話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第138話

「・・・薄々そんな予感はしてたけど、出来れば外れて欲しかったなぁ・・・・!」

「何をぶつぶつと言っているのか分からんが、早く支度を済ませてくれるか。」

玄関先で気品漂う鎧に身を包んだ男からそう言われた俺は、振り返ってやっぱりな的な感じのリアクションをしてる皆を見ながらここに至る経緯を思い出していた。

「・・・ふぅ・・・・朝になったか。」

今朝、ベッドの中で自然に目覚めた俺はぼんやりとした頭で起き上がるとカーテンを開けて外の景色を真っ先に確認してみた。

「・・・よしっ、特に誰も来てないみたいだな。」

そんな当たり前のことにホッとため息を吐いた俺は着替えを持って部屋を出ると、シャワーを浴びてサッパリした後にリビングへと向かった。

「あ、おはようございますご主人様!」

「おはよう。」

「あぁ、おはようマホ、ソフィ・・・よっこいせっと。」

エプロン姿で朝食を作っている2人に挨拶を返しながら椅子に座ると、マホが紅茶を淹れて俺の前にそっと置いて来た。

「あんがとよ・・・うん、美味い。」

「ありがとうございますご主人様!それにしても珍しいですね、食事の当番でもないのに起きて来るなんて・・・何か起きそうですね。」

「おいこら、それは昨日のフラグどうのこうのって話か?」

「勿論ですよ!ご主人様はなにかとそういう事に巻き込まれやすいので、何か起きるとしたら今日辺りにでも・・・!」

「ふ、不吉な事を言うんじゃない!いいか!昨日も言ったがフラグなんて物は現実には存在しないんだよ!」

「・・・また1つ、フラグが構築された。」

「黙らっしゃい!そんな物は構築されてないから、朝飯を作る事に集中するんだ!
俺は腹が減ってしょうがないんだからな!」

「はいはい分かりましたよー・・・それじゃあソフィさん、お腹ペコペコのご主人様の為に急いで朝食を作っちゃいましょうか。」

「了解。それじゃあマホはサラダお願い。」

「はい、任せてください!」

笑顔で朝食づくりに戻った2人の背中を見ながらため息を吐いて紅茶に口を付けた瞬間、ロイドが微笑みながらリビングに入ってきた。

「ふふっ、朝から随分と賑やかだね。」

「あ、ロイドさんおはようございます!」

「おはようロイド。」

「あぁ、おはよう2人共。それと九条さんもおはよう。」

「あぁ、おはようさん。」

椅子の背もたれに寄りかかりながら挨拶を返すと、ロイドはそのまま俺の前の椅子にスッと座ってこっちをジッと見てきた。

「・・・どうした?」

「いや、朝食当番でもない九条さんが私よりも先に居るのが珍しくてね。これは何かが起きる前兆なのかな?」

「ははは・・・同じ様な事をマホにも言われたわ。」

「おやおや、それはそれは・・・」

「ったく・・・さっきもマホに言ったが、フラグ的な事は現実的にありえな」

俺がフラグを全否定しようとした瞬間、ガンガンガンと玄関の扉が力強く叩かれる音が聞こえてきた・・・・その瞬間、リビングには静寂が訪れて・・・

「ソフィさん、朝食づくりをお弁当作りに変更しましょう。」

「うん、そうだね。」

「いやちょっと待てぇい!まだそうだと決まった訳じゃないから!だからテキパキと弁当を作るのを止めろ!」

朝食の為に用意されたおかずを弁当箱に詰める2人を止めている間にも、玄関の方からはノック音が響き渡って来ていた!だがまだだ!まだ俺は現実を認めないぞ!
きっとこのノック音は、荷物を届けに来た配達員がしているだけに違いないんだ!

「と、とりあえず出てくるから弁当作らずに朝食の用意をしておけよ!」

「はーい!・・・さぁ、やっちゃいましょうか。」

「うん、急がないと。」

「ならば、私も手伝うとしようかな。」

なんでこんな時に限って一致団結してんだよ?!畜生!こうなったらお前らの言うフラグってのを俺がへし折ってやるぜ!・・・ってな感じで順調にフラグを構築して玄関の扉を開けると、胸に目立つ模様が彫り込まれた気品のある鎧を着た人達がずらっと並んで立っていた訳でして・・・・

「え、えっと・・・・どちら様で?」

俺がそう尋ねた瞬間、ひと際目立つ鎧を身にまとった深い緑色の髪色の眼鏡の知的なイケメンが俺の前にやって来た・・・そしてビシッと姿勢を正すと、何やら紙の様な物を俺の前に掲げてきた。

「申し訳ないが、国王陛下の命により黒髪黒目で20代から40代の間と見られる男は我々と共に来てもらう事になっている。悪いが、急いで身支度を整えてついて来てもらおうか。」

知的イケメンの言葉を聞きながら口をあんぐり開けて掲げられている紙に書かれている文字を読んでみると、確かにそれらしい事が書かれていたってな訳で・・・・・
こうして、俺の現実逃避にも似た回想は終わったのだった・・・やっぱ、フラグって存在するんだったね!すっかり忘れていたよこん畜生!

「あの、おじさんはどれぐらいで帰って来られますか?」

フラグに対して油断していた自分自身に馬鹿じゃねぇのか?・・・・そう自虐していると、マホが俺の隣をすり抜けて知的イケメンにそう尋ねていた。

「そうだな・・・早ければ3日後、長くかかる場合は1週間以上かかるだろうな。
もしも帰りが長くなる場合は、こちらから連絡するのでそれを待っていて貰おう。」

「なるほど、そういう事でしたら安心ですね!それでは!」

笑顔でそう返事をしたマホはそのまま俺の部屋に入っていってしまった・・・その次に、ロイドが俺の隣をすり抜けて知的イケメンの前に立った。

「訪ねたい事があるのだが、貴方達が捜している黒髪黒目の男は何らかの罪に問われているのか?」

「いや、そうではない。我々が黒髪黒目の男を探している理由は、国王陛下と姫様がその容姿の男を連れて来いと命令されたからだ。」

「なるほど・・・良かったね九条さん、これで捕まる心配はしなくて良さそうだ。」

ロイドはそう言って俺の肩をポンッと叩くと、そのままリビングに戻って行った。
・・・その後に、今度はソフィがやって来て俺の顔を見上げる様にジッと見てきた?

「ど、どうした?」

「お土産よろしく。」

それだけ言うと、ソフィはロイドの後に続いてリビングに戻って行きやがった!
いやどんだけマイペースなんだよあの子は!?・・・いや、普通に考えたらいつもの感じと変わらねぇな。

いつも通りの皆の様子に少しだけ冷静さを取り戻していると、俺の部屋から着替えの入ったバッグを持ったマホが出て来た。そしてリビングからは弁当を持ったソフィと俺の財布を持ったロイドがやって来た。

「それじゃあおじさん!王都で色々あると思いますが、頑張って来てくださいね!
あ、危険な事とかして怪我とか絶対にしないでくださいよ!帰ってきて、怪我をしてたらお説教ですからね!分かりましたか!」

「これ、朝食を詰めたお弁当。帰って来たら感想きかせて。」

「それじゃあ九条さん、お土産の件は頼んだ。期待しているからね。」

俺が帰って来る事を信じて疑っていない皆の事を見ながら、着替えの入ったバッグを受け取ると弁当と財布をその中にしまい込んだ・・・そして、後頭部を軽く掻きながら苦笑いを浮かべると・・・

「はぁ・・・分かったよ。怪我せず弁当食ってお土産買って帰りゃいいんだろ・・・そんじゃあ、行ってきます。」

「行ってらっしゃい!」
「あぁ、行ってらっしゃい。」
「行ってらっしゃい。」

3人に見送られた俺は家を出ると、知的イケメンと数人の王家直属の警備兵と一緒に王都に向かう事になった・・・ってか、すぐ帰れるはずだよな?なぁ?

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く