話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第125話

エルアが飛び出してからしばらくして、何とか正気を取り戻したエルアの親父さんは震える手でティーカップに入った紅茶を一気に飲み干すと悲痛な面持ちで俺に頭を下げてきた。

「すまなかったな九条さん。突然やって来て大騒ぎした挙句に、こいつなんて言ったりしちまってよ。」

「あぁいえ、それは大丈夫なんですけど・・・エルア、出て行っちゃいましたね。」

「そ、そうだな・・・ぐっ・・・・」

親父さんはうめく様な声を出すと膝の上で震えるぐらい握り拳を強く握っていた。
そんな様子を隣から見ていたスキンヘッドが、心配そうにしながら俺の方に視線を向けてきた。

「その、九条さん。お仲間達がお嬢の後を追ってくれましたが、大丈夫でしょうか?なんならウチの連中に指示を出してご一緒に・・・」

「いや、それは止めといた方が良いと思いますよ。もしそんな事したら、自分を探すのに部下の人を使ってお父さんは探しに来ないんだ!ってなって更にこじれる可能性がありますから。」

「な、なるほど。それじゃあ親父が直接・・・って、訳にはいきませんよね。」

「あれだけ言い合った後ですからね。エルアも顔を合わせづらいと思いますよ。」

「ですね・・・分かりました。ここは九条さんのお仲間達が無事にお嬢を連れ戻してくれる事を信じたいと思います。」

「えぇ、そうして頂けると助かります。」

・・・この言葉を最後にして、リビングにはなんとも言えない沈黙が流れ始めた。
まぁ、あんな事があった後だしお互い初対面だからしょうがないんだけど・・・空気が重たすぎる!と、とりあえず何か話題を振ってこの空気をどうにかしないと!
そう思って頭を悩ませていると、ある事が頭の中にふっと浮かんできた。

「・・・あの、ちょっと聞きたいことがあるんですが良いですか?」

「聞きたい事?一体何なんだ?」

「その、まだ名前を聞いてなかったなと思って・・・」

「名前・・・あぁ、そう言えば名乗ってなかったな。悪い、すっかり忘れてた。」

エルアの親父さんは軽く咳払いをすると、膝に手をついて姿勢を正すと自己紹介を始めた。

「俺は『ニック・ディムルド』。ディムルド警備商会ってのを運営してる。
そんでこっちに立ってるのは『サブ』・・・俺の右腕みたいな奴だな。」

ニックさんに紹介されたサブさんは、無言のままこっちを見て静かに頭を下げた
・・・警備会社の運営をしてるって事は、そこの社長って事で良いんだよな?そりゃエルアが利用してる宿屋が凄くなるはずだよ・・・って、あれ?

「あの、ちょっと聞きたいんですけど・・・エルアが使ってる宿屋って、ニックさんが予約したんですよね?」

「あぁそうだが・・・それがどうかしたのか?」

「あの、その時に今回の事をエルアから聞いてますよね?」

「・・・今回の事?」

「えぇ、冬休みになったら俺の弟子になって強くなるとかってそういう話をです。
それを話した後に、あの宿屋を予約してもらったってエルアが言ってましたよ?
なのにどうして急にエルアの事を連れ戻しに来たんですか?もし反対するなら最初から宿の予約をしなければ良かったのでは?それとエルアの言葉遣いが男の子っぽくなったからって、それを理由に連れ戻すのは無理がある気がするんですけど・・・」

「そ、それはその・・だな・・・」

「それとですね、エルアが強くなりたい理由に母親を護る為ってのがあったと思うんですけど何か心当たりとかありますか?」

「え、えっと・・・」

出会った当初に抱いていたニックさんへの恐怖心が消えた俺は、浮かんでくる疑問を次々と尋ねていった。すると、ニックさんは頭を掻きながらゆっくりと俺の質問に答え始めた。

「その、エルアを連れ戻そうとした理由はだな・・・報告書に、エルアがクエストの途中で負傷したと書いてあったからだ。」

「・・・報告書?」

なんかロイドの実家とかでしか聞いたことが無い言葉が聞こえてきたので、思わず聞き返してみるとサブさんが申し訳なさそうな表情を浮かべて頭を下げてきた。

「・・・すみません。実は数日前からお嬢がどんなクエストを受けているか、そしてどんな特訓をしているのか親父に報告させてもらっていました。」

「えっ!そ、そうなんですか?」

「あぁ、もしエルアの師匠となった奴がとんでもない野郎で特訓と称してふざけた事をしでかしたら・・・やろうと思ってな。」

「な、なるほど・・・」

こ、怖すぎるんですけど!!てか、しでかしたらの後の声が小さくて何言ってるか聞こえなかったんですが!?何されるの!ふざけた事したらなにされるの!?

「まぁそんな心配は全くと言って良いほど無駄だったがな。報告書には真面目に特訓してクエストに向かうエルアの事や、それを親身になって支える九条さん達の事が書かれてあるだけだったからな。」

「そ、そうですか・・・あれ、じゃあどうして急にエルアを連れ戻そうと?さっき、負傷したって言ってましたけど」

「それだよ!」

「うおっ!」

大きな声を出して突然立ち上がったニックさんに驚いていると、サブさんが静かにニックさんを落ち着けて再びソファーに座らせた・・・てか、すげぇなサブさん。
さっきのニックさんに驚く事も無く冷静に対処してるんだが・・・もしかして、こういう事が何度もあったのかしら?・・・・って、そうじゃなくて。

「あの、それだよってどういう・・・・」

「だから負傷の事だ!しただろエルアが大事な顔に負傷を!」

「は、え?」

「・・・九条さん、こちらを。」

ニックさんの言葉に困惑しているとサブさんが俺の方に近寄ってきて、1枚の紙を手渡してきた。何かと思って見てみると、そこには数日前のクエストでの行動が事細かに書かれていた・・・ってか、マジで細かいな!どのタイミングで誰が攻撃したとかまで書いてあるんだが・・・すげぇ・・・

「さぁ、その報告書に書かれている最後の備考欄を読んでみろ!」

「あ、はい。えっと、モンスターの攻撃によりお嬢の顔に小さな切り傷を確認。
幸い傷は浅く、薬のおかげで傷跡が残る事は無かった。」

「どうだ!これで分かっただろう!俺の天使が負傷したという事が!」

「まぁ、理解はしましたけど・・・あの、マジでこれがエルアを王都に連れて帰ろうとしてる理由ですか?」

「そうだ!何か文句あるか!?」

「いや、文句って言うか・・・正直、心配し過ぎかなって思わなくもなくは・・・」

「あぁ?!何か言ったか!?」

「ひぃ!?べ、別に何も!」

「・・・親父、九条さんを怯えさせないでください。」

「・・・けっ、親が娘の心配して何が悪いってんだ!それに今回エルアに付けられた傷が浅かったから良かった様なものの、深く傷つけられたらどうするってんだ。
エルアは女の子なんだぞ・・・顔に傷が残ったらどうするってんだ・・・」

俺の賛同も得られずサブさんにたしなめられたニックさんは、ふてくされる様に座ると腕を組んでそっぽを向いてしまった。

・・・ニックさんの気持ちも分からなくはない。自分の可愛い娘の顔に傷が残るかもしれないって恐怖を感じたら、そりゃ何が何でも連れ戻したくなるだろうさ。
でも、だからって無理やり連れて帰るのは違うと思うんだよなぁ・・・

「・・・ニックさん、ちょっと見せたい物があるので少し待っててもらえますか?」

「・・・」

特に異論も反論も聞こえなかったので肯定と受け取った俺は、立ちあがって玄関に向かうとある物を手に取りそれを持ってリビングに戻った。

「・・・ニックさん、これに見覚えはありますか?」

「あ?・・・・・そ、それは・・・」

「そうです。ニックさんがエルアに送った盾とショートブレードです。」

俺は手に持っていたエルアの装備品を良く見える様にニックさんの前に置いた。
・・・にしても、よくもまぁ1週間そこらでここまでになった物だな。

「・・・ど、どうしてこんな傷だらけに・・・」

「そんなの決まってるじゃないですか。エルアが頑張ったからですよ。」

「エ、エルアが?」

「そうです。毎日毎日この2つを使って特訓と訓練を繰り返した結果ですよ。
って言うか、報告書で見てたんですよね?エルアが毎日頑張っているのを。」

「た、確かにそうだが、こんな・・・」

ニックさんは驚きを隠せないまま盾についている無数の傷を優しく撫で始めた。
ふぅ、最初に見た時はすごく綺麗だったのにここまで傷だらけになるとはな。
どんだけ特訓してんだっての。まぁ、ロイドとソフィが手を抜かずに特訓してる成果でもあるんだろうけどさ。

「・・・まぁこれを見せてどうこうって訳じゃないですが、もう少しだけエルアの事を信じてあげても良いんじゃないですか?」

「・・・」

「エルアの強くなりたいって意志は本物です。それにエルアは、この盾と武器を凄く大切に思っているみたいですからね。」

「・・・こ、この盾と武器をか?」

「はい。だってエルアが最初に俺にお願いしてきたのは、この2つを使っての戦い方を教えて欲しいって事でしたから。何でも、王立学園に入学する時に父親から貰った物だからって・・・」

「・・・そうか・・・そうだったな。」

ニックさんは昔を懐かしむような表情を浮かべて、盾に出来てる傷を確かめる様に何度も触っていた。

「・・・他所のご家庭の事に口を挟むのはどうかと思いましたが、その・・・エルアの事をもう少しだけ見守っててもらえませんか?せめて、この冬休みが終わるまでの間だけでも構いませんので・・・お願いします。」

俺はニックさんに向かって深々と頭を下げた。今日まで頑張ってきたエルアの努力を無駄にしない為にも・・・師匠としてきちんとお願いしないといけないからな。

「・・・九条さん、頭を上げてくれ。」

ニックさんにそう言われた俺は、何も言わずに黙って顔を上げた。
するとそこには、外していたサングラスをかけて立ち上がっているニックさんの姿があった。

「・・・娘の事、頼んだぞ。」

「ニ、ニックさん!」

「・・・返事、聞かせれくれ。」

「あ、はい!エルアの事は任せてください!」

「おぅ・・・行くぞ、サブ。」

「はい。それでは九条さん、私達は失礼させていただきます。」

サブさんはお辞儀をしてそう言うと、リビングの扉を開けてニックさんを先に玄関に向かわせた。その後に続き、サブさんも出て行ってしまった。

「・・・・ふぅ・・・」

あー何だろうなぁ・・・一気に脱力感が襲ってきたんだが・・・・マジで疲れた。
そう思ってソファーに座りこもうとした瞬間、玄関の方からドタドタと足音が聞こえてきて扉が物凄い勢いで開かれてニックさんが戻ってきた!?

「良いか!本当に任せたからな!エルアの顔に傷跡なんか残してみろ!ぶっ殺してやるからな!」

「親父!なにしてるんですか!?その話は終わったでしょうが!さぁ、王都に帰りますよ!仕事ほっぽり出して来てるんですから!」

「えぇい離せサブ!俺はまだ伝えたい事が山ほど!あぁ畜生!絶対に傷つけたりするんじゃねぇぞこの野郎!!!分かったなぁ!!!」

・・・こうして、ニックさんはサブさんに引きずられる様に家から出て行った。
残された俺はと言うと・・・突然起こった事に呆然としながらエルアを護らなくては自分が死ぬという事を改めて認識しながら自然と震えていたとさ・・・・

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く