魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

955. 蒸し返した事件の謎

 ここ最近起きた出来事を魔王史に記しながら、ルキフェルは肘をついて顎を乗せる。奇妙な感じがする。こういう本能的な感覚は無視すると、後でしっぺ返しを喰らうことが多かった。


「どうしました?」


 小さな籠を手に戻ったベールが首をかしげる。昨夜連れ帰ったルシファーが書類整理を行い、山と積まれた書類は半減した。時折混じる不備書類を弾きながら、執務室に篭る魔王の邪魔をしないよう、分類を終えた書類を見つめる。


「人族は、どうやって巨人族の街の近くまで移動したと思う? 空から落ちた理由もわからない。あいつら、体が脆いよね。落ちたら死ぬじゃん」


 ずっと不思議だった。浮遊に関する魔術を使える者は、人族の魔術師にもいる。数は多くないが、実際に確かめたから間違いなかった。だけど自分を浮かせるのに精一杯のレベルだ。


 あんな大人数を空に舞いあげ、降らせるとしたら……どんな魔術が適しているだろう。僕なら空中に舞い上げる竜巻、かな。


 考え込むルキフェルの隣に腰掛け、お茶の支度をしながらベールが口を開いた。


「別の魔術を失敗した可能性はありませんか?」


 転移先の指定を間違い、空中に放り投げられた。確かに考えられる。だが……ルキフェルが考えた竜巻と同じ、見過ごせない問題点があるのだ。


「僕なら竜巻で舞い上げるし、転移の到達点が空中にずれた可能性も……あるんだけど。どっちもあり得ないんだ」


「魔力量、か?」


 ペンを置いて、書き終えた書類を積んだルシファーが立ち上がる。ちょうどドアが開いて、ヤンを連れたリリスが入室した。またノックを忘れている。注意するベールに「ごめんなさい」と素直に謝罪するが、明日もまた同じことをするだろう。リリスにとって、ノックは重要度が低い案件らしい。


 ベールと並んだルキフェルの向かいに座るリリスの黒髪にキスをして、ルシファーが隣に座った。すぐに足元にお座りするヤンは、ペットの大型犬にしか見えない。森の獣王フェンリルは、誇り高い一族のはずだが。


「今日のおやつよ。上手に出来たの! なんと、爆発しなかったのよ」


 嬉しそうに語るリリスに、ベールが驚いた顔で「爆発しなかったのですか?」と確認する。頷いたリリスが籠から焼き菓子を取り出した。向かいでベールは蜂蜜を籠から出して、机の上に並べた。2種類あるが、採取した花が違う。魔蜂が献上した蜂蜜は量が多かったので、小分けにしたのだ。


「開けてもいい?」


 蓋を開けたリリスがくんと鼻で匂いを確かめ、目を輝かせた。


「薔薇の香りがするわ」


「ええ。城内の薔薇園で働く彼らが採取してくれました」


 ベルゼビュートが作った薔薇園内で、花の交配や手入れを手伝いながら蜜を集める魔蜂は、地味だがあちこちで重宝される種族だった。小柄な体だが知能は非常に高く、時には警備も担当する。魔王軍の中にも特殊部隊に配属された魔蜂がいた。情報収集を行うのに、擬態の必要もないのが強みだ。


「ルシファー、後でお礼を言いに行きたいわ。ルーシア達に声をかけるから、温室へ行ってもいい?」


「ああ、ヤンとイポスも同行してもらえ」


 魔王城内は、リリスを害する他者の心配がいらない。侍従や侍女の目も届くため、ルシファーはある程度自由にさせた。ルキフェルが迎えにきて2日目だが、まだ書類の山は平らにならない。もう数日は動けなかった。


「どうぞ」


 話がついたタイミングで、ベールがお茶を差し出す。蜂蜜を入れることを想定したため、少し濃く入れられたお茶はハーブティーだった。すっきりした香りが印象的なお茶を口元に運び、リリスが頬を緩める。


「ありがとう、すごく美味しいわ」


「リリス、このクルミの入ったの美味しい」


 もぐもぐと頬張ったルキフェルの褒め言葉に、頷いたリリスが1枚手にとった。そのままルシファーの唇に押し当てる。ぱくりと咥えたルシファーが咀嚼し、ふわりと柔らかく微笑んだ。


「いつもより軽い味だ。蜂蜜の入ったお茶によく合う」


 ふふっと笑ったリリスは、ルシファーが食べさせるクッキーを齧りながら、思い出したように話を戻した。


「それで、魔力量って何のお話?」

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く