話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第46話

殴られた所の痛みが引いた頃、モニターに準決勝に進むギルドの名前だけが残った。

「さてと、そろそろ次の試合の時間だな。」

「そうだね、えっとラブハニー&ラブダーリンという名のギルドが相手だね。確かカップルで出場しているギルドだったね。」

「そうなんだよなぁ・・・はぁー嫌だなぁ、ギルド名からしてバカップルっぽいし関わりたくねぇな。」

「まぁまぁ落ち着いて。九条さんはどうもカップルという物に対する妬みが凄いね。もしかして、今まで女性とお付き合いした事ないのかい?」

「は、はぁ?!じょ、女性と付き合ったことくらいあるに決まってるだろ!しかも、結構な人数と付き合ってきたしな!」

まぁ、相手はこっちに出て来てくれませんでしたけどね!でも確かに彼女だったからね!・・・まぁ俺じゃなくて画面内の主人公の彼女だけどさ。

「ふふっ、なら妬む事なく広い心で接してあげようじゃないか。大人としての余裕を持ってね。」

「ぐっ・・・・そりゃそうなんだが・・・・」

確かに・・・俺には大人の余裕という物が無かったのかもしれない・・・

「・・・分かったよ。大人として余裕を持って、広い心で接するよ。」

「うん、流石だね九条さん。その調子で、次の試合も頑張ろうじゃないか。」

・・・こうやって一回りも違う年下にたしなめられている時点で、大人としてどうなんだろうか・・・こんな自分に軽くショックを受けていると、次の試合開始のアナウンスが流れ始めた。

『試合の準備をして、入場門まで向かってください。』

「おや、もう時間の様だね。じゃあ早速向かおうか。」

「あぁ、さっきの試合同様に頑張るとするか。」

「うーん、先ほどの試合は頑張ったと言えるのかどうかって感じだけどね。」

ロイドが苦笑いをしながらこちらを見て来る。いや、俺さっきの試合は結構頑張ったと思うよ?相手にロイドの情報を流して、不戦勝にまで持ち込んだんだからな!
・・・うん、最低ですよね。本当に申し訳ない・・・・次の試合で挽回しなければ!俺は決意を固めると、控室から入場門へと向かった。門の前に着くと、さっきと同じ様に実況の声が聞こえてきた。

『さぁ!準決勝、第1試合の準備が整ったようです!それでは入場していただきましょう!まずは、ギルドナインティアの九条選手とロイド選手です!!』

実況の声と同時に門が開いたので、俺達は会場に向かって歩いてく。

『前回の試合では不戦勝となった為、未だに実力が分かっておりません!この試合ではナインティアの真の実力を見ることが出来るのでしょうか!?』

実況が紹介を終えるとの同じくらいに、俺達は会場内に入っていった。すると、やっぱり後ろからロイドのファンの声援が聞こえてきた。そして、それに答えるようにロイドは振り返ってファンサービスをしていた。

「はぁー・・・人気者の横ってかなり気まずいな・・・」

マホの声援も後ろから聞こえてはいるが、俺にはロイドのみたいに堂々とするのは無理だな・・・そんな風に俺が気まずさに耐えていると、実況が対戦相手の紹介を始めた。さてと、心を落ち着けないとな・・・余裕を持って、広い心で・・・・

『さぁ続いては、ギルド!ラブハニー&ラブダーリンのマイニィ選手とダッド選手の入場です!』

俺は極めて冷静に相手が会場にやってくる様子を見ていた・・・・はぁ!?な、なんなんだアイツら!あ、あの格好ってまさか?!

『おぉっとダッド選手!なんとマイニィ選手をお姫様抱っこをしての入場だ!これは一体どいう事なのか?!我々に仲の良さを見せつけていると言うのか?!』

そう!あろう事かお姫様抱っこをして会場にやってくるというなんとも非常識な事をして入場して来やがった!ザッケンナよゴラァ!

「がるるる・・・・!!」

「どうどう、人の言葉を忘れているよ。」

俺は極めて冷静に感情を抑え、中央にやってくる二人を睨めつけていた。すると、いきなり彼女さんの方がこちらを見てわざとらしく悲鳴をあげやがった!

「やだぁ、あのおじさんこわ~い!私の事をちょー睨みつけて来るよぉ!助けてダーリーン!」

そう言って女の子が男の首に手を回してわざとらしく怖がって甘えやがった!しかも、男の方は女の頭を優しく撫で始めやがった!

「大丈夫だよハニー。あのおじさんは僕達の仲を羨ましがっているのさ!ほら見てご覧。見るからに女性に縁がなさそうな顔をしているだろう。」

「わぁダーリンの言う通りだね!あのおじさん、女の子と縁がなさそうな雰囲気あるもんねぇ。だから私達の仲に嫉妬しちゃったんだぁかわいそぉ~」

その瞬間、俺の脳味噌の何かがブチっと切れる音がした。俺は即座に武器を構え相手に攻撃をかましてやろうとした!

「ぶっ殺す!!!!」

「落ち着いて九条さん!まだ試合前だから!今攻撃したら負けになるから!大人の余裕を持ってくれ!」

俺が相手を襲おうとしたら、ロイドが俺の腕を必死に掴んでくる!離してくれ!俺にあいつらを真っ二つにぶった切らせろ!

『おぉっと九条選手!試合開始のブザーが鳴る前に攻撃をしようとしました!ロイド選手が止めなければ反則負けとなっていましたが、九条選手の気持ちもよく分かります!しかし私は実況なので、あくまで公平に実況を続けたいと思います!』

「やだぁ、あのおじさん私達の事を攻撃しようとしてきたよ~。」

「大丈夫だよハニー。必ず僕が君を守ってあげるからね。」

「うふふ!ありがとぉダーリン!」

やめろぉ!俺の前でイチャイチャするんじゃねぇ!

「全く、いきなり襲い掛かってこようとするなんてとても野蛮だね。彼のパートナーの女性も可哀そうだね。あんな危ないおじさんと一緒だなんて。」

「まったくだよぉ。あんなに可愛くて美しくて凛としている女性と一緒なんてぇ贅沢すぎだよねぇ・・・」

・・・・ん?彼女さんがこっちを見た瞬間の表情。最近どっかで見た気がするな・・・

「ふふっ、確かにそうだね。でも、君の方が可愛くて美しくて凛としているよ、ハニー」

「えぇーそんな事ないよぉ!あっちの女性の方が綺麗で、爽やかで、素敵だよぉ。」

またしても、彼女さんが見た事のある表情をした・・・確か、凄い最近見たような・・・ハッ!俺は慌てて後ろに振り返る。そして確信した!この試合、上手くいけばまた不戦勝が出来る!
俺が作戦を考える為に落ち着きだすと、ロイドがの表情が安堵するような感じに変わった。

「はぁー・・・落ち着いてくれた良かったよ。ほら、試合が始まるから冷静に」

俺はロイドの言葉を遮り、近づくと小さな声で話しかける。

「ロイドちょっと耳貸せ、作戦を思いついた。」

俺がそう言った瞬間、ロイドは露骨にため息をつくと呆れる様な感じで俺を見てきた。

「はぁー・・・あまり良い予感はしないけど、一応聞かせてもらおうかな。」

うわぁ、信用ねぇー。まぁ自業自得だけどな、だけどそんな事に構っていられるか!

「よし。いいか、まず・・・」

俺はロイドに思いついた作戦を聞かせる。恐らくこれで、今回も不戦勝が狙えるはずだ!

『おっと、どう言う事だ!?いきなり九条選手がロイド選手と密談を始めた!これは一体なにを話しあっているのでしょうか!まさか負けじとラブラブっぷりを相手にアピールしているのでしょうか!』

アホか!俺の人生の中でラブラブなんて言葉は一切無縁だったわ!!しかしこの実況のおかげで、俺の考えた作戦が上手くいく事を確信した!だって、あの彼女さんの俺に対する敵意が明らかに増えたからな!表情に出すまいと頑張っているようだが、今までの人生で人の顔色ばかりうかがってきた俺には無意味だ!この試合も貰ったぜ!
・・・まぁ俺の作戦を聞いて、ロイドは明らかに疑うような表情でこちらを見ているがな。

「全く・・・本当にその作戦は大丈夫なんだろうね。」

「あぁ、俺の作戦を信じろ!最悪失敗しても、かならず護ってやるから安心しとけ。」

俺は自信満々にそう答えた。だって俺が不安そうだったらロイドも安心して作戦が出来ないだろうからな。

「はぁ、しょうがないね。これで体力が温存できるなら安いものだ。九条さんの作戦を信じてやってみるよ。」

ロイドは苦笑いを浮かべながら、しっかりとそう言ってくれた。そして、持っていた武器を俺に預けると、一歩前に出た。

『おっと!これはどういう事だ?!ロイド選手、武器を九条選手に預けるといきなり前に出ました!これには一体どういう意図があるのでしょうか!?相手方もいぶかしげにロイド選手を見ています!』

・・・ふふふ、実はそうじゃないんだな。いぶかしげに見ているのは男の方で、女の方なロイドを見て明らかに動揺した表情をしている。よし!俺の作戦通り言ってやれ!ロイドは両腕を大きく広げると、女の方に向かって優しく微笑んで話しかける。

「ねぇマイニィさん、私は君のように可愛くて素敵な女の子を傷つけたくはないんだ。もし良かったら、私と一緒にお話しをしてくれないかい?」

その言葉を聞いて、彼氏の方は鼻で笑ってロイドの方を見た。そして自信満々にロイドに喋りかける。

「はっ、何を言い出すのかと思えば。そんな言葉に僕のハニーが従う訳が」

「ちょっと降ろして。」

いやぁ、分かりやすいって素晴らしい!彼女さんはとても冷静に彼氏に降ろすように言った。その言葉に、彼氏は戸惑いながらも従っていた。そして彼氏の腕から降りた彼女さんは、すたすたとロイドのほうに歩いていく。

「ハ、ハニー?一体どうしたというんだい?あ、もしかしてそこの彼女に従ったふりをしているのかい?だったらそう言ってくれれば」

「そこの君、少し静かにしてくれるかな?今から私は彼女と大事なお話しがあるからね。・・・そうだよね?」

ロイドは彼氏の言葉を遮ると、彼女さんの手を取って優しく微笑みかけた。すると、彼女さんの表情が明らかにファンの物に変わっていた。

「はい!私はロイド様と大切なお話しがあります!」

「えぇー!!???!??!」

彼氏がいきなりの展開に驚いた声を出す!良し来たっ!俺は隠しもせずにガッツポーズを決める!やっぱり思った通りだ!あの彼女さんがロイドを見る目!明らかにファンの人達と同じだったからな!俺の観察眼に狂いは無かったぜ!よーし、じゃあロイド!次の台詞を言ってみよう!

「実はマイニィさんにお願いがあるんだけど、聞いてくれるかな?」

「はい!ロイド様のお願いとあればなんでも聞かせて頂きます!」

ロイドの言葉に、彼女さんはすぐさま返事をしていた。彼氏はと言うと、彼女さんの豹変ぶりにどうして良いのかと戸惑っているようだった。よし、今の内に決着をつけてくれロイド!

「・・・私達は、どうしても勝ち残って王者と戦いたいんだ。その為に、私達に道を譲ってくれないかな?」

ロイドの言葉を聞いて、驚き戸惑うような実況が会場に響き渡る。

『こ、これは驚きの展開です!ロイド選手がマイニィ選手に勝利を譲ってくれと願い出ました!この展開は誰が予想できたでしょうか?!』

「ハニー!そんな言葉に耳を貸すことはない!忘れたのかい?この試合で得る賞金は、僕達のラブラブ王国旅行にしようと決めていたじゃないか!」

な、なんて恐ろしい名前の旅行なんだ!そんな物、絶対阻止してやる!そんな思いで二人を見ると、彼女さんがロイドと彼氏の間でオロオロと迷っている。くっ!やっぱりロイドをもってしてもダメなのか!
俺は作戦の失敗を予感し、戦闘の覚悟をした。すると突然、ロイドが彼女さん頬に優しく手を当てた。そして、耳元に顔を近づけていった。

「お願いだ。僕の願いの為に、どうか道を譲ってくれないかい。・・・可愛いマイニィ。」

それは、俺でもギリギリ聞き取れるかというほどの声だった。そんな甘い囁きをロイドのファンである彼女さんが耐えられるはずもなく・・・

「はい!私達ラブハニー&ラブダーリンは勝負を辞退しまーす!」

彼女さんは手を挙げて、それはそれはとても大きな声で宣言をした。その瞬間、またしても会場内から「えぇー!?」という合唱が聞こえた。まぁ一番大きな声を出したのは彼氏の方だけどな。

『な、何という事でしょうか!またしてもギルドナインティアの不戦勝が決定しました!これまで一度も戦闘を見せていないナインティア!しかし、これも心理戦という名の勝負!ラブハニー&ラブダーリンはそれに敗れてしまいました!』

・・・・敗れたのはラブハニーのほうだけだと思うけどな。まぁある意味、ラブダーリンも敗れてっけどな。

「そ、そんな・・・ハ、ハニーの・・・・ハニーのばかぁああああ!!!!!」

『あぁっと!ダッド選手が泣きながら会場から出て行ってしまいました!』

「あ!違うのよダーリン!これはちょっとした気の迷いというか!待ってだーーりーーん!!」

彼氏の後を追って、彼女さんも慌てた様子で会場を出て行ってしまった。・・・さてと、俺はこっからもう一仕事するかな。俺はそのままロイドに近づくと、思いっきり大きな声で話し始めた。

「よぉし!良くやったなロイド!俺の作戦通りにしたおかげでまたもや体力を温存したまま勝てたな!次もこの調子で頑張るぞ!」

その言葉を聞いて、ロイドは驚いた顔をしてこちらを見てきた。しかし、ロイドが言葉を言う前に実況の声が会場に響き渡った。

『これは驚きです!なんと、すべては九条選手の立てた作戦だったようです!相手の心を読み切り試合をせずに勝利する!私は長い事この闘技場で実況をしておりますが、こんな試合は初めてです!しかし、これも試合である事には変わりありません!次の試合、ナインティアはどの様にして戦うのか!それとも戦わないのか!そこも見どころになると思います!』

よし、これでこれで多分大丈夫だろ。俺はそろそろ控室に戻ろうとロイドに話しかけようとした。だが俺がロイドを見ると、明らかに不機嫌そうな顔をしてこっちを見ていた。

「ん?どうした?」

「・・・どうしたも何もないと思うけどね。どうしてあんな事をしたんだい。」

「あんな事?・・・あぁ、俺が作戦を立てたって大声で言った事か。でもロイドなら大体分かってるだろ?」

俺がそう言ってと笑うと、ロイドはやれやれといった感じで額に手を当てていた。

「・・・ここまでの試合を見ていてどうなってんだと思わない人も少なくないだろうから、その人達からの注目を全部自分に集めたんだろう。私にそういった意識を向けない為に。」

「ご名答だ、流石ロイドだな。」

「はぁ・・・もう終わってしまった事だからあれこれと言うつもりはないよ。」

「ありがとう、そうしてもらえると助かるよ。じゃあとっとと控室に戻るか。」

俺がそう言うと、ロイドは呆れたような表情から一転してニヤリとした表情になった。ん?なんだ?

「あぁそうだね。ただ、私は言わなくても彼女達が色々言ってくるだろうけどね。」

「はぁ?彼女達・・・はっ?!」

俺は慌てて入場口の上を見た。・・・うん、ロイドのファンが集まっている所を。そこにはリリアさんを筆頭に、全員が無表情でこちらを見ていた。そして俺と視線が合うと全員が親指を立てて、首をかっ切るポーズをした・・・・!?
その光景を、会場内の全員が固唾をのんで注目していた。マホはと言うと、何故だか俺に向かって合掌をしていた。

「え・・・・え?」

「これまでの試合、私を利用する勝ち方をしたのは全部九条さんの考えだった。そう宣言したら、彼女達がどんな反応をするのか考えなかった九条さんのミスだね。私も一緒になって考えた事だったって言っておけば、少なくとも彼女達は味方だったろう。・・・でも、安心してくれ。これで、どうなってんだと怒る人もいなくなりそうだよ。・・・・九条さんの、この後を考えたらね。」

・・・俺は急激に喉が渇き、汗が出てきて、全身が震え始めた。あれ?おかしいな?

「は、ははは・・・・・あの、ロイドさん。僕を助けてもらえませんか?」

俺はロイドの方を見て、震える声でそうお願いした。すると、ロイドはとてもいい笑顔でこっちを見て答えてくれた。

「ダメ。」

・・・・俺は逃げるように会場から出て行き、控室に戻っていった。どうしよう、つい調子に乗ってカッコつけた結果がこれだよ!それから俺は、闘技場から逃げ出す方法を考えながら決勝が始まるのを待った。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く