おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第154話

【緊急時や扉の開閉以外では仕える主人の前を歩かない事】的な事が手帳の心得に書かれていたので、俺とセバスさんはお姫様から少し距離を取って後ろの方を歩いて階段を降りて2階へと向かっていた。

「九条さん、もしよろしかったら午前中の私の予定を教えて貰えるかしら。」

その途中、突然お姫様が俺に微笑みかけながらそんな事を聞いてきた。
…まぁ試されてるだけってのは分かるけど、教えてほしいなら答えるとしますかね。

「…分かりました。この後は10時まで勉学の予定は入ってます。その後は礼儀作法を学ぶ時間が30分、ピアノの練習をする時間が30分、そして休憩を10分取った後、12時になるまで国王陛下達と一緒に民と接見する時間があります。
それが終わると1時間の昼休憩があり、13時より午後の予定が始まります。」

「ふふっ、ちゃんと私の予定を把握している様で何よりです。良く出来ました。」

「…それはどうも。」

2階に辿り着くのと同時にお姫様に褒められたんだが、これもう明らかにペットを褒めるのと同じ感覚だよな?え、もしかして俺の事をそう言う感じで見てるのか?
…うん、深く考えると大人としての自尊心が消えそうだからこれ以上は止めとこう!
ってか、マジで色々と予定が詰まってるよな。流石はお姫様って事なのかねぇ?

「それでは九条さん、その勉強をする為のお部屋が何処にあるかは分かりますか?」

「えっと、それは…………」

え、場所の事なんて予定表に書いてあったけか?さっき見たはずなのに全然記憶に残って無いんだが!?

「あら、もしかして分からないんですか?そうだとしたら、奉仕義務を怠ったという事で期間の延長を考えなくてはいけませんかね?」

「い、いやそれはちょっと!」

「九条殿、ミアお嬢様がこれから向かうお部屋は自習室となっております。」

「……じ、自習室ですか?それなら確か、この階の奥の方にある少し広めの部屋の事ですよね?」

「はい、その通りでございます。よくご存じでしたね。」

「まぁ、貰った手帳に載っていた地図を見て大体の部屋の場所は覚えましたから…」

「なるほど、そういう事ならば納得でございます。それよりもミアお嬢様、九条殿をからかうのはお控えください。」

「ふぅ、残念ですがそうします。」

「…え、からかうって言うのは一体?」

「先ほど九条殿にお見せした予定表には時刻と行う予定が記載されていてるだけで、向かう場所に関する事は書かれておりません。ですので、部屋の場所だけ把握されていても答えられるはずがないのでございます。」

「……おいこら。」

「ふふっ、そんなに怒らないでください。ちょっとした冗談じゃないですか。」

…人差し指を唇に当て悪戯っ子の様に微笑んだお姫様に少しだけドキッとしたが、絶対に油断してたまるか!だってセバスさんの助けが無かったら、このお姫様は情け容赦なく延長するだろうからな!それに一瞬だけ見えた瞳の奥に、次はどうやって俺を追い詰めるか画策する意思を感じたぞ?!

「では、自習室に向かうとしましょうか。先生が首を長くして待っているかもしれませんからね。」

優雅に廊下を歩き始めたお姫様の後を追いながら油断大敵の文字を心に刻み込んだ俺は、この後に使う部屋の場所をセバスさんに確認するのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く