話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第151話

女王様的なポーズで椅子に座るお姫様と対峙した俺は、苦笑いを浮かべながら拘束されている手首を見せた。そうしていると、後ろに居たセバスさんが俺の背中をグッと押してきた。

「九条殿、ここでは何ですので部屋の奥にお進みください。」

「……あの、俺がお姫様に近寄るのは恐れ多いと言うか何と言うか……ねぇ?」

「ふふっ、そんな無駄な抵抗をしても無駄だって分かってますよね。」

「……はい。」

「なら、諦めてさっさと来てくださいね。」

小首を傾げて微笑むお姫様に一瞬だけドキッとしたが、それを感づかれたらヤバいと直感した俺は表情を読み取られない様にうつ向いて部屋の奥に向かった。

「良いわ、そこで止まりなさい。」

お姫様まで後5,6歩という所で言われた通りに立ち止まった直後、セバスさんがお姫様の座る椅子の横に移動して行った……っていうか、何を考えてるんだよ俺は!あのお姫様相手に少しでも弱みを握られたら終わりだぞ?!もう少し緊張感を持たないとダメだろうが!………でもあの笑顔はメチャクチャ可愛かったな!だから今回はしょうがないとして、次回から気を付ける様にしよう!それよりも今は………

「お姫様、一体何の目的があってこんな真似を?」

「九条殿、言葉遣いですぞ。」

「あぁ、すみません…えっと…」

「別に構わないわよセバス・チャン。私もこれから普通に喋るつもりだしね。」

「…左様でございますか。それでは九条殿、お好きな様にお話しください。」

「は、はぁ……え、普通に喋るってのは?」

「だから私も堅苦しい喋り方を止めるって意味よ。アンタも察しが悪いわねぇ。」

呆れた表情で頬杖をつくお姫様の口調は完全に砕けきっていて、なんかもう色々と幻想が砕かれてショックが大きすぎるんですけど!?俺の理想のお姫様は丁寧な口調で優しく寄り添って照れた顔が可愛い感じなんだよ!それなのに現実ときたら、俺の理想とは正反対のお姫様しか居ないんですが!?どうなってんだよもう!

「まぁ良いわ。それよりも、どうしてこんな真似をしたのか聞きたいのよね。」

「あ、あぁ……まぁ……」

「なによ、そのやる気のない返事は。聞きたいの?聞きたくないの?どっち!」

「き、聞きたいです!はい!」

「まったく、最初からそうやって返事をしてれば良いのよ。」

……おかしいな、俺の大人としての威厳って一体何処に行ったんだろうな。まぁ、最初っから持ってた記憶なんて全然無いんだけどさ!

「それじゃあ教えてあげる。アンタを拘束した目的、それはね……」

「そ、それは……?」

「……特にないわね!」

「………え?」

「だから、アンタを拘束した理由は特に無いのよ。」

「……は、はぁ?!いやいやいや冗談だろ?!」

「別に冗談なんかじゃないわよ。だって今更逃げも隠れも出来ないアンタを拘束した所で、私には何の得も無いじゃない。」

「………」

まさか開いた口が塞がらないを実際にやる日が来るとは想像もしてなかった………いや、この世界に来てから何度かやった様な気も…って、そんな事はどうでも良い!

「そ、それじゃあ早く俺の拘束を解いてくれよ!」

「それはダメ。」

「なんで?!」

「そんなの、お願いの仕方がなってないからに決まってるでしょ?」

「お、お願いの仕方?」

「そう、今のアンタは私に奉仕する立場……下僕って所かしらね。そんなアンタが、私に向かって解いてくれだなんて……気安いとは思わない?」

「そ、それは……」

「ご主人様にお願いするならそれなりの態度って物があるでしょ?ね?」

「お願いします!どうかこの俺の両手首の拘束を解いてください!お願いします!」

微笑むお姫様に向かって即座に土下座をした俺は必死になって額を床に擦り付けていた!プライド?そんなもんとっくの昔に捨てちまったわバーカ!

「……アンタ、それで良いの?」

「勿論!拘束が解かれるなら問題ありません!」

「そう……セバス・チャン。」

「かしこまりました。」

なんかお姫様にドン引きされた様な気がしないでもないが、どうせ1週間そこらの付き合いなんだ!気にする必要は特に無いよな!……そんな感じで色々と吹っ切れていると、セバスさんが近寄って来て拘束バンドを小さいハサミの様な物でチョキンと切り取ってくれた!やったね!これで俺は自由を取り戻したぞ!

俺は両手を軽く回しながら優しく微笑むセバスさんに小さく頭を下げた……まぁ、この人が俺を拘束した張本人だから礼を伝えるのはおかしい気もするんだがな!

なんて思っていると、突然部屋の外からゴーンゴーンというが聞こえてきた。
その直後、セバスさんが上着の内ポケットから懐中時計を取り出して時間を確認しだした。

「ミアお嬢様、そろそろお夕食のお時間となります。」

「あぁ、もうそんな時間なの。楽しい時間はあっという間ね。」

……楽しい時間なんて物があったのかは疑問だが、お姫様が満足してくれてるならとりあえずは良かったという事にしておこう!……明日以降がだいぶ不安だけど。

「それでは九条殿、ミアお嬢様と私はこれにて失礼させて頂きます。」

「あ、はい、分かりました。」

慌てて立ち上がって部屋から出て行こうとしている2人を見送ろうとしていると、お姫様が急に振り返ってこっちを見てきた。

「そう言えば、アンタに伝えておく事があったわね。」

「…お、俺に?何を?」

「明日、公の場で私に奉仕している時は常に丁寧な口調で話しかけなさい。
今日みたいな感じで話しかけたら、奉仕期間を延長するからね。」

「お、おう。分かった。」

「それと私の事はお姫様じゃなくってミアお嬢様って呼びなさい。もしもお姫様って呼んだりしたら、奉仕期間を延長させるからそのつもりでいなさい。」

「ミ、ミアお嬢様だな!了解した。」

「なら良いわ。それじゃあ明日からの奉仕義務、しっかり果たしなさい。
手を抜けばその時点で奉仕延長だからね。」

お姫様はそう言うと髪をなびかせながら部屋の外に出て行った。
すると後に残されていたセバスさんが、俺に向かって小さく頭を下げてきた。

「九条殿、本日はお疲れ様でした。それと申し訳ございませんでした。」

「あぁいえ、もう気にして無いから大丈夫ですよ。」

「そう言って頂けると助かります。それでは九条殿、明日は朝の7時頃に私の執務室に足をお運びください。執務室の場所は手帳の地図に載っておりますので。」

「分かりました。明日の朝7時に執務室ですね。」

「はい。それでは失礼致します。」

セバスさんは俺にもう一度お辞儀をすると、部屋を出て行ってしまった………
そして完全に1人になった部屋の中で、俺はお姫様が使っていた椅子にドカッと座り込んで思いっきり息を吐いた。

「はぁ………マジで疲れたぁ……怒涛の展開すぎて頭が追い付かねぇよ……」

マジであのお姫様の相手をこれから1週間もしないといけないのか?無事に期間内に終えられるか物凄い不安なんですけど……絶対にタダ働きはしたくないし、早い所家に帰りたいから死ぬ気で頑張るしかなさそうだよなぁ……お帰り!俺の社畜生活!

…しばらくして椅子から立ち上がり部屋に運び込まれていた荷物の整理したり手帳に載ってる地図を見て城内の構造を覚えたりしていると、メイドさんが夕食を届けてくれた。どうやらセバスさんが、気を使って手を回してくれていたらしい。

それを食べた後に備え付けてあったシャワーを浴びて汗を流した俺は、ベッドの近
くにあった目覚まし時計をセットして明日の為に早めに就寝する事にした。

遅刻をしたから奉仕期間を延長するわ!って、普通に言われそうだからなぁ……
そんな不安な思いを抱きながら、俺の慌ただしい1日は終わるのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く