話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第147話

拘束状態のまま下の階に降ろされて長く入り組んだ廊下をしばらく歩いていると、警備兵が突然立ち止まって俺の拘束を解いてくれた。不思議に思いながら隣の警備兵をチラッと見てみると、立ち止まったまま近くにある部屋の扉に目を向けていた。

「着いたぞ、ここがセバス・チャンさんがいらっしゃるお部屋だ」

警備兵はそう言って扉に向かって行くと、少し強めに扉を数回ノックした。
するとすぐにガチャッという音がして扉が開き、顔にしわが刻まれているが真っすぐ背筋の伸びた白髪白ひげの男性が柔和な笑みを浮かべて姿を現した。

「おやおや、どうしたんですか警備兵殿。何か私にご用件でしょうか?」

「ハッ!姫様の指示に従い、セバス・チャン様の元に奉仕義務の発生している男性をお連れ致しました!」

「あぁ、そういう事でしたか。分かりました、後の事はこちらで何とか致しますので持ち場にお戻りください。」

「ハッ!よろしくお願い致します!それでは失礼します!」

警備兵はセバス・チャン…で、間違いないよな?その人に向かってビシッと敬礼をすると、進んできた廊下を戻って曲がり角の向こうに行ってしまった。後に残されてしまった俺は、若干の気まずさと緊張感を感じながらセバス・チャンと思われる男性に目を向けてみたら……

「ほっほっほ…肩の力を抜いてもらっても大丈夫ですよ。」

「あ、は、はい……それでえっと、俺はこれから何をすれば……」

「慌てずとも、部屋の中で詳しい事をお教えいたしましょう。こちらへどうぞ。」

「わ、分かりました。」

言われるがまま部屋の中に足を踏み入れてみると、ズラッと並んだ執事服と笑顔を浮かべて佇んでいる可愛らしいメイドさん達が視界に入ってきた?!

「あ、あの…こ、ここは……?」

「ここは予備の執事服を収納している部屋になっております。貴方様には、これよりこの執事服に着替えて頂きます。」

「……え、マジですか?」

「勿論、マジでございます。それでは早速採寸致しますので…始めて下さい。」

「「「はい!かしこまりました!」」」

「え、ちょまっ!?」

メイドさん達によって部屋の奥に引っ張られた俺は、あっと言う間に上着を脱がされて薄着になってしまった!?いや、何だか物凄い恥ずかしいんですけど!?

「あら~凄い引き締まって筋肉ですね!ちょっと触って見ても良いですか?」

「あ、えっと、その、出来れば遠慮したいって言うかもう触ってますよね?!」

「あっ、顔が赤くなってますよ。もしかして緊張なさっているんですか?」

「ふふっ、そんなに緊張せずとも大丈夫ですよ。すぐに終わりますからねー」

「な、ならなるべく早めにお願いします!」

「はいは~い、かしこまりました~」

…それから緊張と恥ずかしさとちょっとした幸せを味わいながら採寸された俺は、メイドさん達から執事服を手渡されて部屋の中にあった更衣室に押し込まれて着替える事になった。

「……やっぱ、女の人って集まると怖いのね。」

そんな事をボソッと呟きながら驚くほど自分にピッタリな執事服を着て更衣室の外に出ると、そこにメイドさん達の姿は無かった。

「あ、あれ?メイドさん達は?」

「あぁ、彼女達なら本来の仕事に戻って頂きました。」

「そ、そうですか……はぁ、助かった……」

膝に手をついてホッと胸を撫で下ろしていると、男性が微笑みながらこっちに歩み寄ってきた。

「ほっほっほ。執事服にも無事に着替え終わったようですので、まずは自己紹介から始めると致しましょうか。私の名前は『セバス・チャン』。セバスとお呼び下さい。役職は執事長といった所でしょうか。それで、貴方のお名前は?」

「あっ、俺の名前は九条透と言います。どうも、よろしくお願いします。」

「はい、よろしくお願い致します。それでは九条殿、今回の奉仕義務に関して簡単に説明したいと思いますがよろしいですか?」

「は、はい。お願いします。」

「かしこました。ですが奉仕義務とは言ってもそこまで難しい事をするのではなく、ミアお嬢様の身の回りのお世話をすると言うだけの事でございます。」

「身の回りのお世話…ですか?」

「はい。例えばミアお嬢様に今後の予定をお伝えしたりですとか、学園までの馬車の送迎ですとかですね。」

「な、なるほど…あの、本当に俺にやらせて大丈夫なんですか?相手は一国のお姫様ですよね?そんな人のお世話をただの一般人に任せて良いんですか?」

「ほっほっほ、深く考える必要はございません。九条殿は与えられた仕事をしっかりとこなしていただければ良いのです。それに今回の件については、ミアお嬢様も了承済みの事ですからね。」

「な、なら良いんですけど……」

ったく、マジであのお姫様は何を考えてるんだが…たかだか握手を拒んだぐらいで俺の様な男に奉仕させるなんてさ……もしかして、そう言うのが趣味なのかしら?

「では次に、奉仕義務の期間がどの程度なのかという事ですが…おおよそ1週間前後だとお考え下さい。」

「え、おおよそですか?」

「はい。例えば九条殿が王城内で何か問題を起こしたりした場合、奉仕義務が伸びる可能性がありますので。」

「……あの、問題って例えばどんな事ですか?」

「そうですね…例えば奉仕義務期間内に逃亡したりですとか、国王陛下や姫様の私室に勝手に立ち入ったりですとか、王城内で盗みを働いたりした場合ですかね。」

「な、なるほど……そりゃどう考えても期間は伸びますよね。ってか、最後に関しては普通に犯罪ですよ。」

「ほっほっほ、そう言えばそうでしたね。まぁ、その様な事をなさらなければ問題はありませんので注意しておいてください。」

「分かりました……」

「それと、1日の報酬額としましては1万5千Gとなっております。」

「……え、えぇ?!奉仕義務ってお金が出るんですか?!」

「はい。今回は特別ですが、国王陛下のご厚意により報酬が発生いたします。
ですが最初の1週間の間だけですので、お気を付けください。」

「あぁ、つまり奉仕義務の期間が伸びたらタダ働きになるって事ですか。」

「そういう事になりますね。」

……って事は、何としても1週間以内に奉仕義務を終わらせるしか無いな!
絶対にタダ働きしてやるもんか!金だけ貰ってとっとと家に帰ってやるぜ!

「…さて、これにて説明は以上になります。九条殿、奉仕義務の内容についてご理解していただけましたか?」

「まぁ、奉仕義務の方については一応は理解しましたが……どう奉仕していけば良いんですか?」

「それにつきましては、後々ご説明いたします。」

「そ、そうですか……じゃあえっと、これから奉仕を始めるんですか?」

「いえいえ、ミアお嬢様に奉仕を始めるのは明日からになっております。」

「え、それじゃあこれから一体何をするんですか?」

「ほっほっほ、王城内の各施設等に関する案内ですよ。なにぶん広いですから、迷子にならない様に最初にご説明しておこうと思いまして。」

「そういう事でしたか……分かりました、案内をお願いします。」

「かしこまりました。ですがその前に…」

セバスさんはスッと胸の内ポケットに手を入れると、そこから1枚の紙と白い封筒を取り出して見せてきた?

「あの、それは?」

「九条殿、よろしければご家族にお手紙を出してはいかがでしょうか。しばらく帰る事が出来なくなったという事を報告する為に……この万年筆をお使い下さい。」

「あ、あぁどうも…」

有無を言わさぬセバスさんに紙と封筒と筆を握らされた俺は、後頭部を掻きながら近くにあった椅子に腰かけて手紙を書く事にした。

【拝啓 俺の仲間達へ

こうして手紙を書くのは初めての事なのでぶっちゃけ気恥ずかしさがあるんだが、書かない訳にもいかないのでまずは結果だけ報告させてもらう。

お前らの予想通り、無事に国王陛下達に逃亡者だとバレました!パチパチパチ!
そして握手を拒んだお姫様相手に奉仕義務って物が発生して、1週間ほど家に帰れなくなりました!…まぁ、予想よりもだいぶ楽な展開だって思って貰えれば何よりだ。

そんな訳で俺が帰るまでの間は家の事を任せた。ローテーションが変更されて面倒だとは思うがしょうがないと思って諦めてくれ!それじゃあ頑張ってな!
あ、ついでに言うと働いた分はしっかり報酬が貰えるらしいから追加で土産物が欲しかったら手紙を送ってくれ。届くかどうかはしらないけどさ!

九条透より】

「…まぁ、こんなもんで良いかな。」

「ふふっ、お手紙書けましたかな?」

「はい、伝えたい事は大体書けたと思います。」

「それは結構。ではそのお手紙を封筒に入れてお渡しください。私が後で他の郵便物と一緒に出しておきますので」

「分かりました。よろしくお願いします。」

セバスさんは大事そうに手紙の入った封筒を受け取ると、それを内側の胸ポケットにしまい込んだ。そしてニッコリと微笑んでこっちを見て来ると……

「では、王城内の案内を始めましょうか。九条殿、しっかりと覚えて下さいね。」

「は、はい!頑張ります!」

「良いお返事です。それでは行きましょうか。」

扉を開いて部屋の外に向かったセバスさんの後に続いて行った俺は、緊張しながら王城内を案内される事になるのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く