話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第47話

「んー・・・どうやってロイドのファンに気づかれに脱出するか・・・試合が終わると同時に客席に飛んで逃亡するか?いやでも、リリアさんにそんな手が通用するのか?うーん・・・」

俺が脱出の方法に頭を悩ませていると、ふいにロイドに肩を叩かれた。

「九条さん。考え事しているところ悪いけど、決勝の相手が決まったよ。」

「ん?もう決まったのか?」

「あぁ、モニターを見てみなよ。」

ロイドに言われるままモニターを見ると、そこにはギルド名が2だけになっていた。そうか、いよいよ決勝か。

「えっと、相手のギルド名は『ブレイヴ』か。これまでのギルド名と違って随分とシンプルだな。」

「確かにそうかもね。でも実力は本物だろう、なにせ決勝まで残っているからね。恐らく、しっかり戦ってね。」

「・・・なんか俺達は戦ってないみたいな言い方に聞こえるんだが?」

「まぁ、戦闘らしい戦闘はしてないと思うけど?」

「戦ってきただろ!・・・まぁほぼ心理戦だけど。」

「それも私の情報を使っての心理戦だけどね。」

「ぐっ・・・その件については反省しています・・・・」

「うん。だから決勝では、九条さんの本気に期待しているよ。」

「・・・分かった、決勝では本気で戦うよ。だからロイドもサポートよろしくな。」

「あぁ、任せてくれ。」

さて、いよいよ覚悟を決めないとな。いや、まぁ最初から覚悟は決まってたよ?でも、楽に勝てる方法が見つかったらそうしない?・・・うん、人のプライベートの情報を使う作戦は駄目ですよね、本当に反省しています・・・

『試合の準備をして、入場門まで向かってください。』

さて、いよいよ決勝の時間を告げるアナウンスが流れたな。俺は置いてあった武器を手に持つと、グッと強く握り気合を入れる。

「よし、じゃあ行くか。」

「そうだね、次は決勝だ。気を引き締めて行こう!」

俺達は控室を出ると、入場門の前までやって来た。それと同時に実況が会場を盛り上げ始めた。

『さぁ!次はいよいよ決勝戦!この試合に勝利した方が王者へ挑戦する事が出来ます!一体どちらのギルドがその権利を手にするのでしょうか!まずは、ギルドナインティアの九条選手とロイド選手の入場です!』

「ふぅ・・・対戦相手がそこまで強くありませんように!」

「全く、そんな事を祈ってないで会場に行くよ。」

ロイドは呆れるように俺を見ると、そのまま先に行ってしまった。なので俺も慌てて後を追い、揃って会場に向かった。

『ここまで全て不戦勝で勝ち上がってきたナインティア!しかし、今回はそうはいきません!何故なら対戦相手であるブレイヴは、戦って勝ち上がってきた実力のあるギルドだからです!いよいよ、ナインティアの実力が試される時がやってきました!さぁ、どのような展開になるのでしょうか!?』

俺達が会場に着くと、客席から沢山の声援が聞こえてきた。まぁ、背後からのロイドを応援する声が一番大きい気がするけどな。
・・・ただ、会場に入って気になった所があった。向かいの入場口の上にある観客席、あそこにもなにやら沢山の女の子が座っていた。・・・さっきまでの試合では見なかった気がするんだが・・・

『続いては!ギルドブレイヴのブライ選手とフィーシュ選手とリール選手の入場です!』

実況の選手の紹介と共に、会場内から盛大な歓声が上がる。まぁ一番盛り上がっているのはあそこの女の子達だけどな。というか、同じ様な光景を背後で見た気がするんだが・・・なんて考えていると、実況が相手ギルドの紹介を始めた。

『これまでの試合、フィーシュ選手とリール選手の魔法でのサポート!そしてそのサポートを受けたブライ選手が、相手の防御を砕き勝ち進んできました!そのブレイヴ相手に、一体ナインティアはどう戦うのでしょうか!?』

「防御を砕くってどんな攻撃だよ・・・うーん、解説を聞く限り1人が前に出て後の2人は完全にサポートだけなのかもな。まぁ警戒は必要だろうけどな。」

「そうだね。でも、どんな相手でも負ける気はしないけどね。」

そう言ってロイドが笑った瞬間、向こう側から相手の選手が入場してきたのだが・・・?!な、何だアイツ!?

『おぉっとブライ選手!両腕をフィーシュ選手とリール選手に抱きしめられながらの入場だ!なんと羨ましいことでしょう!両手に花とはまさにこの事です!』

対戦相手として目の前に現れたのは派手な鎧を着て、派手な兜をかぶったイケメンの野郎だった!しかも両腕を美少女に抱きしめられながらの登場だと?!なんだあのハーレム野郎は!?畜生が!!俺は怒りをむき出しにして相手を睨みつける。

しかし、そんな事は知らん顔で会場の中央まで歩いてくる3人!しかも、あのブライとかいうやつが入ってきた瞬間、向こうの女の子の歓声がメチャクチャ響き渡ったぞ!マジでうぜぇな!!ってかあそこにいる女の子達はそう言う事かよ!

『九条選手!激しい形相でブライ選手を睨みつけています!対するブライ選手はそんな事はお構いなしで、余裕の笑みを浮かべています!おぉ!しかも振り返って客席に手を振り始めました!』

手を振り終わったハーレム野郎が会場の中央に着いたら、女の子達が両腕から離れていった。その瞬間、いきなりブライがロイドに向かって勢いよく人差し指を突き出してきた!?

「やぁロイド、久しぶりだね。元気にしていたかい?迎えに来たよ、僕のヒロインさん。」

「・・・・はぁ?!」

ブライの言葉に俺は驚いてロイドの方を見る!え、ヒロインってまさかこいつと結構親密な関係なのか?!・・・しかし、ロイドは不思議そうな顔をして首をかしげていた。そしてしばらく悩むと、悩んだままの表情でブライに話しかけた。

「失礼だがどちら様だろうか。どこかで会った事があったかい?」

「・・・え?知り合いじゃないのか?」

「いや、正直言って私の記憶には無いな。」

「はっはっはっは!!」

・・・何だコイツ。いきなり高笑いを始めて怖いんだが。頭おかしいのか?

「全く、僕達の運命的な出会いを忘れるなんてひどいじゃないか。じゃあ思い出させてあげるよ、僕達の運命的な出会いをね。これを聞けば、君が僕という物語のヒロインである事も思い出すはずさ。」

『おっと!どうやらブライ選手とロイド選手は過去に面識があった様です!一体どんな運命的な出会いがあったのでしょうか!』

実況が盛り上がる中、ブライは静かに語り始めた。

「これは、今から数ヶ月前の事。僕がソフィを助け出すのに失敗してしまった後の話だ。」

え、何言ってんだコイツ。・・・まさかこいつが負けて君を助けてあげるとか言ってた痛い奴か?

「彼女に敗れてから僕は、勇者としてレベルアップするために色んなヒロインを助けていたんだ。」

うわぁ、もう聞いてるだけで全身がむず痒いんですけど。なに勇者って、なにヒロインって。こいつ自分の世界に酔いすぎじゃね?・・・・いや酔っているのは周りの女の子も一緒か。だってうっとりした顔でブライを見つめているし。

「そしてそんな時、僕は出会ってしまったんだ。そう君にね!」

またしても、ブライはロイドの方をビシッと指を向けてきた。てか人様に指を向けるなよ、失礼だろうが。そんなイライラを募らせながら更にブライの話は続く。

「君はその時、一人で魔物と戦っていたね。そこを僕が助けてあげたんだよ!そして君は僕のヒロインとなった・・・・さぁ!思い出してくれたかい!」

うわぁ・・・・しんどい。何コイツしんどいのオンパレードなんですけど!てか、ロイドはこの話を聞いてもまだ考え中だし・・・あっ、思い出したっぽい。

「あぁ、確かにそんな事もあったね。私が経験値を稼ぐ為に魔物と戦っていたのに、いきなりやってきて魔物を勝手に倒した人だろう?しかも、その後も何度もやってきて私の邪魔をした人じゃないか。」

・・・明らかに食い違う話の内容に、会場中が微妙な空気に包まれた。

『な、何という事でしょうか!この二人の思い出は明らかに違っています!ブライ選手はロイド選手がヒロインになったと言い、ロイド選手は経験値稼ぎを邪魔をされたと言っています!一体、どちらが本当の話なのでしょうか!?』

いや、確実にロイドの方が正しいと思うんだけど・・・確認しておくか。

「・・・なぁ、ロイドの話って本当なのか?」

「あぁ、私が魔物と戦っていると必ずやってきてね。勝手に魔物を倒すから困っていたんだ。しかも別にパーティを組んでいる訳でもないから経験値も手に入らないしね。だから、しばらくは実家で仕事の手伝いばかりしていたかな。数ヶ月も前の嫌な記憶だったからすっかり忘れていたな。」

「はっはっは!照れ隠しをしなくても良いんだよロイド!」

ブライはロイドの言葉を聞いても、全然ダメージを受けている様子が無かった。コイツヤバすぎじゃね?てか、今気づいたんだけどロイドのファンの声がちっとも聞こえないんだけど!?・・・振り返るのが怖すぎる。

「はぁ、こんな感じで何を言っても私の話を聞いてくれなくてね。」

「大丈夫、僕にはロイドの言いたい事は分かっているよ!さぁ、僕の所においでロイド。」

ブライは両腕を広げて、ロイドの事を見つめている。うわきっしょ、どれだけ自分の世界で酔い散らかしているんだよ。

「はぁ、何を勘違いしているのか知らないが、私は君のヒロインでも何でもない。それに、見てわかる通り私は隣にいる九条さんとギルドを組んでいる。君の所に行くことは一生無いから理解してくれ。」

ロイドはに呆れかえった口調でブライにそう答えた。すると、ブライは急に俺の方を見て鼻で笑い出した。は?なんだ急に。

「ふっ、そんな身分も、金も、地位も、力も無い、どこにでもいるような凡人丸出しのおっさんと一緒だなんて、君にはふさわしくないよ。君には僕の様な勇者の隣こそふさわしいんだ。さぁ、恥ずかしがらずにこっちにおいで。あぁ、もしかしてそこのおっさんに何か弱みでも握られているのかい?なら大丈夫、僕が君を護ってあげるからね。さぁ僕の」

「黙れ」

「「・・・・え?」」

あら嫌だ、ブライとかぶっちゃった。ってそんな事はさておき何だ?今聞いた事が無いような声がロイドから聞こえた・・・ような・・・え?誰これ?ロイド?
俺はロイドの方を見てメチャクチャ驚いた。だってロイドの表情が明らかに今まで見た事ない表情だっらからね!簡単に言えばブチキレている!てか、確実に襲いそう!俺はロイドの前に立ち肩を抑える!

「ちょ、落ち着けロイド!なんでいきなりキレてんだよ!」

「何で?当たり前だろ、アイツは私の大切な仲間である九条さんを侮辱したんだぞ?許せるわけないだろう。任せてくれ、今からアイツを細切れにしてやるから。」

ひぇ・・・淡々と恐ろしい事を言って怒っているロイドマジで怖いんですけど!もうおじさん泣きそうでけど!?

「ふっ、そのおっさんが大切な仲間ね。あぁそうか、きっとロイドはそのおっさんに洗脳されているだね。だから言いたくも無い事を言っているんだろう!」

「あ?」

やめて!火に油を注ぐような真似をしないでくれ!もうこっちも必死になって抑えてるんだから!てか、ロイドの武器を持つ手が震えてるんだけど!俺まで斬られそうなんだけど!?

『おっと!いきなり両者の間で火花がバチバチに燃えています!これは激しい試合が期待できそうですね!』

いや、当人置いてけぼりですけども!?そんな所で期待されても困るんですけど!

「大丈夫、僕がそのおっさんを倒してロイドを救ってあげよう。僕は勇者だからね!困っている女の子を助けるのが使命なのさ!」

「はっ、君が九条さんに勝てるとでも?そんな事は万に一つの可能性も無いね。」

『これは凄いです!ロイド選手は九条選手に絶対に信頼を寄せているようです!この言葉に、ブライ選手はどう答えるのか!』

ロイドの言葉を聞いて、ブライの目がすっと細くなる。うわぁ、なにこの立場辛いんですけど!っていうかそこの女子二人!お前らもその自称勇者を落ち着かせろ!
それと実況も無駄にあおるんじゃないよ!いや、それが仕事っていうのも分かっているけどさ!

「何言ってるのよ!私達のブライ様が負ける訳ないじゃない!」
「そうよそうよ!ブライ様は勇者なのよ!そんなおっさんに負ける訳ないでしょ!」

あぁやめて!!どいつもこいつも油を注がないで!この現実に俺の胃がキリキリし始めた時、ブライが突然女の子達を手で遮り、言葉を止めた。お?もしかして、落ち着いて来たか?

「じゃあこうしようじゃないか。僕とそのおっさん、一対一で対決するっていうのはどうだい?」

「はぁ?!いきなり何を言って」

「良いだろう、その勝負受けようじゃないか。」

「ちょ、ロイド?!俺は受けるなんて一言も」

「じゃあロイド、もしそのおっさんが負けたら僕の言う事は何でも聞いてもらうよ?どんな事でもね。」

「あぁ良いだろう。もしも九条さんが負けるようなことがあれば、何でも言う事を聞いてやろうじゃないか。」

あぁもう!どうしてこの世界の女の子は簡単に何でも言う事を聞くとか言っちゃうかな?!ほらぁ!あの自称勇者悪い顔してるじゃないか!てか、勇者はそういう子を護る為にいるんじゃねぇのかよ!!・・・・なんか俺までムカついて来たぞ。

『おっと!まさかの展開です!なんと九条選手とブライ選手の一騎打ちが始まる様です!これは一体どちらが勝つのでしょうか!?』

実況の声が響き渡り、会場内から大勢の観客による熱気が伝わり、歓声が聞こえてきた。

「じゃあ、もしもそのおっさんが勝った時はロイドの願いを聞いてあげようじゃないか。まぁ、そんな願いは叶わないだろうけどね。」

ブライはバカにしたように俺を見るが、ロイドはそれを無視してブライを睨みつけながら願いを言う。

「それじゃあ、この街から即刻出て行ってもらおうか。そして、二度と私達に関わらないと誓ってもらおう。」

『おっと!これは互いに負けられない戦いになりました!ブライ選手が勝てば、ロイド選手はブライ選手のいう事を何でも聞く事に!九条選手が勝てば、ブライ選手はこの街から出て行くことになります!さぁ、勝負の行方はどうなるのか!』

・・・その勝負の中心人物になった俺の意見は一体どこにあるんだろうか・・・

「良いだろう。どうせソフィを手に入れたらこんな街とっとと出て行く予定だったからね。」

『さぁ、いよいよ決勝が始まります!しかも今回はまさかの一騎打ち!しかもどちらとも負けられない戦いとなっております!』

「・・・はぁ、俺を無視して凄い話が進んだものだな。なぁロイド。」

俺はロイドの事を苦笑いをしながら見た。そのロイドはと言うと真剣な表情で俺の方をジッと見てきた。

「大丈夫、九条さんなら絶対に負けないよ。あんな自称勇者、完膚なきまでに倒してきてくれ!」

「・・・分かったよ。まぁ3対2が1対1になったから、その分楽になったと思えばいいか。てか、お前簡単に何でも言うこと聞くとか言うんじゃないよ。男って言うのは俺以外は全員狼なんだからな!本当、気を付けないと危ないんだからな!」

「あぁ、肝に銘じておくよ。じゃあ頑張って来てくれ!」

「・・・本当にわかってんのか?まぁ後で言い聞かせるか。・・・行ってくる。」

俺が中央に向かうと、ロイドは会場の端の方に移動し始めた。相手のブライも中央へ立ち、女の子は会場の端へと移動していた。そして向かい合うと、突然ブライがニヤリと笑ってこちらに話しかけてきた。

「さて、勇者に挑む魔王を倒してロイドとソフィを手に入れるとしようかな。」

「普通は魔王に勇者が挑むもんだと思うだがな。てか発言が勇者じゃなくて魔王だと思うんだが?」

「ふっ、細かいことはどうでもいいじゃないか。どうせこの後ロイドを手に入れたらソフィを手に入れるんだからね。」

「あのな、ロイドとソフィは物じゃなくて人だから。それにお前の物には絶対にならないしな。」

「おや、随分な自信だね。まさか、ここまで戦いから逃げてきたおっさんが僕に勝てるとでも思っているのかい?冗談が過ぎると思わないかい?」

「勝てると思っているって言うか、勝つだけだ。おっさん舐めんなよ?勇者様。」

俺は武器を持つ手にグッと力を入れて構える。正直、こんな展開になるとは予想外だがなっちまった物はしょうがない。しかも、ロイドの人生まで預かってしまったからな。だから俺には勝つ以外の選択肢など存在しない。っていうか・・・・

「勝たなきゃコロス」
「勝たなきゃコロス」
「勝たなきゃコロス」
「勝たなきゃコロス」
「勝たなきゃコロス」
「勝たなきゃコロス」

背後から襲ってくる、ロイドファンのプレッシャーが尋常ではないんだよ!さっきチラッと見たら、全員こっちを無表情で見るんだもの!しかも、全員が恐ろしい事を言っているし!負けたら確実に俺は消される!だから負けられない!負けるつもりもない!ロイドと俺の命の為にも!てか、マホ合掌を止めろ!いや、勝つように祈っていると思っておこう!

「面白い、じゃあ楽しませてもらおうか!」

『さぁ!両者、準備が整ったようです!一体どのような試合になるのか私にも想像できません!勝つのはこれまで実力を見せていない九条選手か!それとも、圧倒的な力を持つブライ選手か!それでは、試合開始です!』

実況の声と共に、試合開始を告げるブザーが鳴り響きいよいよ試合が始まった!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く