど持ってきて頂いたハーブティーでございます。カップはこの部屋に常備されている物なので、遠慮なさらずにお使いください。」

「わ、分かりました…………」

セバスさんから受け取ったカップを口につけた俺はその中身を一気に飲み干すと、何度か深呼吸をして息を整えてから膝に手をついて立ち上がった。

「あの、ありがとうございました。」

「いえいえ、礼には及びませんよ。それより、もう動けますでしょうか?」

「はい、なんとか……」

「それならば良かったです。では、こちらをどうぞ。」

「え?」

セバスさんは微笑みながら俺の持っていたカップを静かに奪い取ると、それと入れ替える様に折り畳まれた白い紙を握らせてきた……突然の事に戸惑いながらその紙をゆっくりと開いていくと、そこには本のタイトルらしき物が20列ほど並んでいた。

「あの、これは……」

「それは課題に必要そうな本の名前を私が書き出した物よ。」

紙に書かれているのが何なのかセバスさんに聞こうとしたら、机を背に向けながら椅子に座ってハーブティーを飲んでいたお姫様がそんな事を告げてきた。

「課題に必要って……こんなに沢山要るのか?」

「こんなに沢山って程じゃないわよ。そこに書かれているのは、とりあえず必要かもってだけの本なんだから。」

「は、はぁ?じゃあつまり、課題に使う本は……」

「そう、まだまだあるわよ。アンタにはその都度、そこの本棚から探して持ってきてもらうから。」

「………」

お姫様が人差し指を向けた方向には……ザッと見て数百冊は収まっているであろう本棚が3つほど並んでいた訳で……どうしよう、さっきの疲れとこれから行う作業を考えたら軽く眩暈がしてきたんですけど!?

「ほら、ボサッとしてないで早く探して来なさい。もし本を探すのが遅れて私の課題が終わらなかったらどうなるか……分かってるでしょうね?」

「も、勿論です!」

「それなら急ぎなさい。アンタに時間を無駄にしてる暇なんてないでしょ?」

「は、はい!了解しました!」

「九条殿、私もお手伝い致します。」

「あっ、お願いします!」

こうして俺とセバスさんはお姫様が求める本を探す為に本棚に向かったのだが……こんな分厚くて難しそうな本をマジであのお姫様は読んでるのか?!正直、俺は本のタイトルだけでギブアップなんですけど!って、そんな事を言ってる暇は無いな!
急いで紙に書かれた本を見つけ出さないと、俺の奉仕期間が延長される!そんなのは絶対にゴメンだな!だってさっきの今で凄いしんどいからな!

「…よしっ、とりあえず半分は見つけたんでミアお嬢様の所に持っていきますね。」

「はい、よろしくお願い致します。私は残りの本を探しておきます。」

かなりの重量がある分厚い本を重ねて抱えた俺は、バランスを崩さない様に勉強机に向き合っているお姫様の元に運んで行った。

「ミアお嬢様、紙に書かれていた本の半分をお持ちしました。」

「ご苦労様。そこの上に置いといて頂戴。」

「分かりました……っと……」

お姫様指示に従って勉強机の近くにあった小さなテーブルの上に本を置いた俺は、その場からそっと離れようとしたのだが……

「……なに?」

「……あ、いや、随分と真剣に課題に取り組んでるなと思ってな。」

「そんなの当然でしょ。ステラ先生が私の為に用意してくれた課題なんだから、手を抜くなんてそんな失礼な事出来る訳ないでしょうが。」

「そ、そうか……」

「納得したんならさっさと残りの本を探してきてよね。まだまだ他に必要な本がありそうなんだから。」

「わ、分かった。」

……なるほど、そんな気持ちで課題に取り組んでるって言うなら俺も頑張ってその手伝いをするとしますかね。

静かにそう意気込んだ俺は、急いでセバスさんが待っている本棚の方に戻ると一緒になって紙に書かれた本を探すのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く