おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第155話

2階の廊下をしばらく歩いていると視界の先に目的の自習室が見えてきた。
その瞬間、手帳の心得を思い出した俺は一足先に部屋の前に辿り着くとお姫様が来るのを見計らって扉をゆっくりと開いた。

「ミアお嬢様、どうぞお入りください。」

「ふふっ、どうもありがとう。」

…お姫様、微笑みながら感謝を伝えてくれるのは嬉しいが出来れば瞳の奥も微笑む様に努力してくれ!ってか、どんだけ俺を貶められなかったのが悔しいんだよ?!

「九条殿、その調子で頑張ってください。応援していますよ。」

「セバスさん、俺を応援する前にお姫様の方を何とかしてもらえませんかね……
正直、ずっと気を張っている必要があるので疲れるんですけど……」

「ほっほっほ、それでは私達も部屋の中に入ると致しましょうか。」

「……はい。」

手助けをしてくれるけど味方にはなってくれないセバスさんと一緒に自習室の中に入ると、先に入ってたお姫様が鋭い三角形の眼鏡をかけたおばさんと話をしていた。

「ミアお嬢様、予定の時刻より3分の遅刻です。一体何をなされていたのですか。」

「申し訳ございません。実は奉仕義務を課せられているこちらの男性に関する事で、お父様達と少々お話しがありましたので。」

「…なるほど。そういう事でしたか。」

うわっ、まるで汚物を見る様な感じで凄い睨まれてるんですけど……しかも何故かこっちに近寄って来たし……とりあえず、何の用があるのか聞いてみるか。

「…あの、どうかしましたか?」

「……ふんっ、こんな男がミアお嬢様にお仕えする事になるとは……国王陛下も何を考えていらっしゃるのかしらね。」

あらら、初対面だって言うのにこの程度呼ばわりですか。やっぱ見た目通りキツイ性格のおばさんみたいだな……ある意味期待通りで、ちょっと得した気分だわ。

「…ステラ殿、そろそ勉学の予定を始めると致しませんか?」

「あ、そ、そうですわね!それではミアお嬢様、部屋の奥へ参りましょうか!」

「はい、分かりました。」

……あら?これはもしかしてもしかするのかしら?だとしたら……何だかワクワクしてくるじゃないか!……なんて思っていると、セバスさんが静かに俺の隣にやって来て小声で話しかけてきた。

「九条殿、大変失礼致しました。ステラ殿は幼き頃よりミアお嬢様の教育係を務めておりますので、それであの様な物言いをしてしまったのだと思います。」

「あっ、なるほどそういう事でしたか。納得です。」

「本当に、申し訳ございませんでした。」

「あぁ、そんな気にしてませんから謝らないで下さい。それよりほら、早くお姫様達の後を追いましょう。急がないと奉仕義務が延長される可能性がありますからね。」

「……はい、かしこまりました。」

俺の言葉を聞いて小さくお辞儀をしたセバスさんは、お姫様達の後を追って自習室の奥へと歩いて行った……あの人、こうやって謝る癖に俺の事を笑顔で拘束してくるからな……よく分かんねぇな、まったく。

そんな事を考えながら自習室の奥に向かうと、ステラって人が少し分厚い紙の束をお姫様に手渡している場面が目に入って来た。

「ミアお嬢様、こちらが本日の課題となっております。9時45分までに終わらせて下さい。」

「9時45分ですね。分かりました、必ず終わらせておきます。」

ニコッと微笑むお姫様の事を満足そうに見つめたステラ…さんは、眼鏡をクイっと上げた後にセバスさんにお辞儀をして自習室の外に出て行ってしまった………うん、俺の事はチラッと睨みつけるだけでしたね!……期待通りすぎて感心してしまうな。

「って、それよりもあの課題の量……本当に時間までに終わるのか?」

「当たり前でしょ、私を誰だと思ってるのよ。」

「う、うぉっ!?いつの間に?!」

「いつの間にって、どんだけ鈍臭いのよアンタ。」

ぐっ!そんなバカを見る様な目で俺を見るんじゃない!おっさんの心はデリケートな作りをしているから、不意にショックを与えると壊れる恐れがあるんだぞ!

「…まぁ良いわ、そんな事よりも聞きたいことがあるから私の質問に答えなさい。」

「し、質問?一体何を答えろって……」

「アンタ、お父様とお母様に嘘の話をしてたでしょ。」

「は、はぁ?う、嘘って言うのは何の事でしょうかねぇ……?」

おいおいこのお姫様は急に何を言い始めてるんだ?!ま、まさかバレてたのか?
あわよくば隠し通せるじゃないかと思っていたさっきの嘘がバレていたのか?!

「襲われた村とか森の奥で暮らしたとかそういう事よ。」

や、やっぱりそれの事か!ってか、どうしてその事を今聞いてくるんだよ!?
い、いやまだだ!俺の完璧な演技力をもってすればまだ騙せるはず!

「さ、さぁなんの事だろうか?あれは全部本当の話で……」

「アンタさ、気づいて無いかもだけど嘘をつくと視線が右に動くのよね。」

「えっ、うそっ!?」

「……まさかこんな古典的な手に引っかかるとはね。」

「ぐっ!」

俺ってバカなんじゃないのか?!マジでこんな古典的な手に引っかかるなんてマジでマヌケすぎるぞ!ステラさんに無視されるより全然ショックなんですけど!

「でもこれで確定ね。アンタ、やっぱり嘘をついてたのね。」

「いやっ、違っ……!」

「幼い頃にモンスターに村を襲われたのも嘘、森の奥で両親に襲われたのも嘘。
それじゃあどうしてそんな嘘を吐く必要があったのか……大方の予想はつくわね。」

「えっ?!」

おいおい、まさか俺が異世界からきたとかそういう事までバレてるって事か?!
だとしたらマズくないか?そんな事がこんな場所でバレたら……最悪、異世界の事を調べる為とか言って解剖されたり……!?

「あんたが嘘をつかなければならなかった理由……それは……」

「そ、それは……?」

「……アンタの正体が、歴史ある貴族の元跡継ぎだったからよ!」

「…………はっ?」

……れ、歴史ある?貴族の……元後継ぎ?え?ちょっと予想外過ぎて思考が止まりそうなんですけど?……と、とりあえず、流れに合わせておくか……?

「ふっふっふーん、その反応……どうやら当たりの様ね!」

「……ぐっ!ちきしょう!」

「そんなに悔しがってももう遅いわ!アンタの正体が分かった今、どうして嘘を吐く必要があったのか私にはお見通しなんだから!」

「な、なんだって!?そんなの分かるはずない!」

「いえ、分かるわ!どうせその歳になるまで親の財産を食いつぶして生活していたのがバレたら恥ずかしいとか思ってたんでしょ!」

「そ、そんな事は!」

「そしてそんな生活をしていた結果、ご両親に絶縁されて家を追い出されて泣く泣く冒険者生活を始めたって所かしら!だからその歳でレベルがそんなに低いのよ!
どう?何か間違ってるなら反論してごらんなさい!」

自信満々に微笑むお姫様を見ながら、俺の心の中はある葛藤かっとうで揺れ動ていた!
これを認めればとりあえずは嘘をついていた事は誤魔化せる……だけどそれは、俺がクソニートだったと認める事になる!そんな事になったらこのお姫様に更に舐められる事になる!ただでさえバカにされているのに!ぐっ、どうすればいいんだ?!
……数秒、悩みに悩んだ結果俺が導き出した答えは!

「……ミアお嬢様の、言う通りです……!」

えぇ、受け入れる事にしましたよ……この不名誉な称号を!だって、反論した所でじゃあどうしてそんな嘘をついたのか聞かれるじゃないか!だったら、この不名誉な称号を手に入れた方が楽じゃないか!おっさん、面倒事は極力避けたいんです!

「あーはっはっは!やっぱりそういう事だったのね!まったく、いい歳して恥ずかしくないのかしらね!」

……ただ、ここまでバカにされるとちょっと後悔しそうなんだけどな。
でも、一度受け入れると決めたなら最後まで貫き通す!それが、男ってもんだろ!

「あっ、もしかしてだけど……アンタ、女の子と付き合った事も無いんじゃない?」

「ぐはっ!?」

「やっぱりそんな事だろうと思ったわ!」

……ヤバい、まさか嘘の中に本物が混じって来るとは思いもしなかったぜ!
それにしても随分とバカにしやがってこのぉ!そんなに女の子と付き合った事がある奴が凄いのかよ!そんな事ないだろバーカバーカ!

「あーあー可哀そう!それじゃあ女の子と手を繋いだことないんでしょ!」

「そ、そんな事無いですし!な、何回はそういった経験もありますし!」

「へぇーそうなんだ!それじゃあどんな子と手を繋いだのか聞かせてみなさいよ!」

「そ、それは、だな……」

「あ、資料に会ったピンク色の髪の女の子って言うのは無しよ!どうせその子、たまたま再開した親戚の子とかそう言った感じの子でしょうからね!」

「えぇ!?アイツ以外ってあると……ぐぅ!」

「やっぱり居ないんじゃない!ほんっとうに可哀そうねぇ!あーはっはっは!」

ちきしょう!反論したくても出来ねぇ!ってか、女の子と手を繋いだ事がある男がそんなに偉いんですか?!非モテは人間ではありませんか!?異世界に来てもそこは変わらないんですか!?それじゃあ俺はどうすれば良いですか!誰か教えてくれよ!

「お嬢様、そろそろ課題に取り掛かりませんと約束の時間に間に合いませんよ。」

「…はぁ、もうそんな時間なのね。楽しい時間はあっという間だわ。」

……このお姫様、マジで怖い。あれが楽しい時間って思えるとか、ヤバすぎだろ?
でも、これでやっと終わった……ありがとうセバスさん!このご恩は、きっと忘れる事は無いと思います!

「それじゃあアンタ、喉が渇いたからハーブティーを持ってきて頂戴。」

「……えっ?」

「笑いすぎて喉が渇いたの。そんな状態じゃ課題に集中できないから、急いで持ってきて頂戴。」

「い、いやそれは自業自得じゃ!」

「あら、もしかして文句があるの?奉仕義務を課せられている立場なのに?」

「え、あ、それは…………何でもありません。」

「よろしい。それじゃあ10分以内に持ってきてね。」

「じゅ、10分?!ってか、そもそもどっからハーブティーを?」

「九条殿。ハーブティーは王族専門の厨房に居るコックに用意する様に伝えれば貰えるはずでございます。」

「え、それってこっからかなり距離ありますよね?確実に10分じゃ間に合わないと思うんですけど……」

「それは普通に歩いて行ったらの話ですよね?死ぬ気で走ればきっと間に合うと私は信じています。」

「…じょ、冗談ですよね?」

「あ、注意点が1つありまして、廊下で魔法を使用するのは原則禁止となっていますから気をつけて下さいね。」

「あ、あの、まさか本気で?」

「制限時間は10分、頑張ってくださいね。九条さん。」

冷や汗がたらりと流れ落ちるのを感じながら、楽しそうに微笑むお姫様と懐中時計を手にしているセバスさんを目にした俺は………

「それではよーい、ドン。」

「ちっきしょおおおおおお!!」

全力疾走で自習室を飛び出すと、ハーブティーを求めて厨房を目指すのだった!
っていうかやっぱり!セバスさんは俺の味方じゃないって事なんだよなぁああ!!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く