魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

945. 圧倒的格差の戦い

 ベルゼビュートが正気なら、自分を守る障壁を展開している。結界と同じで、簡単に攻撃を通過させたりしない。精霊を司る女王の名に相応しく柔軟に状況に対応する、害意を弾く障壁を操った。


「障壁が薄い」


 にやりと笑うルキフェルは、その発動具合を確かめるために初手を物理攻撃にした。いきなり強烈な魔法陣を使って、消し飛んだら寝覚が悪いからね。子供の頃と同じ無邪気で残酷な笑顔で、前髪をかき上げた。


「3割もいらないかな」


 全力を出す必要はない。侮る発言をしたルキフェルの背に、竜の羽が広がる。羽の上部に爪が現れ、ルキフェルが魔力を解放した。圧倒的な武力で敵を潰すのが、竜王の戦い方だ。にやりと笑う口元に、収まりきらない牙が覗く。獰猛な獣の一面を出しながら、ルキフェルは冷めていた。


 呼び出されて対峙し、久しぶりに本気に近い戦いが出来ると思ったのに、こんな腑抜けたベルゼビュートを叩きのめしても自慢にならない。がっかりした分を、別の形で要求してもいいはずだ。ひとまず、両手足を折って地面に叩きつけてやろう。


 八つ当たりを兼ねたルキフェルの攻撃が始まった。呼び出した魔法陣を周囲に配置しながら、それを作動させない。風を操り地を蹴って空に舞い上がった。飛び降りた先で放った蹴りを、辛うじてベルゼビュートが避ける。左に逃げた彼女を追い、空中に作った壁を蹴飛ばして方向転換する。着地する手間を省いた攻撃は早く、逃げ損ねたベルゼビュートの右手が捉えられた。


「……もうルキフェルのだ」


 周囲の魔法陣は無駄に存在しているわけじゃない。そう呟いたルシファーは、不思議そうなリリスへ指差して説明した。


「ほら、リリスなら魔力の流れが見えるだろう。あの魔法陣は風の補助を、向こうのは足場を作る支えになってる。魔法陣を周囲に配置し終えた時点で、ルキフェルが最も戦いやすい状況が整えられたんだ」


 自分が最も戦いやすく、防御しやすく、同時に敵を逃さない包囲網だ。出来の悪い操り人形にされようが、ベルゼビュートは大公の1人だった。油断をして逃す失態を、ルキフェルが己に許すはずはない。完璧に布陣した領域で、動けなくして捕らえる気だった。


「よかった、それならベルゼ姉さんも大丈夫ね」


「ああ、大丈夫……っ! たぶん」


 ルシファーの返事が途切れ、頼りなく締めくくられた。大爆発した衝撃で、結界の外の様子が見えない。ルキフェルの水色の髪と羽の爪がちらりと見えた。それからピンクの髪がちらり……。


 さすがに殺さないはず。そう信じていても、目の前で森を破壊しながら戦う彼らの姿に、ルシファーの胸を心配が占める。止めようか、だが頼んだのはこちらだし。


 ちらりと後ろを見ると、大公女達は真剣に戦いに見入っていた。みとり稽古とはいうが、今回は意味合いが違う。まだ若い彼女らにこんな殺伐とした、仲間同士の戦いを見せて平気か。葛藤するルシファーをよそに、ルーサルカがイポスに尋ねる。


「今、ベルゼビュート様が使った技、あとで教えてもらえませんか?」


「ああ、あの刺突か。いいぞ」


 にっこり笑う人のいいお姉さんに見えるが、内容が刺突である。刺殺す稽古の約束はどうだろう。


「防ぐ時って、水魔法でいけそうね。その訓練に私も参加させてくださいませ」


 ルーシアは防御方法を構築する気らしい。たくましくなった彼女らを褒めた方がいいのだろう。リリスを守る彼女らが弱いままでは困る。だが悪い影響を与え合う関係はもっと悩ましかった。溜め息をつく魔王の苦悩は、戦う部下そっちのけで深まる。


 両手を首に回したリリスが、ぐいっとルシファーを引き寄せ、耳元でお強請りした。


「私も刺殺覚えたい」


「リリス……刺殺じゃなくて、刺突だ」


 危険の芽は早く摘むに限る。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く