話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第145話

「国王陛下、手配されていた容姿に酷似した者達をお連れしました。」

「うむ、ご苦労だった。」

「ハッ!……それでは皆さん、私の後に続いて来てください。」

国王陛下達の方に向かって行く隊長さんの後に続いて前の人達が歩き始めたので、俺はサッと下を向いて顔をなるべく見られない様にした。

あの時のちょっとしたやり取りの間に顔を覚えられたとは考えられないけど、念の為に警戒はしておかないとな…って、なんだ?さっきから変な視線が…って、え?

「……」

ちょ、ちょっと待ってくれよ!なんであのお姫様はこっちを見ながら笑みを浮かべている………な、なるほどそういう事か!運命の人が目の前に現れた事による喜びの笑みという訳だな!いやぁ、これは再開の瞬間が楽しみでしょうがないですなぁ!

「皆さん、足を止めてください。」

隊長さんの指示に従って玉座から少し離れた場所で俺達が立ち止まると、国王陛下が豪華な椅子から立ち上がって一歩前に出て来た。

「諸君、本日は我が城によく来てくれた。礼を言わせてもらう。」

うっわ、近くで聞くと凄いセクシーな声だわねぇ…それに見た目もかなりダンディだし渋いし大人の色気溢れてるし…同じおっさんのはずなのに格が違いすぎじゃね?
……ここにマホが居たら、同じおっさんとか寝言は寝て言ってくださいね!…とか言われるんだろうなぁ……ごもっともすぎてなんの反論も出来やしねぇぜ!

「これから諸君らの顔を順番に拝見させてもらい、数ヶ月前にステージから逃亡した男性を探し出したいと考えている。」

国王陛下がそう告げた瞬間、俺の心臓の鼓動がドンドンと激しくなっていった!
しょうがないよね!だって俺ってば生粋のヘタレなんだからさ!でもきっと大丈夫!
俺の正体がバレる前にヒイロが運命を掴み取るはず!だってさっき、お姫様がヒイロを見ながら微笑んでいたから!

「だが事が起こったのはもう数ヶ月前の事。私達の記憶も曖昧になりつつあるので、出来ればこの場にその者が居るなら正直に名乗り出てほしい。決して悪い様にはしないと約束するのでな。」

はい!逃亡したのは俺です!……と、ここで名乗り出れたらどんなに楽な事か……でも無理なんだよ!だって凄く怒られそうだからな!いい歳して怒られるとか絶対に嫌なんですけど!だから絶対に名乗り出ない!それに記憶が曖昧だって言うならば、ヒイロがお姫様と運命的な出会いを果たさなくても逃げ切れる可能性があるからな!

「分かった、名乗り出る者が居ないのならば私達が確認していこう…ルーク隊長。」

「ハッ!……それでは前列の方は一歩前に出て、国王陛下達の前でひざまずいて下さい。
その後、顔を上げる様に言われた人物は指示に従う様にお願いします。」

隊長さんがそう言って眼鏡を押し上げた直後、前列の人達が一歩前に出て指示通りにひざまずき始めた。

……さて、いよいよクライマックス突入だな!ここを乗り切れば、明日には暖かい我が家に帰れるはずだ!よし、気合を入れて学生時代の記憶を呼び覚ますんだ!!
そしてあの当時使っていた、気配を消すというスキルをもう一度我が身に!

……席替え……体育祭……家庭科実習……修学旅行……班決め……そしてお情けでよく分からないオタクグループにぶち込まれてそして……お、思い出してきたぁ!!

過去のトラウマと共に気配の消し方を思い出した俺は、そのスキルを活用し順番が回って来るのをひたすら待ち続けた……しばらくして前列のイケメンがひざまずいたのを確認した俺は、これから起きるであろうイベントの妄想を膨らませていた!

「残念だが、この者達の中にも居ない様だな。」

「かしこまりました。それでは最後の列の者達、前へ!」

隊長さんの声を聞いて一歩前に出た俺は、一瞬たりとも国王陛下達と顔を合わせず片膝をついて他のイケメン達と同時に頭を下げた……その瞬間!周囲に居た警備兵達が戸惑うような感じでざわざわ騒ぎ始めた!

「おや、どうかしたのか?」

「……お父様、少々そこで待っていてもらえますか。」

おぉおぉ、足音をコツコツと鳴らしながらお姫様がこっちに近づいて来たぞ!
きっとこの後の展開は……そこのお方、顔を上げて頂けますでしょうか?とか言ってヒイロの顔を上げさせて、やっぱり貴方はあの時の!とかって感じだなんだろうな!
あぁワクワクしてきたぁ!まさかそんなラノベで起きるテンプレート的な展開を間近で見られるなんて………異世界に来れてマジで良かったぁ!!

「そこのお方、お顔を上げて頂けますでしょうか。」

はいはい予想通り来ましたよっと!それでは、思う存分テンプレートをどうぞ!!
…って、あれ?なんでヒイロはこっち見て慌ててるんだ?お前が見るべきなのは俺の方じゃなくて目の前に居る………って、え?

「もう一度お願い致しますね……そこのお方、お顔を上げて頂けますでしょうか。」

……う、嘘だよね?だ、だってお前……主人公だろ?お、お姫様と感動的な対面を果たす為にわざわざ王城に連れてこられたんだろ?そうだよな?そうだよね?ねぇ?

「はぁ、仕方ありませんね……」

お姫様がそう呟いた直後……パチンと指が鳴る様な音が部屋の中に響き渡った……その瞬間、俺の首元にはひんやりと冷たい2本のブレードが触れていた訳でして……
恐る恐る顔を上げてみるとそこには………

「お久しぶりですね……逃亡者さん。」

冷たい視線で俺を見下ろしながらニッコリと微笑むお姫様の姿が………なるほど、つまりフラグを建てていたのは俺の方だったという訳ですね!あっはっはっはっ!
………やっぱりこの異世界は俺に全然優しくねぇなこんちきしょうがぁ!!!!!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く