話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第97話

イベントの始まりを心待ちにしながらステージを見ていると、袖の方からオレンジ頭でもじゃもじゃ髪の小太りの髭の生えたおっさんが姿を現した。そしてステージの中央に立つと、両腕をバッと広げて満面の笑みで観客席を見渡してきた。

「皆様!本日はようこそいらっしゃいました!私の名はテーラー・パークと申し
ます!当テーマパークの責任者でありイベントを取り仕切っている者です!」

テーラー・パークが会場内に響き渡る声で自己紹介をすると、観客席から大きな
拍手が聞こえてきた・・・ふーん、あの人がテーラー・パークか。随分とノリの
良いおっさんだな。まぁあれくらいぶっ飛んでないと、この世界のテーマパークの
責任者とか出来ないのかもな。

「皆様には、これから素敵で不思議な世界を楽しんでもらいたいと思っております!
勿論、外に居る方々にも同じ様に楽しんで頂きたいと思っております!という訳で、この会場の様子は中に設置されたカメラを通して外にあるモニターに映し出される事になっております!ですのでどうかご安心を!」

なるほど、確かにバカでかいモニターが4個ほど各所に設置されてたな。こういう時の為にあったのか。

「さぁ!私の退屈な説明はここまでとして、いよいよイベントが開始されます!
皆様、心の準備はよろしいですか!それではご登場頂きましょう!
本日皆様を素敵で不思議な世界にご案内する魔術師!フラウ・レジアントさんの登場です!皆様、盛大なる拍手をお願い致します!」

テーラー・パークがそう言って深々とお辞儀をすると、観客席から割れんばかりの拍手が巻き起こった。その瞬間にステージの明かりが消え会場内が真っ暗になった。
それから数秒後、ステージの真ん中にスポットライトが当たるとそこには美しい
純白のドレスを身にまとったフラウさんの姿が!す、凄いぞ!肩をガッツリと出してそれに・・・谷間まで見える!生きてて良かった!

・・・そう感動に打ち震えていると、周囲から男どものウっ!という声が聞こえてきた。何事かと思って周囲を見てみると、腹を押さえている男が多数・・・そして
その横にはブスっとした女の人の姿が・・・あぁ、俺がいつもやられてるやつね。
まぁ、そんな事はさておきフラウさんに集中せねば!一瞬たりとも見逃す訳にはいかないからな!

そう意気込んでフラウさんに集中すると、彼女は手を前で組みながら深々とお辞儀をした。そしてゆっくりと顔を上げて右手を高く上げると、パチンと指を鳴らした。
その瞬間から観客席に座っている人達は、フラウさんの繰り広げる魔術の世界に目を輝かせる事になった。

だってフラウさんが指を鳴らしたら、色とりどりの花々が彼女の周りをふわふわ
浮きながら出現したからな!その光景に観客席から歓声が沸き起こると、フラウさんはニッコリ微笑んで手で受け皿を作るとそこにふぅーと息を吹きかけた。

そうすると彼女の周りに浮いていた花々がゆっくりと観客の頭上を通り過ぎ、天井に向かって浮き上がっていった。それに見惚れながら天井を見上げていると、もう
一度パチンと指を鳴らす音が聞こえてきた。それと同時に、浮いていた花々が次々と凍り始めた!

驚いてフラウさんに目を向けると、彼女は両腕で円を描くような仕草をしていた。そうすると彼女の周りに次々と水が集まってきて、それは次第に形を成して龍の様な姿になった!・・・あぁ、これが演出上の都合って事か・・・ってそんな事に感心
している場合じゃないっての!

突然現れた水の龍に観客が一斉に驚きの声を上げていると、フラウさんは会場に
向かって右手を払った。すると水の龍はゆっくりと旋回するように客席の頭上を
ぐるぐると回りだした。

それからしばらくしてフラウさんが指を鳴らすと、宙に浮いていた凍った花々が
淡く光り始めた。それに合わせる様にして、フラウさんは右手を下から上に優しく
振り上げた。すると水の龍は天井に向かって舞い上がって行くと、淡く光る花々を
パクパクと飲み込んで行った。

そうして全ての花を口に入れた水の龍は、ゆっくりと降りてきて会場の真ん中辺りで動きを止めた。それに合わせてフラウさんが右手を天高く上げると、水の龍は
パキパキと音を鳴らしながら徐々に凍り始めた!

そして水の龍の全身が完全に凍るとフラウさんは上げた右手をグッと握りこんだ!
その瞬間ガラスが砕けるような音を鳴らしながら凍った水の龍は砕け散り、天井から小さな氷の結晶が降り注いできた!

その光景に、俺は他の観客と同様に心を奪われていた・・・いや、まさか魔術ってのがここまで凄い物だとは思わなかったな・・・正直、軽く感動してるからな。

・・・畜生!何が谷間だ馬鹿野郎!こんなに美しい感動をもたらしてくれる人を
いやらしい目で見やがって!俺は最低だ!最低のゴミ人間だ!・・・でも、ちょっとだけなら許されるよネ?そう言う目で見ても・・・な?

それから俺は次々と披露される魔術とフラウさんのドレス姿を見ながら、イベントを楽しんだ。だがそんな楽しい時間はあっという間に過ぎていき、最後の魔術が披露されるとフラウさんは大きく息を吸って微笑みながら深々とお辞儀をした。

その瞬間、座っていた観客全員が立ち上がって拍手喝采していた。まぁ、これだけ凄い物を見せられたらこうなるのも必然だな!そう思いながらフラウさんを見ていると、彼女は嬉しそうに笑いながら顔を上げてゆっくりと袖の方に歩いて行った。
・・・それから少しして落ち着きを取り戻した観客が全員席に座ると、袖の方からテーラー・パークが出てきた。

「皆様、素敵な魔術の世界をご堪能いただけましたでしょうか?
私は大変満足しています!あれほど素晴らしい世界が堪能できるなんて最高でした!ですがイベントはまだまだ終わりませんよ!次がいよいよ本日最大のメインイベントになります!皆様、是非とも楽しんでいってください!」

テーラー・パークは会場を盛り上げると、深々お辞儀をして戻って行った。
そのすぐ後、会場の中と外に向かってアナウンスが流れ始めた。

『イベントに参加する方は、参加資格を身につけてイベントホールの受付前に30分以内に集合して下さい。』

・・・俺は手首につけた黒い腕輪を触りながら、大きく息を吐いて立ち上がった。
その時にマホ達が座ってる場所を見てみたら、全員立ち上がって俺の事を三者三様に見ていた。

マホは大きく手を振りロイドは腕を組んで爽やかに微笑みながら、そしてソフィは片手でガッツポーズを作りながらな。

俺は苦笑いを浮かべて皆に向かって軽く手を振ると、扉の取っ手に手を掛けて会場の外に出た・・・よしっ!フラウさんに凄い所を見せてもらったし、俺もいっちょ
気合を入れるかな!そう意気込むと、俺は受付の前に向かうのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く