話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第62話

「ただいまー。」

「ただいま。ふむ、どうやらまだ2人は帰ってきていないみたいだね。」

ロイドは明かりが点いていないリビングを見てそう言った。

「そうみたいだな。それじゃあとりあえず、手洗いうがいして着替えるとするか。」

「了解だ。」

俺達は洗面所に行くと手洗いうがいを済ませ、自室に戻ると部屋着に着替えた。その最中、頭の中でマホに話しかけてみた。

(あー、聞こえるかマホ。)

(はい?どうかしましたかご主人様。)

(いや、俺とロイドはもう家に帰って来たからその報告をな。)

(あ、そうなんですね!私とソフィさんも今お家に向かっている所です!あと数分で着くと思います!)

(はいよ。そう言えば、晩飯はもう食べてきたのか?)

(いえ、まだです!本当はリリアさんと晩御飯をご一緒しようと思っていたのですが『暗くなると危険だから外が明るい内にお帰りなさい!』と言われましたので、お家で晩御飯を食べようと思っています!その為に、お買い物もしてきましたから!)

(そうか。なら俺達も晩飯がまだだから、一緒に食べるとするか。)

(分かりました!それじゃあ急いで帰りますね!)

(あぁ、気を付けてな。)

ふぅ、とりあえずマホ達は無事みたいだな。声の明るさから考えて、買い物中も特に問題は無かったみたいだしな。
俺は部屋着に着替えるとリビングに向かい、先に居たロイドにマホと話した事を伝えた。それからしばらくしてマホ達が帰って来たので、俺はロイドにのんびりしているように言って出迎えに行った。玄関に行くと、マホとソフィは両手に大きな袋を持って立っていた。

「おかえり。随分とでかい袋だな。」

「ただいまです!あ、この袋をリビングに持って行ってもらって良いですか?今日の晩御飯の食材が入ってますので!」

「了解。そっちの袋は?」

「これは大丈夫。私の服だから。」

「そっか。じゃあ先にリビングに行ってるな。」

「はい!あ、ソフィさん。早速着替えてみたらいかがですか?」

「うん。そうする。」

俺は2人の会話を聞きながら、リビングに食材を持っていった。しばらくして、先にマホが来て晩飯の支度を始めたので俺も手伝う事にした。それから少しして、晩飯の支度も終わる頃にソフィがリビングにやって来た・・・のだが・・・。

「へぇ、とても可愛いじゃないかソフィ。良く似合っているよ」

「ありがとう。」

ソフィは淡い紫色のゆったりとした可愛い服を着てリビングにやって来た。いつもの部屋着は、無地のシャツに使い古した感じのズボンだったからな・・・凄い可愛くなってるんですけど・・・いや、恥ずかしいから口には出さないけど変わるもんだなぁ・・・そんな事を考えていると、ソフィがすたすたとこっちに向かってる?そして俺の前で立ち止まると上目遣いをしてお、俺の事を見てきた?!

「似合う?」

「え、は?いや・・まぁ・・・うん・・・に、似合うと思うぞ?」

俺は大人らしく余裕のある態度でそう答えた・・・うん、ごめん嘘。可愛い美少女に上目遣いで見られて激しく動揺したね!てか、どうもこういう事に関しては一向に経験値がたまらないんだが?あれなのか、10倍でも足りないぐらい俺は経験不足なのかしら?そんな衝撃の事実に内心ショックを受けていると、ソフィは小さく笑って俺の顔を見た。

「ありがとう。とても嬉しい。」

・・・・あっ!し、心臓が痛い!ドキドキする!だが表情に出すな!ここは大人として余裕のある態度で接するんだ!

「そ、そうか。あ、俺晩飯の手伝いに戻らないと!」

俺はそう言って、逃げる様にマホの手伝いに戻って行った。のだが!その時のマホの呆れた様な情けない男を見るような目!・・・ちょっと泣きたくなりました。
まぁそんな事はさておき晩飯が出来たので、俺は全員が椅子に座ったのを確認して手を合わせる。

「それじゃあ、いただきます。」

「「「いただきます。」」」

それから俺達は出来上がった晩飯を食べ始めた。その最中、俺はエリオさんから聞いた事をマホとソフィに話した。犯人の目星や、何でロイドを狙ったのかについてを。それを聞いて、マホが明らかに怒り始めた。

「じゃあ、ロイドさんを狙ったのは逆恨みとお金目当てって事ですか?!」

「あぁ、エリオさんの予想ではそう言う事らしい。」

「そんな自分勝手な理由でロイドさんを狙うだなんて、許せません!」

そう言ってマホはテーブルを叩いて勢いよく立ち上がってロイドを見た。そんなマホを見て、ロイドは少し嬉しそうに笑顔を浮かべマホをなだめている。

「ほら、落ち着いてマホ。その気持ちはとても嬉しいが、食事中だからね。」

そのロイドの言葉を聞いて、マホはハッとした表情をすると急いで椅子に座った。

「す、すいません。つい・・・」

「大丈夫。私も同じ気持ちだから。」

「ふふっ、ありがとうね2人共。でも大丈夫、家の周囲や街の警備を強化するように父さんが手配してくれているからね。それに相手の情報は既に掴んでいるから、捕まるのも時間の問題だよ。」

そう言ってロイドは笑って見せたが、マホは心配そうにロイドを見ていた。まぁ、襲撃されたって事実があるから手放しには安心できないか・・・それから何とも言えない空気がリビングに漂い始めた。

「ほら、九条さん。2人に渡す物があるんじゃないのかい?」

その空気を察してか、ロイドが俺にそう話しかけてきた。渡す物・・・あぁ。

「え、何ですか渡す物って?」

「ふふっ、それは見てからのお楽しみだよ。」

ロイドがそう言って俺に視線を送って来たので、俺はリビングに持ってきていた招待状の入った封筒を2人に渡した。マホは不思議そうに、ソフィは特に表情を変えずに封筒をマジマジとみていた。そしてその表情のまま、マホが俺に質問してきた。

「あの、これは一体何なんですか?」

「それはな、ロイドの実家で開催されるパーティーの招待状だ。」

「はぁ、パーティー・・・・って、えぇ!?そ、それってどういう事ですか!?」

「いや、実は私の実家で社交パーティーが開催される予定があるらしいんだ。そこに皆を招待してくれる事になったらしい。それと明日の話になるんだが、パーティーに着ていくドレスを作る為に採寸してくれる人が来るらしいからよろしく頼んだよ。」

「は、はぁ・・・・ちょっと驚いちゃいましだけど、分かりました・・・・・・」

マホは戸惑いながら招待状の入った封筒とロイドを交互に見ていた。うんうん、その気持ちとてもよく分かるぞ。まぁ、ソフィは相変わらずのノーリアクションだったけどな。それからしばらくして落ち着きを取り戻したマホと俺達は食事を再開して、食事が終わると俺は食器を洗い始め、他の皆はそれぞれリビングでくつろいでいた。

しばらくして食器を洗い終えた俺は、のんびりしようとソファーに座り込んだ。すると、椅子に座っていたソフィがスマホを持って近づいて来た。

「これ、返しておくね。」

「あぁ、ありがとうな。」

俺はスマホを手に持ちジッと眺めてみる。そう言えば、いつも持ち歩いてるけど全然起動してなかったな・・・そう思い、俺はスマホのスリープ機能を解除してみた。すると画面に【新しく解禁されたシステムがあります。】と表示された。おぉ、いつの間にか更新されてたのか。俺は画面をタッチしてそのシステムを確認してみる。

「何々・・・髪型や長さが変更できるようになりました?」

俺がスマホを見ながら呟くようにそう言ったら、リビングの外からドタドタと走るような足音が聞こえてきて風呂上がりのマホが凄い勢いで戻って来た。そしてそのまま俺の前にやって来た。

「ご、ご主人様!いきなり頭の中に機能がインストールされたんですけどもしかして!」

「あ、あぁ。いや、久しぶりにスマホを起動したらシステムが解禁されててな。」

「そうなんですね!」

マホが嬉しそうにして俺の事を見ているんだが・・・あの、ちょっと風呂上がりで良い匂いがするから離れてもらえません?湯上りで髪が濡れてるのも、俺の心臓に悪いんで!そんな事を思っていると、不思議そうな顔をしたロイドがこっちを見ていた。

「どうしたんだいマホ。何やら嬉しそうにしているが。」

「あ!聞いてくださいよロイドさん!実はこの度、新しいシステムがインストールされたんです!」

「ん?それってマホのサイズが変更できる感じの物かい?」

「はい!その通りです!」

「へぇ、それは凄いね。一体どんな事が出来る様になったんだい?」

「ふふーん!見ててくださいね!」

マホがそう言うと静かに目を閉じた。すると突然マホの髪が伸び始め、肩から腰のやや上くらいまで髪が伸びた!

「どうです!これが新しいシステムです!髪の長さが自由に変更できるんです!」

そう言って嬉しそうにしているマホを見て、ロイドは突然立ち上がるとマホを肩をガッと掴んで顔を勢いよく顔を覗き込んだ。ど、どうしたんだ?

「す、凄いじゃないかマホ!ショートの髪型も素敵だったが、ロングになるとまた違った魅力が溢れているよ!こ、これはドレスを作る際にも参考にしないといけないね!あぁ!最高だよマホ!」

「え、あの、ロイドさん?」

「こうしてはいられない!さぁマホ、ちょっと私の部屋に一緒に行こうじゃないか!これからマホに似合う髪形を探さなくてはね!あぁとても楽しみだな!」

「あ、ご主人様ヘルプです!助けて下さい!ロイドさんが暴走しました!」

その後、暴走したロイドを何とか冷静させることに成功した俺はソファーに座り込むと大きく息を吐いた。当のロイドはと言うと、申し訳なさそうにマホに謝っていた。

「す、すまないマホ。あまりの衝撃に少々取り乱してしまった・・・」

「い、いえ・・・褒めて下さった事はとても嬉しかったですから。」

「はぁ・・・久しぶりに暴走したロイドを見たな・・・」

「九条さんもすまなかったね・・・」

「いや、別に良いけどさ。てかソフィ、ロイドの暴走を止めるのを少しくらい手伝ってくれても良いんじゃないか?」

「無理。今良い所だから。」

ソフィはラノベを読みながら、視線もそらさずそう言った。はぁ・・・てか、よくもまぁ髪が伸びる事について普通に受け入れられるもんだな。普通の人はもっと驚いたり戸惑ったりするもんだと思うが・・・まぁ、そんな事を気にする奴らでもないか。そんな事を考えていると、マホがニコニコしながら俺の前に歩いて来た。

「ご主人様、この髪の長さ合ってますか?」

そう言って、マホは俺の前で髪をなびかせながらくるりと回った。その瞬間、ロイドはくっ!っといって視線をそらしていたが・・・気にしないでおこう。

「まぁ・・・に、似合ってるんじゃないか?」

俺はマホから視線をそらしながらそう言った。いやだって、面と向かって女の子を褒めるとかハードルが高いんだもの・・・そんな俺を見て、マホが深い溜息を吐きながら俺を見た。

「はぁ・・・ご主人様。似合うならちゃんと私の目を見て言わないといけませんよ?全く、女性に対してここまで経験不足だと将来が大変ですね。」

「・・・余計なお世話だ。」

俺は心の中で涙を流しながらそう言ってやった。もう正論過ぎて何も言えねぇよ・・・なんて考えていたら、マホが何かを閃いたのか笑顔でこっちを見てきた。

「あ、そう言えばご主人様の好きな髪型ってどんなの何ですか?今なら、リクエストに応えてあげますよ?」

「ポニーテール。」

「はやっ!」

間髪入れずに答えると、マホは驚きながら俺の事を見ていた。だって、好きなんだからしょうがないじゃないか!

「えっと、じゃあポニーテールをしましょうか?」

「あぁ、よろしく頼む。あ、髪の毛を全部後ろに持っていく感じのポニーテールじゃなくて、後ろの部分だけまとめて下の方でゆるーい感じでしてくれ。」

「・・・注文多いですね。」

「好きな物に・・・妥協するわけにはいかないんだよ。」

「はぁ・・・分かりましたよ。」

そう言ってマホはリビングから出て行くと、髪をまとめる為のゴムを持ってくると目の前でポニーテールをしてくれた。おぉ・・・素晴らしい・・・・俺は感謝の気持ちを抱きながら、自然とマホに向かって拍手をしていた。
その後ろで、ロイドはまたもや暴走する自分と戦いを繰り広げていたが・・・まぁ大丈夫だろ。マホはと言うと、腰に手を当てドヤ顔で俺の事を見ていた。

「ふふーん!どうですか?私の魅力にメロメロですか?しょうがないご主人様ですねぇ!」

・・・若干イラっとしない事も無いが、まぁマホが満足ならそれで良しとしよう。それから何とか己に打ち勝ったロイドと共に、マホに髪型のリクエストをしていた。どうやら髪質も変える事が出来るらしく、ゆるふわウェーブをかけてみたり、ストレートにしてみたりと色んな髪型をしてもらった。

途中からソフィも参加して、ロイドとソフィにはどんな髪型が似合うかと言う話し合いになった。まぁ結局はいつもの髪型が一番似合っているという結論に落ち着き、マホも元の髪型に戻していた。

そんな事をしていたらいつの間にか夜も更けてきたので、俺達は明日に備えて寝る事にした。はぁ・・・久しぶりにポニーテールを見たけどやっぱりドキドキしたなぁ・・・うん、異世界に来ても俺の趣味って大して変わんないのね。そんな事を改めて実感して、俺は眠りについた。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く