話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第39話

今、俺の目の前にはロイドの行きつけと言われている本屋がある・・・のだが。

「デカいな・・・」

目の前には2階建ての巨大な建物が存在していた。え、これまるまる本屋って事か?どれだけ大量に本があるんだ・・・あ、でもそれなら目的の本がある可能性も高いのか。さっそく俺は店に入ってみる事にした。店内は外観通りの広々とした空間で、沢山の本が置かれていた。

「あ、ちゃんとジャンル分けされて置かれているのか。」

俺はとりあえず入ってすぐの所に置いてあった【料理】と書かれた所に向かってみた。そこには沢山の種類の料理本が置かれていて、普通の食材を使った物からモンスターを使った料理まで幅広く置かれていた。

「っていうか、モンスターの料理本って需要あんのか?まぁいいや、ラノベを探すか。」

俺はとりあえず1階をぐるっと見て回る事にした。その結果分かった事は、ここには生活に関する本や、薬草の調合の仕方や武器や防具に関する本ばかり置かれているという事が分かった。ってことは、娯楽用の本は2階か?俺は店の中央にあるデカい螺旋らせん状の階段で2階へ向かう。

「おぉ、ここもジャンルごとに本が置かれてるんだな。」

うーん・・・しかも中々に広そうだ。まぁノンビリ探すか、今日はどうせ1人だしな。それから俺は様々なジャンルの本を適当にみつつ歩き回った。
そして・・・俺は遂に目当てのコーナーに辿り着いた・・・!

「あぁ・・・懐かしい光景だ・・・・」

そこには多種多様なラノベが沢山置いてあった!あぁ、随分と久しぶりにこの景色を見た気がする・・・!どうしよう、少し泣きそうになってしまった・・・・
あぁ、なんて素晴らしい光景なんだろうか!ここはまさしく俺にとっての楽園!
さぁラノベ達よ、俺を楽しませてくれぇ!!

「まずは表紙を見させてもらおうかぁ!」

テンションが上がった俺は小声でそう呟くと、表紙を舐めるように見て回る事にした。そして俺は表紙を見て物凄く驚いた。何故なら表紙に描かれているキャラクターが動いているではないか!そう、それはまさにLive2D!
まさか異世界にはこんな技術が存在していたなんて!いやいや動いているのは表紙だけかもしれないじゃないか。俺は女の子がきわどい格好をしているラノベを手に取ると中身を拝見する。
・・・なんだと!挿絵も動いているじゃないか!これは素晴らしい!俺、異世界に来て良かった!まさかキャラが少し動くだけでこんなにも興奮するなんて!だが待て!俺は今、手に取ったラノベを買いたい衝動に襲われている、しかし家に帰ればマホがいるんだ。そのマホにこの表紙のラノベを買ったという事を知られてしまって良いのか?そうなったら俺の扱いは更に雑になるのでは?ぐぅうううううう、ど、どうすれば良いんだ!・・・・・悩んだ結果、俺は泣く泣く手に取ったラノベを元の場所に戻した。ごめんな、けどいつか必ずお前を手に入れるからそれまで待っていてくれ!

こんな風に俺は次々とラノベを選び、悩み、そして買うか買わないかを決めて行った。なんというか、こんなに買うかどうか悩むのも随分と久しぶりだ。最近じゃアニメを観てからラノベを買うという事が増えていたから、表紙とタイトルだけで買うとかいう冒険もしてなかったしな。それから俺は近くに置いてあったかごを手に持ち、その中に選んだラノベを入れて行った。
選んだジャンルはハーレムやラブコメ、他には異世界物やギャグ系の物を中心に選んで行った。シリアスなんかはどうにも苦手なので、そう言うのは選ばなかった。

「さてと、そろそろ最後にしようかな。もう結構な量選んだし。」

んーどれにしようかな、最後に選ぶんだから直感に頼るのも良いかもしれないな・・・その時、気になるタイトルのラノベが視界に入ってきた。

「えっと【一途勇者と無口王女の冒険譚ぼうけんたん】か。なんだろう、無口って事はクール系な感じか?表紙のヒロインもそれっぽい感じだし。・・・あれ、どっかでこんな話したような・・・」

少し考えたが思い出せなかったので、恐らく大したことではないだろう。お、このラノベ結構巻数が出てるんだな。って事は人気があるって事か?ならハズレって事はないだろうな。とりあえず一巻を買っていくか。
そうして俺が一巻に手を伸ばした瞬間、横から出てきた別の手に触れてしまった。

「あ、すいません。」

俺は手が触れてしまった相手に謝りながらそっちの方を見る。そこには頭からフードをかぶった人が立っていた。その人はフードの中からこちらをジッと見つめていた。どうやらこの人、女の子の様だが・・・え?何?まさか、本屋で俺に訪れた運命の出会い?!
・・・んな訳あるか。多分どいて欲しいんだろうな。俺はそう考え少し後ろに下がると、フードの人は先ほどの最新刊を手に取ると1階へ降りて行った。ほらな、やっぱりそんなもんだよな。その後俺も先ほどの本をかごに入れ、下に降りると会計を済ませて外に出た。

「ふぅー!大量大量!さてと早速家に帰って読みまくるか!」

俺は本の入った袋を手にして、家に帰ろうと歩き出そうとした。すると目の前に先ほどのフードの女の子が現れた。・・・・え、何?もしかして、さっき触れ合ってしまった瞬間に一目惚れでもされたのか?!なーんてくだらない妄想をしていたら、女の子が話しかけてきた!

「貴方は私より強い人?」

「・・・・は?」

女の子はそのまま黙ってしまった。え?何を言われたんだ?私より強い人?はぁ?
・・・・何やら関わるのは面倒そうだな・・・・・よしっ!

「いや、俺は君より弱い人。それじゃ!」

俺はそこから本の入った袋を抱えると全力疾走で走り出す!へへへっ!この薬で強化された肉体にそこいらの少女が追い付けるものか!と、考えて後ろを振り返ると何故だか女の子がこちらを追いかけてきている!しかも結構速い!そこから俺は、正体不明の女の子から追いかけまわされる事になってしまった!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く