魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

1030. なんとなく感じる不安

 ルーサルカの魔力を探り、すぐに庭から転移する。足早に魔王城の中庭に出て、一瞬で消えた大公を見送ったエルフが首を傾げた。


「何かあったのかしら」


「さあ」


 庭の手入れを一段落して休憩する彼女達の前に、今度はルシファーが現れる。もちろんリリスを伴い、仲良く腕を組んでの登場だった。後ろに護衛騎士のイポスを連れて飛んだため、エルフ達が不安げに顔を見合わせる。


「絶対に何かあったわ」


「まさか……生き残りが出たとか?」


「ちょっと、黒いアレじゃないんだから」


「でも1匹見たら30匹だし」


 エルフ達は顔を顰めて身ぶるいした。考えるも悍ましい光景を想像してしまった。すでに始末されたはずの人族が、ぞろぞろと徒党を組んで魔王城に攻め込んでくる映像だ。


 何が悍ましいって、黒いアレの姿で思い浮かべてしまったことだ。


「怖い」


「陛下がいらっしゃれば……」


「でも出かけちゃったわ」


 顔を見合わせたエルフ達は、今日の作業は終わったからと大急ぎで片付けて帰路についた。そんな事情を知らないものの、アデーレも空を見上げて眉を顰める。


「嫌な感じ。洗濯物が増えそうだわ」


 魔法で洗うことも可能だが、陽の光をたっぷり浴びたシーツを取り込みながら侍女長は溜め息を吐いた。


「多めにタオルを用意しておきましょう」


 彼女の直感は少し後で正しいことが証明されるのだが……それは日が暮れてから。今はまだ昼過ぎの心地よい午後の風がシーツを揺らし、アデーレは大きなクッションを日向に並べていた。


 少し先の塀の上で、ヤンが大きな身体を縮めて日向ぼっこしている。窮屈そうな格好の理由は、潜り込んだピヨだ。まだ大きくない雛は丸まったヤンの腹に顔を突っ込み、尻だけ陽に晒して寝ていた。呆れ顔のアラエルが尻を隠そうとして立ちはだかり、ヤンの尻尾で追い払われる。


「陽が当たらぬではないか」


「す、すみません」


 すでに姑、婿の立場が滲んでいる2匹のやりとりに、近くのドワーフが作業の手を止めてお茶を飲む。


「門番のやつ、いつもあしらわれてやがる」


「もっと気概をみせろ!」


「あんた達っ、さっさと仕事しな!」


 好き勝手に揶揄うドワーフを、監視係の妻がおっ飛ばす。慌てて作業に戻るドワーフ達の一部は、お茶を運んでくれた妻に平伏して礼を言った。妻が強いから平和なドワーフの声に、ぴくりと耳を動かしたヤンが欠伸をする。


「平和よなぁ」


「はぁ」


 アラエルも居場所を作って日向ぼっこを始めた。今のところ魔獣達は危機感を覚えることなく、一部の魔族だけに広がっていく予感……それはある意味被害者を事前に特定できる要素でもあった。












「すごい、綺麗ね」


「前にリリスが望んだ通り、魚もいるぞ」


 かつて人族の都があった場所は、立派な湖となっている。水が湧いた当初は魚もいなかったが、地下水が流れ込んだことで、近くの川と繋がった。上流から合流した魚が繁殖し、水草が生え、今では美しい緑色の水を湛える観光地だ。


「泳ぎたいわ」


「今の時期は肌寒いからやめよう。暑くなったら、大公女達を連れてきたらいい」


「そうね! だったら泳ぎ心地を確認しておかないと」


「風邪をひくぞ、リリス」


 泳ぎたいリリスと止めたいルシファーの攻防を、離れた木に寄りかかったイポスは苦笑いして眺める。2人きりのデートをしたい、そう願うルシファーの言葉を受けて、離れての護衛だった。いざとなれば魔王の結界は最強で、ここから転移も可能だ。2人の姿が見える地点での護衛は譲らなかった。


 ふと視界に何かが掠める。気になって顔を少し左に向け、『何か』を探した。ここは人族の領地だった場所で、まだ魔の森が支配して数年の土地だ。眉を寄せて目を凝らし、イポスは見つけた『何か』へ向けて躊躇なく風の矢を放った。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く