おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第109話

「さて、腹も膨れた事だしこれからどうする?って、フラウさんはまだ大丈夫か?」

「はい。夕刻頃まではお付き合いできますので。」

「そうか、じゃあ日が暮れだしたら解散だな。そんじゃあそれまでどうするか・・・何処か行きたい所がある奴いるか?」

「私、闘技場に行きたい。」

「闘技場?」

「うん、この前は行けなかったから行きたい。ダメ?」

「いや、俺は別に良いぞ。皆はどうだ?特に意見が無いなら闘技場に向かうけど。」

「私は問題ありません!」

「私も同じく。」

「私も是非行ってみたいです。王都の闘技場には興味がありますから。」

「よしっ、それじゃあ意見もまとまった事だし案内頼んだぞ。」

「任せてください!・・・とは言っても、この十字路を真っすぐ行くだけなんですけどね。」

そう言って指さしたマホの視線の先には・・・うん、遠すぎて良く見えないが何か宮殿みたいな建物が見えるなっていうかさぁ。

「あそこに行くまでかなり距離があると思うんだが・・・時間的にどんくらいかかるんだ?」

「そうですね。歩いて大体40分前後ですかね?」

「げっ、そんなに時間かかるのか?」

「そりゃそうですよ!街を一直線に横断する感覚に近いですからね!」

「・・・なぁ、提案なんだが」

「さぁ皆さん!ぐずぐずしてたら時間がもったいないですよ!早速行きましょう!」

闘技場に行くのは諦めてそこらへんでお茶でもしないか?・・・何て甘えた考えはマホに一瞬で見破られてものの見事に潰されたとさ・・・それに・・・

「そうだね。馬車に乗り続けて体がなまっていたから丁度いい運動になりそうだ。」

「ぱぱ居ると良いけど。」

「えっ、ソフィさんのお父様は闘技場で働いているんですか?」

「うん。Bランクの王者をしてる。」

「そうなんですか?それは是非会いしてみたいですね。闘技場の事も詳しく聞けそうですし。」

「うん。会えたらお願いしてあげる。」

「ふふっ、ありがとうございます。」

誰もこの長い距離を歩く事に不満を持ってる奴がいないんだよなぁ・・・はぁー
嫌だなぁ・・・長い距離歩きたくないなぁ・・・でもそんな不満を堂々と言える程
俺の肝は据わって無いんだよね!それにソフィの親父さんがどんな人なのか少しだけ興味あるし!・・・まぁ、娘がお世話になっている様で!っつって殴られる可能性が無きにしも非ずなので・・・出来れば会いたくないんだよね!

とか何とかぐちゃぐちゃ考えながら最後尾を歩き続けて数十分、俺達は大通りが
途切れた所にある巨大な掲示板の前に立ちながら周囲を見渡していた。

「ふぅ・・・なぁマホ。1つ聞いて良いか?」

「はい、何ですか?」

「何で・・・バカでかい建物が3つもあるんだ?」

呆然としながら掲示板の向こう側に視線を送ると、圧倒的な存在感を漂わせる宮殿みたいな物が建っていた。そしてその宮殿に続く道を挟む様に、左右に闘技場が存在していた・・・え、何の意味があるんだこれ?

「ふむ。掲示板に載っている案内図によると左側にあるのがDランク闘技場で、右側にあるのがCランクの闘技場の様だね。そして一番奥に見えるのがBランクの闘技場らしいね。」

「す、凄いですねソフィさん!だってソフィさんのお父さんはあんな凄い場所で
戦って王者になったって事ですもんね!」

目をキラキラさせて詰め寄ったマホを見ながら、ソフィは腰に手を当てて静かに
ドヤ顔をしていた・・・ど、どうしよう、まさかそんな凄い人だとは全く持って想像してなかったんだが!?あんな所で王者やってるとかどんだけの実力者だよ!?

「・・・あら?皆さん掲示板にある予定表を見てください。」

「ん?どうかしたのかい?」

「いえ、このBランクの闘技場の予定表なんですが・・・・」

ソフィの親父さんにあったら瞬殺されるであろうという恐怖心に頭を抱えて震えていると、フラウさんが掲示板を指さしながら不思議そうな声をあげた・・・?
何事かと思って皆と一緒に掲示板を見てみると、DとCランクの闘技場で催されるイベントの事は予定表に載っていたのにBランクの予定表には何にも無かった。

「あれ、これってどういう事でしょうか?」

「・・・分からない。ぱぱから何も聞いてないから。」

「ふむ、気になるな。どうしてBランクの予定表だけ?」

「うーん・・・とりあえずBランクの闘技場にある受付に行ってみるか。多分誰か
いるだろ。」

「そうですね。ここで悩んでいても解決しませんし、ここは九条さんの案に乗って
行ってみましょうか。」

そうして俺達はBランク闘技場に続く大きくて広い通りを歩いて階段を上がると、闘技場の中に足を踏み入れた。闘技場の中は・・・もう、何かもう、凄いとしか言いようが無いんだが?だって何もかもが最新!って感じの造りをしていて、俺達が住む街にある闘技場とは比べ物にならないんですが!?こ、これが王都の闘技場!
・・・俺達が戦った闘技場も改修工事とかしねぇかなぁ・・・とか思いながら奥に進んで行くと通路の奥からお姉さんがやって来て笑顔で俺達を出迎えてくれた。

「いらっしゃいませ、闘技場へようこそ。誠に申し訳ございませんが、当闘技場は
現在イベントを行っておりません。ですので」

「あぁ、いえ。実はその事について聞きに来たんですけど。」

「・・・はい?」

不思議そうに俺達を見つめるお姉さんに向かって行った俺達は、どうして運営を行っていないのか聞こうとしたのだが・・・

「あ、あら?もしかして・・・ソフィ様ではありませんか?」

「え?・・・そうだけど。」

「あぁやっぱりそうでしたか!」

お姉さんはソフィの返事を聞くと小さく飛び跳ねる様に片足を上げて満面の笑みを浮かべていた?・・・どういう事だ?お姉さんはソフィを知ってるっぽいけど、肝心のソフィは全くの初対面っぽいんだよな。

そう思ったのは俺だけではなく、どうやら他の皆も同じ様に疑問に感じているみたいだ。そんな俺達の様子を見たお姉さんは、慌てた様にたたずまいを直すと背筋を伸ばして丁寧にお辞儀をしてきた。

「失礼しました。ガドル様からソフィ様のお話をよく聞かせて頂いていましたので、初めてお目にかかれてつい浮かれてしまいました。」

「・・・ガドル様?」

「ぱぱの名前『ガドル・オーリア』。」

「あっ、なるほど。親父さんそういう名前だったのか。」

「それでソフィ様、本日はどの様なご用件でいらっしゃったのでしょうか?」

「ぱぱに会いに来た。何処に居るの?」

ソフィがそう聞くと、お姉さんはバツが悪そうな表情を浮かべると突然深々と頭を下げてきた。そして顔を上げると申し訳なさそうな表情をしていた。

「・・・申し訳ございません。ガドル様は只今、国王様からのご依頼で王都の外に
行っております。」

「こ、国王からの依頼?」

「そ、それってどんな感じの物なんですか!?ていうか、どうしてソフィさんの
お父さんに国王様から直々に依頼が来るんですか!?」

「依頼については私も詳しくは存じませんが、何でも王都周辺に自我を失った凶暴なモンスターが出現するとの事でその調査と討伐の依頼が来たらしいです。
それとガドル様は王都で1,2を争う実力者ですので、度々こういった依頼がやって来るんですよ。」

「はぁ、Bランクの王者ともなると国王から直々に依頼が来るのか・・・凄いな。」

「いやそんな事はどうでも良くて!折角ソフィさんが会いに来たのに・・・いつ頃
帰るか分かりませんか?」

「申し訳ございません。つい先日旅立ったばかりですので、いつお帰りになるのかは分からないんです。」

「そ、そうですか・・・」

マホは本当にがっかりした感じでしょんぼりしながらソフィの事を見た・・・まぁ折角会いに来たのにすれ違いになったってんじゃなぁ・・・どうしたもんか。

「・・・分かった。じゃあ手紙を書いてくから後で渡して。」

「え、あ、はい!少々お待ちくださいね!今、書ける物をご用意しますので!」

ソフィの言葉を聞いてお姉さんは駆け足で通路の奥に行ってしまった。その後ろ姿を見送った後、ソフィは振り返って俺達の事を見てきた。

「残念。居なかったみたい。皆に紹介したかった。」

「・・・え、感想それだけ?」

「?」

「いや、そんな不思議そうに首を傾げられても困るんだが・・・えっと、会えなくて寂しいとかそういった感情は・・・」

「特にない。会えないならしょうがない。手紙を書いたら早く遊びに行こう。」

「あぁ、そうですか・・・」

・・・まだ会った事も無いソフィの親父さん・・・何か、同情します・・・・
心の中でソフィの親父さんにエールを送っていると、お姉さんが紙とペンを持って
戻ってきた。それを受け取ったソフィは1分足らずで内容を書き上げると、それを
お姉さんに渡してそのまま闘技場の外へと歩いて行ってしまった。

戸惑うお姉さんはそのまま受け取った紙に書かれた文字を読むと、何とも言えない表情で俺達に視線を送ってきた。俺は皆と互いに顔を見合わせると、悪いと思いつつ紙に書かれた文字を読んでみた・・・そこには・・・・

【会いに来たけど居なかったので帰ります。】

・・・と、だけ書かれていた・・・何だろう・・・涙が止まらないんですけど!?
何か知らんが心に深い傷を負った俺は、苦笑いを浮かべる皆と一緒にソフィの後を
追って闘技場を後にするのだった・・・・

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く