話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第132話

ダンジョンを攻略した次の日、俺達はエルアと街を散策する為に朝早くから斡旋所の前で待ち合わせをしていた。

「皆さん、おはようございます!」

「あぁ、おはようエルア。」

「おはようございます、エルアさん!」

「おはようエルア。昨日の疲れが残っていない様で何よりだよ。」

「うん、それに首元の怪我も綺麗に治ってるみたいで安心した。」

「あ、はい!すぐに傷薬を塗ってもらったおかげなのか、朝起きる頃には傷跡が無くなっていました。」

「そうだったのかい、それは良かったね。」

微笑むロイドと嬉しそうに笑うエルアの事を見ながら、俺はホッと胸を撫で下ろしていた・・・何故なら、これで俺の身の安全が保障されたって事だからな!いやぁ、良かった良かった!

「よしっ!そんじゃあそろそろ出発するとするか!」

「おや、随分と張り切っているね九条さん。何か良い事でもあったのかい?」

「まぁ、ちょっとした事だよ!それよりエルア、何処か行きたい所とか無いのか?
リクエストがあるなら聞くぞ。」

「え、い、良いんですか?」

「おぅ!皆もそれで良いんだよな?」

「はい、勿論です!」

「そうだね。だって今日はエルアの行きたい所に行く日だからね。」

「うん、今日はその為に集まった。だから何処に行きたいのか教えて。」

「は、はい!それじゃあ、えっと・・・・僕、皆さんに教えて貰った本屋さんに行きたいです!」

「・・・本屋?」

「はい!実は皆さんにお勧めしてもらった本がとても面白かったので、他にもお勧めがあったら教えてほしかったんです!・・・ダメですか?」

「ぐっ!・・・だ、ダメな訳ないだろ?そ、それじゃあ本屋に行くとしようか。」

不安そうに首を傾げて上目遣いをしてくるエルアの可愛さに息の根を止められそうになりながら、俺は何とか笑顔を作り返事をするのだった・・・いや、マジでエルアの不意の可愛さってのは危なすぎる・・・!だって、他の皆ときたら・・・

「ダメだ、ここで暴走しちゃダメだ・・・エルアの最後の思い出に私の醜態を晒す訳には行かない・・・!」

「もう!エルアさん可愛すぎですよ!」

「え、え?」

「安心してください!エルアさんにピッタリの本をバッチリお勧めしますからね!」

「うん、任せて。」

「あっ!エルアに抱き着くなんてずるいぞ2人共!こうなったら私だって!」

「え、え、え?」

エルアの可愛さの暴力に何とか耐えようとしていたロイドだったが、マホとソフィがそれに耐えられずエルアに抱き着くのを見て我慢出来なかったのか同じ様にエルアに抱き着いていった・・・・・あれ?急速に俺の居場所が消えていくぞ?

「あ、あの九条さん・・・申し訳ないんですが、助けて頂けると・・・!」

3人に抱き着かれて恥ずかしそうに顔を赤くするエルアから助けを求められた俺は何とか皆を引き離すと、それぞれの頭に軽くチョップをして冷静さを取り戻させた。

「全く、エルアを困らせるなってんだよ。」

「す、すまない・・・随分と久しぶりだったから自制出来なかった・・・」

「ぶぅ・・・エルアさんが可愛すぎるのがいけないんですぅー。」

「マホの意見に同意。エルアが悪い。」

「え、えっと・・・な、何だからすみません・・・」

「いや、エルアが謝る事じゃねぇからな。それよりもほら、こんな事して時間が潰れてっても良いのか?」

「あっ、そうでした!早く本屋さんに行って、エルアさんにお勧めの本を教えないとですよね!」

「・・・うっかり。」

「そう言えばそうだった、すまないエルア。こうなったら、本気でお勧めさせてもらうとしようか。」

「何なんだよ本気のお勧めって・・・まぁ、正気に戻ってやる気に満ちてるなら別に良いんだけどさ。そんじゃあ、とっとと行くとするかね。俺もエルアにお勧めする本を探さないといけないしな。」

「九条さんがお勧めしてくれる本・・・どんな本なんですか?」

「ん?まぁ何て言うか・・・あえて言うなら王道系かな。」

「王道系、ですか?」

「あぁ、ヒーローが頑張るそういう感じだ。皆はどんな感じの本をお勧めするんだ?被らない様に一応そこら辺は聞いておきたいんだが。」

「私は女の子が頑張る系です!」

「私のお勧めする本は少し堅めかな。」

「私のは戦闘多め。」

「なるほど。だとしたらソフィと少し被りそうだから、本屋に着いたら相談だな。」

「分かった。」

「よしっ、そうと決まれば行くとするか・・・って、何度目だこのセリフ・・・」

「あはは・・・それじゃあ行きましょうか。」

こうして本屋に向かった俺達はそれぞれお勧めの本を選んでくと、ダンジョン攻略の報酬を使ってその本をエルアにプレゼントするのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く