話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第48話

試合開始のブザーが鳴ると同時に、俺は素早くブライに接近して上から斬り付ける!同時に、ブライもこっちに向かい下から斬り上げる攻撃をしてきた!そのせいで、互いのショートブレードが衝突した!のだが?!

「ぐっ!!」

武器を持った腕に物凄い衝撃が襲ったと思ったら、俺の攻撃はブライの攻撃によって思いっきり弾かれていた!コイツどんだけ馬鹿力なんだよ!?

『おぉっと!武器が弾かれた衝撃で九条選手が体勢を崩していました!』

ブライは間髪入れずに斬り上げた武器を構えなおして攻撃しようとしていた!!俺は急いで何も持っていない方の手をブライに向け、魔法を使う!次の瞬間、俺はブライとの間に強烈な爆風を発生させた!

『九条選手!ブライ選手に攻撃される直前に爆風を発生させ、自身とブライ選手を吹き飛ばしました!』

爆風を利用してブライから距離を取れたが、俺は体勢を崩されたままだったのでそのまま背中から落下してしまった!その勢いのまま俺の体は地面を滑っていった。その後、何とか止まった俺は慌ててブライの姿を確認する!
ブライはすでに体勢を立て直して、上空からこちらに向かって武器を振り下ろしていた!俺は慌てて横に転がりながら魔法を使い、もう一度爆風を発生させ体を横に吹き飛ばす!もう!何度吹っ飛べばいいんだよ!?
俺が吹っ飛んだ次の瞬間には、ブライが俺のいた場所に武器を振り下ろしていた!ブライの攻撃が地面にぶつかった瞬間、物凄い衝撃音が会場に鳴り響き、ブライの体を土煙がおおった。

「・・・おいおいマジかよ。」

少しして土煙が無くなると、ブライが武器をぶつけた地面が砕け散って穴が開いていた。

『ブライ選手の凄まじい攻撃が、会場の地面を破壊してしまいました!九条選手がこれを食らえば、他の選手と同様に一撃でやられてしまう事でしょう!!』

いやいや、どんだけだよ!?一応レベル10って制限かかってんだろ?なのにこの威力って冗談じゃねぇよ・・・俺が苦笑いを浮かべていると、ブライはこちらを見て嘲笑を浮かべ、ショートブレードの切っ先を俺に向けていた。

「おやおや、さっきから逃げてばかりだが大丈夫かい?このままじゃ僕には勝てないよ?それとも歳のせいでもう疲れてしまったのかい?」

おいおい、随分と虚仮にしてくれるじゃねぇかよ。俺は立ちあがると、同じようにブライに切っ先を向ける。

「慌てるなよ勇者様。まだまだ始まったばかりなんだ、すぐに決着が付いたらつまらないだろうが。」

・・・とは言った物の、俺よりもブライの力の方が強い事は確実だ。下手に攻撃したら、さっきと同じ様に弾かれるだけだろうしな。・・・だったら何とか隙を作りだしてみるか!俺は上空に手を向けて魔法を発動する!

『な、何という事でしょう!九条選手の真上に巨大な氷の球体が出現しました!そしてそのままブライ選手に向かって落下していきます!しかし、ブライ選手一歩も動きません!もしや、この巨大な球体を力のみで破壊するつもりなのでしょうか?!』

次の瞬間、氷の球体が俺とブライの姿をさえぎった!俺はその一瞬の隙に魔法を使い、風で体を覆うと素早く移動出来るようにしておく。

「はああああ!!!」

ブライの掛け声が響き渡ると、氷の球体の勢いが止まった!そして次の瞬間には球体がひびが入り、そのまま砕かれてしまった!いや予想はしていたがマジでヤバすぎるだろ!?いや、驚いてる場合じゃねぇ!!
俺は砕かれた氷をかわすようにして、一気にブライに向かって行く!向かった先に見つけたブライは、攻撃後で体勢を崩し隙だらけだった!俺はブライ目掛けて一気に接近すると、思いっきり斬り付けた!しかし、その攻撃は突如として目の前に現れた石の柱によって遮られてしまった!?

「何?!」

突然の事に、俺は驚き止まってしまった!その瞬間、ブライはこっちを見てニヤリと笑った!それから石の柱に思いっきり攻撃をして砕きやがった!その砕けた柱にブライが即座に手を向けると、強烈な風が吹いて砕けた柱がこっちに吹き飛んできた!俺は防御する事も出来ず、砕けた柱に直撃してしまい激痛と共に吹き飛ばされた!

『九条選手!氷の球体を囮にブライ選手を攻撃を仕掛けましたが、ブライ選手は石の柱を出現させ攻撃を防ぎました!そしてブライ選手はその石の柱を砕くと、魔法を使用して柱を吹き飛ばし九条選手にぶつけました!凄まじい攻防です!しかし、ブライ選手は九条選手の行動を読み切っていたのでしょうか!?柱での攻撃を受けた九条選手は、ポイントが大幅に削られてしまいました!』

ぐっ!痛みが体中に襲ってきやがる!そんな苦しむ俺の姿を見て、ブライは声をあげて笑っていやがるしな!てかマジで勇者かあいつ!?

「あっはっはっは!残念だったねぇ!おっさんの考える様な事ぐらい予想できるさ!どうだい?痛いだろ?もう降参しても良いんだよ?」

・・・俺はショートブレードで体を支え、ブライを睨みつけながら立ち上がる。

「何寝ぼけた事言ってんだ?もしかして、俺に勝つ自信が無いから降参するように言っているのか?ほら、勝ちたいんだったらかかってこいよ。勇者様っ。」

俺は心底バカした様な感じでブライを挑発する。・・・おぉおぉ、イケメン勇者の表情が怒りに満ちてきたよ。

「・・・良いだろう。だったら完膚なきまでに叩き潰してやる!」

次の瞬間、ブライはこちらに凄い勢いでやってくると激しい攻撃をしかけてきた!

『おぉっと!ブライ選手、激しい攻撃で九条選手を襲います!九条選手はこの猛攻をいつまでかわし続けられるのか!』

ブライは俺に向かって何度も何度も力任せに攻撃を仕掛けて来た!俺は激痛に耐えながら、ブライの攻撃を武器で軌道をそらしたり、時には魔法を使ってかわし続けていく!

『な、何という事でしょうか!ブライ選手が激しい攻撃を何度も九条選手に仕掛けますが、九条選手は全ての攻撃をかわし続けています!一体どうなっているのでしょうか?!』

実況が驚いている中、ブライの攻撃はどんどん激しくなっていた!その表情は怒りに満ちているが、内心メチャクチャ焦ってんだろうな。

「何でだ!何で僕の攻撃が当たらないんだよ!ふざけるな!!」

ブライは勢いよく武器を振り上げると、そのまま俺に向かって振り下ろしてきた!その瞬間、物凄い衝撃音と振動が会場を襲った。俺はその衝撃に合わせ、後方に飛んでブライと距離を取る。

「はぁ・・・はぁ・・・どうしてだ!何でなんだ!さっき僕の攻撃が直撃してお前の体には激痛が襲って動くのもやっとのはずだ!なのにどうして僕の攻撃をかわせるんだよ!」

ブライは息を切らせながら俺の事を睨みつけながら、大声で怒鳴り声をあげる。

「・・・確かに体中痛いし、立ってるのもしんどいくらいだよ。正直、すぐにでも座り込みたいくらいだ。」

「だったら、どうしてまだ動けるんだよ!!」

「・・・簡単に言えば、おっさんは無駄に我慢強いんだよ。」

俺はニヤッと笑うと、素早くブライに接近して攻撃を仕掛ける!ブライは慌てて武器を構えなおし、俺の攻撃を防いだ!

「ぐっ!」

『ど、どういう事でしょうか!?九条選手、ブライ選手に攻撃をしかけましたが弾かれる事なく防がれただけです!一体どうなっているのか?!』

俺はそこから反撃をさせない勢いで攻撃を仕掛ける!その攻撃をブライは必死の形相で防ぎ続けるが、最初の時の様に俺の体が吹き飛ばされる事にはならなかった。

「くそっ!ウザいんだよ!!」

ブライは力任せに俺の攻撃を弾くと、思いっきり武器を振り下ろしてきた。俺はその攻撃をかわすと、体勢の崩れたブライの腹部を蹴り飛ばす!蹴りを当てる瞬間足に風をまとわせたので、ブライは勢いよく仲間の女の子がいるまで吹っ飛んで行った。

「おぉ、結構吹っ飛んだなぁ。」

・・・まぁ鎧の上から思いっきり蹴ったせいで、俺の足が痛くなっちまったがな。

『こ、これは凄い展開になってきました!今まで余裕を見せていたブライ選手が、一転して手も足も出ません!これが、九条選手の真の実力なのでしょうか?!』

実況がそう言った瞬間、会場にドンっ!と凄まじい音が鳴り響いた。それから何度もドンドンと連続で音が聞こえてきた。音が聞こえた方向を見てみると、ブライが地面を何度も何度も叩いて大声で叫んでいた。

「畜生!畜生畜生!!ふざけるな、僕は勇者なんだ!あんなおっさんに負けるような事があっちゃいけないんだ!!クソっ!!」

あらあら、勇者様ったら激おこじゃないですか。周りにいる女の子もおろおろして困っているっぽいし。なんて思っていたら、急にブライがこちらを憎々しげに睨んで来た。

「許さない・・・絶対に許さないぞ!僕の物語の邪魔をするお前は絶対に許さない!!」

そう言ったブライは一瞬女の子達の方を睨んだ。それから女の子達から離れるようにして立ち上がると、俺に向かってショートブレードの先を向けてきた。

「次の一撃で終わらせてやる・・・覚悟しろよ、おっさん!!」

俺は体の痛みに耐えながら、同じようにショートブレードをブライに向ける。

「それはこっちの台詞だよ・・・勇者様!」

『こ、これは次の瞬間には決着がつきそうな雰囲気です!一体どちらが勝者となるのでしょうか?!』

・・・実況の言葉が切れ少しの静寂の後、俺とブライは一気に相手に向かって行く!俺は、武器を持った手を下に構えて接近する!そして互いの攻撃が届く範囲にまで接近すると、ブライがニヤリと笑い俺の首をめがけて横薙よこなぎに攻撃をしてきた!その瞬間、ブライの武器を振る速度が加速し襲い掛かってきた!

・・・・まぁ、これくらいは予想してたよ。お前が女の子達を一瞬だけだが睨みつけた時からな。俺はブライの攻撃を更に体勢を低くすることでかわした。次の瞬間、俺の頭の上ギリギリをブライの武器がかする感覚があった。ブライが驚くような気配がしたが、俺はそれを無視して思いっきりブライの体を斬り裂く!!

・・・その瞬間、会場内に静寂が訪れた。そして背後からブライの倒れる音が聞こえると、会場内にブザーの音が鳴り響いた。

『勝者!ナインティア!!』

実況がそう告げた瞬間、会場内に割れんばかりの歓声が響き渡った。ふっ、勝ってしまったいてぇ!?
俺が自分の勝利に酔おうとした瞬間、ブライの仲間の女の子達が俺を突き飛ばしてブライの元へと駆け寄っていった。・・・・うぅ、痛い。俺が地面に倒れていると、目の前に手が差し出された。その手の先を見ると、ロイドが笑いながらこっちを見ていた。

「ふふっ、お疲れ様だね九条さん。格好良かったよ。」

「・・・・ありがとよ。」

俺はロイドの手を取り立ち上がった。はぁ、まだ体中が痛いな・・・まぁ怪我はしてないっぽいから後で傷跡が残るとか無さそうだけどさ。

「あぁ・・・それにしてもマジでしんどかった。特に石の柱がぶつかって来た時とか軽く死ぬかと思ったしな。メチャクチャ痛かったし。てか今も痛いんだけどさ。」

「あははっ、そんな状態でも勝つなんて流石だね。」

「いや、笑い事じゃないんだが・・・まぁ勝てたのはブライの戦い方が原因だけどな。」

俺は気絶したままのブライを見て言う。その言葉に、ロイドは不思議そうな表情をしながら質問をしてきた。

「それは一体どういう事だい?」

「つまり、今回の勝因はブライのスタミナ切れだよ。あいつは全部の攻撃を、全力の力任せにやってたからな。まぁ、あいつ自身の力が尋常じゃなく強いからそんな戦い方なんだろうけどな。」

「なるほど、その攻撃で相手の防御を崩して勝ってきたという事か。」

そうこうしている間に、ブライは係員に運ばれて行ってしまった。女の子達もその後に続いて行った。

「そう言う事だ。恐らく本人もスタミナが無い事は自覚してたんだろうけどな。だから早めに決着をつけようと全力で攻撃してきたんだ。それに、今までははあの子達がサポートしてたから、スタミナが切れる前に勝ててたんだろうな。」

「だが、今回は1対1でサポートも無かった。だからスタミナ切れを起こして九条さんの攻撃を弾けなくなっていたのか。」

「そう言う事だ、あれでスタミナまであったら最悪だったな。まぁそれでも負けるつもりはないが。」

ついでにブライの攻撃に関する経験値もどんどん溜まってたからな。スタミナが切れて鈍くなった攻撃を受け流すのも、かわすのも簡単になる訳だ。
まぁ、絶対に言えないけどな!

「・・・ちょっと良いかな?」

突然、ロイドが神妙な顔をして話しかけてきた。あれ、まだ何かあるのか?

「ん?どうした?」

「ブライの最後の攻撃が、一瞬だが素早くなったように感じたんだが気のせいだろうか?」

「・・・よく見てるもんだな。確かにそれは俺も感じたよ。恐らく女の子が魔法で攻撃をサポートしたんじゃないか?」

「・・・何だって?」

俺の言葉を聞いて、ロイドは驚いたような表情でこちらを見ていた。まぁ、観客の誰も気づいてなかったみたいだしな。恐らく、石の柱を出現させたのも彼女達だろうな。・・・確証はないがな。

「まぁ、実際の所は分からないぞ?最後の力を振り絞って攻撃が速くなった可能性もあるだろうしな。それに、終わった事を気にしたって仕方ないだろ。」

「・・・それもそうだね。今は次の事を考えないといけないからね。」

ロイドがそう言った瞬間、会場内にアナウンスが鳴り響いた。

『優勝者に【王者への挑戦】の権利が認められました。王者へ挑む場合はその場で待機してください。辞退する場合は、入場口より退出してください。』

「・・・さてと、ついにここまで来たか。」

「あぁそうだね、勿論受けるんだろう?」

「当たり前だろ?じゃなきゃ何の為にここまで来たのか分からないからな。」

それからすぐに、もう一度アナウンスが流れ始めた。

『権利が認められました。これより優勝ギルド対王者の対戦が始まります。』

「よし!じゃあ会場の中央に」

『あーあー!すいません、ナインティアのお二人は少し会場の外側で待機をお願いします!』

「ん?何だ?」

突然聞こえてきた実況の声に、俺達は顔を見合わせた。それからもう一度、実況の声が聞こえてきた。

『先ほどの試合で会場が壊れてしまいましたので、修復作業をしますので10分ほど待機をお願いします!』

「あぁ、そういや派手にぶっ壊れたもんな。流石に修復するのか。ってか10分って短すぎじゃね?・・・というか今更の疑問なんだが、何で決勝のすぐ後に王者と対戦なんだよ。少しは休憩とか無いのか?」

「まぁ、そう言う物だから。としか言いようが無いね。」

「はぁ・・・とりあえず、言われた通り会場の外で待機しとくか。」

それから俺達は、会場の修復作業を見ながら試合が始まるまで待機をしていた。
・・・よし!これでロイドのファンの人達も何とか許してくれると良いな!うん、許してくれてるよねきっと。そんな不安を抱えながら時間は過ぎ去っていった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く