魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

1057. お祝い事にはコカトリスを

「手当が一段落しましたわ」

 ベルゼビュートの声に、ルシファーは抱えていた頭を持ち上げ、だが振り向くことを躊躇う。

「振り返ってもよいか?」

「どうぞ」

 アデーレの許可が出て、ほっとしながら振り返った。立ち上がって姿勢を正し、ソファに座るリリスの手前で膝をつく。いきなり横に座ったら驚かせるかも知れない。リリスの心の傷という話もあったのだ。慎重にいこう。

 ルシファーの手が触れると、リリスはきゅっと指先を握った。泣いた目元は少し赤く、頬もまだ赤い。熱があるように見えた。

「具合が悪いのか? ベルゼに治癒してもらったのだろう?」

 不安になって尋ねると、アデーレが進み出て深呼吸した。目配せでリリスと頷き合い、いきなり礼をする。すると周囲の大公女達も一斉に頭をさげた。

「「「「おめでとうございます」」」」

「あり、がと」

 ぎこちなくリリスがお礼を言う。状況が理解できず固まったルシファーに、アデーレが説明を始めた。

「リリス様は年頃になられ、この度お子を授かる準備が整いました」

「……子、準備?」

 鈍いルシファーは、首をかしげる。遠回しに何かを告げられたようだが、はっきり言われないと分からない。だが皆が断言を避けている以上、その単語を教えてほしいと言いづらかった。

「以前に温泉地で、アンナ嬢から性教育を受けていましたが、それでも突然のことに混乱されたようです。悲鳴はそのためですわ。ルシファー様も、月に一度の女性の不調を優しく受け止めてくださいませ」

 そこまで言われれば、さすがに理解した。本当かと問うルシファーの眼差しがすぐに蕩け、指先を握るリリスの手を逆の手で包み込む。片手で抱き上げられるほど幼く軽かった赤子が、もう子を産めるほど成長した。

 もちろん、すぐに子を産むわけではない。だが準備が整ったということが、祝い事なのは知っていた。恥ずかしそうなリリスの周りでは、同じ経験をした女性達が喜んでいる。

「おめでとう、リリス」

 意味を理解したことを告げる代わりに、ルシファーも寿いだ。膝をついた姿勢から、ソファの隣に腰掛ける。それからリリスの膝にストールを掛けた。確か温める方が良いと聞いたことがある。

「お祝いを振る舞いたいのですが、あからさまなのもどうかと思いますの」

 アンナは性教育で「赤飯を炊く」と言っていたが、確かにあからさまだ。今までなかった習慣を突然始めれば、周囲が理由を勘繰るだろう。誰にとってもめでたいことだが、吹聴するのもおかしな話だ。

「ならば、リリスの好物を振る舞うのはどうだ?」

 妥協案として口にしたルシファーだが、ベルゼビュートが手を叩いた。

「いいわ。それならお祝い事があったと伝わるし」

「内容を公開しなくても済みますわ」

 アデーレも同意した。この時点で決定だ。すぐにアデーレが部屋を出て、外に待機していた侍従のベリアルに夕食の献立変更を頼み始めた。イフリートは忙しいだろうが、祝い事なので協力してもらおう。

「コカトリスの唐揚げ、柚子のドレッシングがいいわ」

 リリスが希望を告げるが、その前にアデーレ達は動いている。手を握ったまま、ルシファーは微笑んだ。

「わかっている。リリスの希望通りにしよう。エルフにも新鮮な柚子を頼まないといけないな」

「私が行ってきますわ」

 軽い足取りで部屋をでたベルゼビュートは、ピンクの巻毛を指先で回しながら機嫌よく廊下を駆ける。

「走らない!」

 叱るアスタロトの声が聞こえ、ルシファーは次の問題に気づいた。ベルゼビュート以外の大公達に、どう伝えるか。彼らに隠し事は通用しないだろう。今後、リリスに腹痛や体調不良が出た際に調整してもらう必要もある。話すしかないが……。

「アスタロト大公閣下にお伝えしますので、上手に心配りしていただきましょう」

 アスタロト大公夫人の宣言に、ルシファーは頷く。気づいたのだが、こういった場で男は本当に無力だ。側近に大公女達を選んでおいて、本当によかった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く