話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第142話

ボーっとしながら夕焼け色に染まった馬車の外を眺めていると、視界の先に王都の防壁が見えてきた。その直後、隊長さんが読んでいた本を閉じて俺達の顔を見まわしながら眼鏡をスッと押し上げた。

「これからこの馬車は王都の北東部に位置する宿屋に向かう事になっている。
到着した後は預けていた荷物を受け取り、我々の指示に従って部屋の中で待機をしてもらう。夕食については後ほど部下の者が説明にあがるのでそのつもりでな。」

隊長さんがそう告げてからしばらくして、俺達を乗せた馬車は巨大な門の下を通り抜けて王都の中に入っていった。それから更に数十分後、広場と大通りを走り抜けた馬車はそこそこ大きい宿屋の前で停車するのだった。

「へぇー、ここが俺達が泊まる宿屋か……結構お高そうな所だよなぁ。」

「ん?…まぁ、小さい宿屋じゃこんだけの人数を泊める事は出来ないだろうからな。ある程度の部屋数がある宿屋ってなったらこういう感じの所になるんじゃないか?」

「ふーん、そう言うもんなのか……いやぁ、それにしてもなんだか緊張してきたな!
こんな豪勢な感じの宿屋に泊まるなんて初めてだからさ!」

「そうなのか?」

「あぁ!いつもは仲間達と一緒に安い宿屋にばっかり泊まってるからな!
九条のおっさんはいつもはどんな所で寝泊まりしてるんだ?」

「俺か?俺は……」

「2人共、申し訳ないがお喋りはそこまでにしてもらえるか。」

「あっ、悪かったな隊長さん!」

「いや、謝るほどの事じゃない。」

目を閉じた隊長さんが小さく首を横に振った直後、荷台の後方にあった布がバッと開かれて2人の警備兵が姿を現した。

「それでは皆さん!これより荷物を受け取って宿屋の中に向かってください!そして部屋の鍵を受け取ったら、すぐに部屋に向かいしばらく待機をお願いします!」

警備兵の指示に従って馬車を降りて行くイケメン達の後姿を眺めた後、俺とヒイロは揃って馬車の外に降り立った。

「よっと……そんじゃあ九条のおっさん、預けてた荷物を取りに行こうぜ。」

「あぁ、そうだな。」

俺達は警備兵の人達の指示に従って馬車の列の先頭に向かうと、預けていたバッグを返してもらって宿屋の中に足を踏み入れた……うーん、高そうだって事は分かるんだけど…ミューズの街で泊まった所の方が凄いよなぁ……

「うわっ、九条のおっさん見てみろよ!すげぇ豪華じゃねぇかここ!」

「え?あ、そ、そうだなぁ……」

「や、やっぱ高いんだろうなぁ…はぁ、出来ればあいつらも連れて来たかったぜ…
こんな豪勢な所に1人で泊まるなんて、なんか罪悪感を感じちまうな……」

片目を閉じて気まずそうに後頭部を掻くヒイロを横目に見ながら、俺は別の意味で罪悪感を感じるのだった……なんか俺、凄い心が汚れてるって気がするんですけど…

「そこの2人!部屋の鍵を渡すからこっちに来てくれ!」

「あ、はい!ほら、九条のおっさんも鍵を貰いに行こうぜ!」

「あ、あぁ……そうね…」

なんか、ヒイロと一緒に居ると心がズタズタになっていく気がするんですけど……そんな事を感じながら警備兵から鍵を受け取った俺は、部屋の番号を確認してみた。
すると………

「お!九条のおっさんの部屋と俺の部屋って隣同士じゃんか!凄い偶然だな!」

「…なるほどな。」

「ん?なにがなるほど?」

「…いや、こっちの話だ。」

そうかそうか……こうやって嬉しそうに天真爛漫な笑みを浮かべて数々の女の子を攻略してきたという事か………ヒイロ、なんて恐ろしい天然タラシ系主人公なんだ!
まぁ俺は男だから絶対に攻略されないけどな!…いや、マジでフラグとかじゃ絶対に無いから!だって俺はちょっと年上で天然系の女性が大好きなんだから!!ついでに
ポニーテールであるならマジで最高だよな!うん!

「…よしっ!そんじゃあ部屋に行くか!」

「おぅ!」

自分の性癖を改めて思い出す事で心に平静を取り戻した俺は、ヒイロと一緒に階段を上がって3階に向かうと利用する部屋の前までやって来た。

「うっし!そんじゃあ早速部屋に入るとするかな!そんじゃあ九条のおっさん!
また後でか明日になるか分かんねぇけど、またな!」

「あぁ、またな。」

扉の鍵を開けて部屋の中に入っていったヒイロの姿を見送ってから、俺も鍵を開けて部屋に入っていった。

「まぁ、こんな感じだよな。」

とりあえずトイレとシャワーは個々で用意してあるし、広さも丁度いい感じだな。
それにベッドもセミダブルぐらいの大きさだし1人で使うには問題ないよな。

「……とりあえず、晩飯の時間になる前にシャワーでも浴びておくか。」

あんま風通しの良くない馬車の中に密集していたせいと、ヒイロと大将さんの心臓に悪いやり取りのおかげで大量に汗をかいたからな……早くサッパリしたい……

その後シャワーで汗を流した俺は、持ってきてたラノベを読みながらしばらく時間を潰していた。そして窓の外が完全に暗くなり始めて来た頃、警備兵が夕飯を運んできてくれたのでそれを受け取り部屋の中で晩飯を食った。

腹が満たされてから大体1時間後、警備兵が使った食器の回収にやって来た。
その際、翌日の朝9時頃に受付の前に集まる様にと指示を受けた俺は寝坊しない様に早めに就寝する事にした。

「……はぁ、いよいよかぁ。」

あーあーあー嫌だなぁー帰りたいなぁーなーんでこんな事になったんだろうねぇ?
何なんだよもう、そんなダメだったかね?ステージから逃げたってのはさぁ……
でもまぁ多分大丈夫だろ!あの鈍感天然タラシ系主人公がお姫様と知り合いになってない訳がないからな!そうきっと大丈夫!……なはずだ!
そんな期待と希望とちょっとした不安を抱えながら、俺は眠りにつくのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く