話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第150話

玉座の間に背を向けて真っすぐ進み何度か角を曲がって行くと、豪勢な扉が幾つか並ぶ廊下へと辿り着いた。

「九条殿、こちらがお客様をお泊めする為の部屋がある場所になっております。」

「ここが……あの、俺以外に部屋を利用してる人は?」

「現在、利用しているお客様はおりません。また、今後もしばらくの間は空室が続くご予定ですのでご安心ください。」

「……そうですか。」

どうやらお偉いさん相手に問題を起こして奉仕期間が延長してしまう…なんて事は起こらなさそうだな。まぁ、これもフラグになってる可能性もあるから念の為に注意はしておく必要がありそうだけどさ……

「それでは九条殿、ご利用して頂くお部屋は廊下の一番奥の方にございますので参りましょうか。」

「分かりました。」

こんだけ空室があるんだったら別に一番手前の部屋が楽そうな気もするけど、用意して貰った立場で贅沢言ってられないよな。ちょっと距離はあるけど、黙ってついて行くとするか。

目的の部屋を目指して廊下の奥に進んで行くと、セバスさんが突き当り近くの部屋の前で立ち止まって振り返ってきた。

「九条殿、こちらが本日より利用して頂くお部屋となります。そしてこれがこの部屋の鍵となっておりますので、どうぞお受け取り下さい。」

「あっ、ありがとうございます。」

「いえいえ。では、鍵を開けてお部屋の中にお入りください。」

セバスさんから持ち手が警備兵の鎧に彫られていた模様と同じ形をしてる鍵を受け取った俺は、部屋の前に歩いて行くと鍵を開けて部屋の中を覗き込んでみた。

「……なんでこの部屋こんな暗いんですか?」

「それはですね、太陽に光によって家具が傷まない様にでございます。」

「あぁなるほど、そういう事でしたか。」

「はい…ところで九条殿、少々お願いがあるのですがよろしいですかな。」

「はい?お願いって何ですか?」

「いえ、簡単な事でございます。私の前に両手首を合わせて出してください。」

「は?…えっと、こうですか?って……え?」

「ありがとうございます。それでは部屋に入りましょうか。」

……いやいや…いやいやいやなんじゃこりゃ!?え?何で?どうして俺の両手には拘束バンドが付けられているんだ?!そりゃセバスさんがつけたからだろ!ってそうじゃないだろ!

「あの!こ、これはどういう事ですか?!何で俺の両手を拘束したんですか!?」

「すみません九条殿。部屋の鍵を開けたらこうする様にとの指示がありましたものですから。」

「は、はぁ?!そんな指示一体誰が…………って、まさか……」

「恐らく、今ご想像して頂いている方で間違いないと思いますよ。」

「……嘘だろおい……って事は、この部屋の奥には……」

「はい、お待ちになっておられます。」

「……あの、出来ればご遠慮願いたいのですが。」

「残念ですがご遠慮いただく訳には参りません。さぁ、部屋の奥へお進み下さい。」

「……はい。」

あーあー入りたくねぇし会いたくねぇな……ってか、どうして俺を拘束する必要があるんだよ…どういう事?そう言う趣味なの?見た目15,6歳ぐらいなのに随分とこじらせてるのねぇ……一体どういう教育を受けたらそんな感じになるのかしら。

「それでは九条殿、失礼の無い様にお願い致しますね。」

「はーい……」

俺が返事をした直後、照明がパッと光りだして部屋全体を明るく照らし出した。
そして俺の目の前にはさっき予想した通りの人物が、豪勢な椅子の上で足を組み頬杖をつきながら不敵な笑みを浮かべて俺の事を見ていた……

「さっきぶりですね九条さん。とっても素敵な格好ですよ。」

「…そりゃどうも……お姫様……」

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く