話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第146話

「ルーク隊長、この者以外の者達を宿屋まで送り届けてもらえるだろうか。」

「ハッ、かしこまりました……それでは皆さん、我々の後について来てください。
宿屋までお送りいたしますので。」

「了解、それじゃあ帰りも頼んだぜ隊長さん!…それと九条のおっさん、またな!」

「……ヒイロ君、国王陛下達の前なのだからもう少し言葉遣いを気を付けてくれ。」

「あ、すみません!」

「いや、気にしなくても大丈夫だ。それと伝え忘れていたのだが、今日ここで見聞きした事は決して口外しない様にお願いしたい。」

「分かりました!誰にも何も言いません!」

「うむ、頼んだ。」

こうして玉座の間に居たイケメン達は、隊長さんに先導され警備兵に囲われながら部屋の外に出て行ってしまった……どうしよう、心臓張り裂けそうなんですけど!?
ってか、いつまで俺はブレードを首元に添えられてないといけないでしょうか!
正直、怖くてしょうがないんですけど!?

「……もう良い、その者の拘束を解くのだ。」

「ハッ!」

そんな俺の心情を察してくれたのかは分からないが、国王陛下が俺の両隣に立っていた警備兵に指示を出してくれた!あ、ありがとうございます国王陛下様!ついでに俺を家に帰してくれたらとても有難いんですがどうでしょうか!

「さぁ、それでは数ヶ月前の事について事実確認を行っていく事にしよう。」

……まぁ、そりゃそうでしょうね!そんなに甘い展開が俺に都合よく起きる訳ないじゃないかあっはっはっは!…………胃が痛い。

「まずはミアに確認したいのだが、本当にこの者が数ヶ月前の逃亡者で間違いないのだな。」

「はい、間違いありませんお父様……そうですよね、そこのお方。」

「……え、えっと、その、どうですかねちょっと記憶が曖昧と言うかなんというか」

「……もう一度お聞きいたします、数ヶ月前にステージ上から逃亡したのは」

「はい!数ヶ月前にステージ上から逃亡したのはこの俺で間違いありません!」

畜生!姫様が片手をあげた瞬間に思わず白状しちまった!でもしょうがないよね!だってあのままだったらまた俺の首元にそっとブレードが添えられるんだからさ!!

「ふむ…では次に聞かせてもらいたいのだが、何故その様な行動を取ったのだ?
ステージ上に招かれ握手もせずに飛び降りるとは、よっぽど急を要する事情があったのだろうか。」

「……そうですね。」

ここまできたら嘘や誤魔化しの方が面倒くさいと思った俺は、悲鳴が聞こえてから逃亡するまでの流れを一通り説明する事にした…っていうか、別に悪い事した訳じゃないんだからさっさとそうすれば良かったんだよな。

「ふむ、私達のすぐ近くでそんな事が起きていたとは……」

説明を終えると国王陛下は神妙な面持ちで顎に手をやって黙り込んでしまった。
…すると、その隣で俺の話を聞いていた黒髪ロングのほんわかお姉さん系の王女様がにっこりと微笑みながらこっちを見てきた。

「ふふっ。」

「えっと、どうかしましたか?」

「あぁいえ、見ず知らずの女の子を助ける為になりふり構わず駆け出すなんて素敵な方だなと思いまして。」

「そ、そうですかね?」

「はい、とっても格好良いと思いますよ。」

「あ、ありがとうございます……」

…ヤバい!メチャクチャ嬉しいんですけど!?っていうか、今って物凄く良い流れなんじゃないだろうか!これはもしかして、即刻開放なんて事もあり得るんじゃないだろうか!やった!これは明日にでも家に帰れそうだぞ!

……そう考えた瞬間、何故か王女様が頬に手を当てて残念そうな表情を……って、しまった!俺はバカなんじゃねぇのか!何で余計な事を考えたんだよ!?今の俺にはフラグと言う名の呪いが襲い掛かっている真っ最中だって言うのに!

「ですが残念ですね、ミアさん。」

「はい、とっても残念ですねお母様。」

「あ、あの……ざ、残念って言うのはどういう?」

自分の迂闊さを後悔しながら恐る恐る聞いてみると、今まで黙っていた国王陛下が重々しく口を開けた。

「……実は私もつい最近まで把握していなかったんだが、ミアの差し出した手を握り返さなかった貴方にある事が課せられる事になっているのだ。」

「え、えぇ?!ど、どういう事ですか!?ま、まさか何かしらの罪に問われるんですか俺は!?」

「いや、罪に問われる様な事は無い。そこは安心してくれて良い。」

「そ、そうですか……え、じゃあ何が課せられたんですか?」

「それは、だな……」

「…私への奉仕義務です。」

「………はっ?」

「ですから、私への奉仕義務です。」

「……え、え、えっと?」

お姫様の背筋がゾクッとする様な笑顔から視線を逸らし国王陛下に目を向けると、何故だか困り顔になりながら唸り声をあげていた。

「そのだな…あの街を練り歩き民と握手をするという行為は、はるか昔から伝統的に続いている行事なのだが…」

「……だ、だが?」

「実はこの伝統には色々と定められている事があってな…その内の1つに…」

「王族に手を差し伸べられた者は、いかなる場合においてもそれを拒否せずに握手を交わさなければならない。それを拒んだ場合、手を差し伸べた王族に対して一定期間の奉仕義務が発生する……そういう決まりがあるんです。」

「…ほ、本当ですか?」

「…あぁ、私も最近まで知らなかったのだがミアが城の書庫からその文言が記された書物を持ってきてな。」

「ふふっ、私も驚きでした。ふら~っと立ち寄った書庫でちょっと調べ物をしようとあの行事に関する本を隅から隅まで調べたらその様な文言があったんですから。」

両手を合わせて小首を傾げながら微笑むお姫様を見て、俺の中にある予想が浮かびあがって来たんだが……え、まさか冗談だよな?

「…あのもしかして、それが理由で俺を探し出そうとしてたんですか?王国の警備兵を各地に派遣させて?」

「ふむ、そういう事になるな。」

「……えぇ……?」

まさかそんな定めの為だけにこんだけの無駄な労力が使われていたとは……王族の人達ってバカなのかな?…っていう感情が思わず顔に出てしまったのか、国王陛下が困惑した表情になってしまっていた。

「いや、本当は私も今回の事に関しては否定的だったのだ。こんな古い書物に記された定めを守る必要は無いんじゃないかとな。だがミアが言うには…」

「定めと言う物は守る為に存在しています。それをうやむやにしたり、ご自身の都合で無かった事にしていては王族としての示しがつきませんよ。」

「…そう言われてしまっては、定めに従わない訳にもいかなくてな。」

「ふふっ、流石お父様です。とっても格好いいですよ。」

「うむ、そうか。」

……おい、何をニヤニヤしているんだ国王陛下!?もしかしなくても今回の騒動が起こった原因ってお姫様に格好いいって言われたからだろ!畜生!どうして俺の周囲には親バカしかいないんだよ!王女様も、微笑ましく見守ってるんじゃない!!

「…そんな訳で貴方には、一定期間ミアに対しての奉仕義務を果たしてもらう。
これに関しての異論反論は一切認めないのでそのつもりでな。」

「い、いや!そんな事を急に言われましても!」

突然の事に少しだけ混乱しながら立ち上がった瞬間、俺は警備兵に両腕をガッツリと掴まれて拘束されてしまった!?え、ど、何処に連行されるんだこれ?!ってか、罪に問われないとか大嘘じゃねぇかこれ!

「……残念でしたね。」

「…え?」

拘束された状態で若干の不安に襲われていると、椅子に座っていたお姫様が愉快そうに微笑みながら俺に視線を送ってきた。

「あの時、私の差し出した手を拒む事無く握手をしていれば……こんな事にはならなかったんですけどね。」

……あ、この笑顔を見て今回の騒動の原因が分かったぞこの野郎!これって握手を拒んだ俺に対する仕返しだろ!ってか、そんな事の為だけにどんだけの人を巻き込んでんだよこのお姫様は!頭おかしいかプライド高すぎだろうが!!

「…なにか?」

「…いえ、なんでもありません。」

「なら良かった。それじゃあ、彼をセバス・チャンと所に案内してあげて頂戴。」

「「ハッ!」」

お姫様の指示に忠実な警備兵に両腕を掴まれたままの俺は、セバス・チャンという人物が居る場所に連れて行かれることになった……ってか、多分その人の役職執事長とかそんな感じだろうなぁ……はぁ、帰りてぇ……

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く