魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

1047. 食べても栄養失調

 オレリア達に話を聞く時間もなく、隣のテントに案内された。不安顔のアンナに、イザヤが穏やかに声をかける。


「問題ないさ。何かあっても魔王様や大公様が解決してくださる」


「そうね。ええ、そうよね」


 自分に言い聞かせるアンナが、ゆっくりと大きく深呼吸した。落ち着かせるために笑みを作る。ぎこちない表情だが、笑顔になったことで気持ちは軽くなった。


「そこまで緊張する事態ではありません。ではこちらへ」


 案内された先で、アスタロトが数人の魔族相手に血を抜いていた。手に注射器らしき物を持っていないのに、並べられた試験管へ指を触れて血を流し込む。右手の指が触れた相手の血を、左の指が触れる試験管へ。事務的に作業を行う吸血鬼王は顔をあげ、残った人数を確認した。


「あと5人ですね」


 余りに淡々としているので、アンナ達は肩の力が抜けた。これは大騒ぎする問題ではなさそうだ。慣れた様子が、まるで予防接種のように見えた。


「どうぞ」


 促されてアンナが先に腕をだす。癖で袖を捲ったが、アスタロトは手首に軽く指先を当てた。じっと動かずにいること数秒。試験管に血が流れていく。


「お疲れ様でした。稀に痒みを発症する方がいますから、こちらを」


 飴のような包んだ塊を渡された。血を取った後に痒くなるのは予防接種というより、蚊に食われた状況に近い。思い浮かべた失礼な例えに、アンナはふふっと笑みが溢れた、


「ありがとうございます」


「お願いします」


 さっと手を出したイザヤの血も集められ、その後は後ろから新しい採血者が来ることはなかった。オレリアは再検査を免れたらしい。勧められるまま、集められた再検査対象者は椅子に腰掛けた。


「お疲れさぁん」


 どちらかというと、そう言葉にしたルキフェルの方が疲れている様子だ。怠そうに椅子を引き寄せて、体を投げ出す。


「獣人4人、魔獣が1匹、日本人が2人……あとエルフが2人、と」


 資料を見ながら、人数の突き合わせをしたルキフェルが溜め息を吐いた。


「まずはお詫びするよ。ごめんね、騒動に巻き込んでしまった」


 口調が硬いのは仕事だからか。ルキフェルは白衣の襟を指先で弄りながら、説明を始めた。


「こないだから、動物達に栄養失調の症状が出ている。飢えた動物が魔族を襲う事例も発生していて、それを調査する為に食材の実験をしたんだけど」


 けれど……そのさきを言い淀んだルキフェルは、苛立った仕草で立ち上がる。水色の髪をぐしゃりとかき乱した。


「君達にも栄養失調の症状が出ているんだ」


「「え?」」


「ご飯食べましたけど」


「ちゃんと食事してますよ」


 それぞれに食べているアピールをする。それを聞きながら、イザヤはアベルが食卓で持ち出した話題を思い出した。ルーサルカとのデートで襲ってきた狒々は、ガリガリに痩せて酷い状態だったという。


「もしかして、先日の狒々は関係があるのか?」


 思わず素の口調で尋ねたイザヤだが、ルキフェルは咎めなかった。それどころか頷いて肯定する。


「そうだよ。アベルから聞いたんだね……君達もこのままだと同じように飢えてしまう」


 魔力がある魔族ならば、直接魔力を注ぐ方法がある。治癒魔法の応用だが、食べなくても数十年は生命維持が可能だった。実際、ルシファーが50年ほど眠り続けた時は、大公達が交代で魔力を提供したのだ。


「飢えて……? だってご飯食べているのに」


 今だって夕食を普通に食べた。海で取れた魚を煮付けにして、ちゃんと満腹感もあるのに。アンナの疑問に、ルキフェルは首を横に振る。


「それでも飢餓状態になる。森全体で生命力が低下しているんだ」

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く