話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第122話

斡旋所でクエストの報告を終えた俺達は、報酬を受け取ったついでにダンジョンの様な構造をした氷の屋敷が一体何だったのか受付に居たお姉さんに聞いてみた。

「特殊な条件下にのみ出現する特殊なダンジョン・・・ですか?」

「はい。皆さんが発見した氷の屋敷は、雪が降る場所に時々出現する事がある特殊なダンジョンなんです。ですが何処に出現するのかわかっていませんので、発見出来た皆さんはとっても運が良いと思いますよ!」

テンションが高くなったお姉さんに愛想笑いをしながら、俺はダンジョンについて色々と質問してみる事にした。

「えっと、そのダンジョンってどれぐらい出現してるもんなんですかね?雪が止むとすぐに消えるんですか?」

「いえ、これまであった報告をみる限り雪解けする直前までは存在している様です。ですので、そのダンジョンの消失が季節の変わり目になっていると言われてるみたいですね。」

「ふむ、なるほどね。それじゃあしばらくの間はあの場所にあるって事か。」

「はい、情報通りならそうなりますね。それとダンジョンの適正レベルなんですが、3~5のどれかみたいですね。」

「みたいって、随分と曖昧なんですね。これまで行った事のあるダンジョンって適正レベルが決まってる様な感じでしたけど。」

「それなんですが、皆さんが発見したダンジョンは内部に出現するモンスターの強さが毎回変化している様なんです。」

「だ、だから3~5っていう事なんですか?」

「これまでに確認されたモンスターから考えると、そうなりますね。」

「そうですか・・・ありがとうございました。それじゃあこれで失礼します。」

「はい、皆さんお疲れ様でした。またのご利用をお待ちしておりますね!」

・・・なんか知らんが期待される様な感じの視線を感じた俺は、さっきと同じ様に愛想笑いを浮かべると皆と一緒に斡旋所の外に出た。そして休憩がてら家に戻る為に少しだけ雪の積もった道を歩き始めた。

「それにしても、まさか特殊なダンジョンを見つける事になるとはね。流石、強運の持ち主である九条さんだ。」

「いや、だったらもっといい感じの事に運を使いたかったんだが・・・」

「とっても良い事。滅多に見つからないダンジョンを見つけたんだから。」

「・・・まぁ、ソフィにとっては良い事なんだろうな。」

やだ、この子ダンジョンに挑む気満々じゃないですか!もうやる気に満ち溢れてる感じがビシビシ伝わってくるんですけど!どうせボスと戦うのが楽しみとか思ってんだろ!なんて分かりやすいんだろうね!・・・いや、マジでどうしよう。

「え、えっと皆さん・・・少しだけ良いですか?」

「ん?どうかしたのかエルア?」

ダンジョンに挑むかそのまま放っておくかで悩んでいると、エルアが後ろから声をかけてきた。振り返ってみると、真剣な表情のエルアが立ち止まったまま俺達の事を見ていた。

「あ、あのですね・・・僕・・・あのダンジョンに、挑んでみたいんですが・・・」

「え、あのダンジョンって氷の屋敷のやつか?どうしてまた?」

「えっと、それはですね・・・皆さんに教えてもらった事をきちんと身につけられたかどうか、確認するのにピッタリだと思ったからです・・・」

(教えてもらった事って、ロイドさんとソフィさんが教えた盾を使った戦い方と魔法の扱いについてですよね。)

(まぁ、そうだろうな。だって俺が教えてるの料理だけだしな。)

(確かにそうですね。でもご主人様の指導のおかげで、エルアさんの料理の腕は上達してきてますから自信を持ってくださいね!)

(そうか?なら良かったって、そんな事はどうでも良くてだな。)

マホに褒められて少し舞い上がった心を落ち着けて、俺は脱線してしまった思考を元に戻してエルアに意識を向けた。それと同時ぐらいに、ロイドは考え込む様に腕を組んで顎に手をあてた。

「ダンジョンで特訓の成果の確認か・・・いい考えかもしれないね。」

「うん、適正レベルも頑張れば何とかなる。」

「そうだね。エルアが帰るまでまだ2週間ほどあるから、その間にレベルを4にしてダンジョンに挑むとしようか。九条さんもそれで良いかい?」

「え、あぁ・・・そうね・・・」

「・・・あの、もしかして九条さんは反対・・・でしょうか?」

皆の意見を聞いても覚悟がまだ決まっていない俺の返事を聞いたエルアは、何とも言えない表情のまま目の前までやって来ると俺の顔を見上げてきた。いや、至近距離で改めてエルアの顔を見ると本当に・・・って、違う違う!そうじゃなくて!

「えっと、別にそんな事は無いんだが・・・」

「えっと、九条さんが反対するなら、僕はその指示に従います。実力が足りないって言うのは、僕が一番分かっていますから・・・」

エルアは胸の前で手をギュッと握るとうつ向いてしまった・・・うん!可愛い子にお願いされて断れる様な精神を俺は持ち合わせていなかったね!相手男の子だけど!

「・・・分かった、俺も皆の意見に賛成だ。エルアがレベル4になったらダンジョンに挑むとしよう。」

「・・・ほ、本当ですか?」

「あぁ本当だよ。だからまぁ、頑張って強くなってくれよ。ボス戦って、レベル関係なくヤバいからな。」

「は、はい!分かりました!」

「ふふっ。九条さんの同意も得られた事だし、ダンジョンに挑む準備を始めるとしようか。エルア、少し特訓も厳しめで行くけどちゃんとついて来るんだよ。」

「も、勿論です!頑張って強くなります!」

「その意気。」

(おぉ!何だかワクワクして来ましたね!これはご主人様もロイドさんとソフィさんに負けない様にしないといけませんよ!)

(・・・うん、負けない様にって俺は料理しか教えてないから。しかも上達が早すぎて既にお役御免になりつつあるから。)

(だからこそ頑張るんです!・・・色々と!)

(あぁ、具体案は無い訳ね・・・)

マホの何とも言えない励ましを受けた俺は、この後の特訓について話しあう3人の背中を見ながら師匠としての立場に危うさを感じるのだった・・・てか、エルアより俺が頑張らないといけないじゃねぇか!師匠としてよぉ!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く