魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

891. 置いていくか、連れていくか

「いけません。置いて行きなさい」


 見送りの中庭は緊迫していた。


 準備を整えた魔王と魔王妃、大公女4人、アベル、護衛のイポスが集まっている。それぞれの婚約者は、後からアスタロトかベールに送り届けてもらう予定だ。ストラスをはじめとし、アベル以外の全員が仕事持ちだった。


 暇なアベルは最初からついてくるが、ついでなので護衛の仕事を依頼しておいた。当人は「俺より強い人に護衛は要らないと思う」とぼやいたが、ルーサルカと一緒にいる理由になると受けた。


 アデーレが上手に邪魔したようで、見送りにアスタロトは同席していない。


「いいじゃない! 可愛いし、私達に懐いてるわ」


 理由にならない理由を並べ、ルシファーが背負ったレラジェを連れて行こうとする。リリスのお願いで幼児を背負う魔王の姿に、ベールは大きな溜め息をついた。


 この光景が魔族の民にどう見えるか。少し考えてくれればいいのですが……魔王妃リリスが絡むと思考が溶けるルシファーに期待はできない。憎まれ役を買って出るベールは、きっぱりと否定した。


「誤解を生むから絶対にいけません」


「どう誤解されるのよ」


 唇を尖らせてごねるリリスの隣で、幼児を揺すって眠らせながらルシファーは口を開かない。こういった場面で下手に口出しすると、火傷するからだ。もちろん、リリスが危険なら命懸けで口出しする覚悟はあった。


「いいですか? 魔王陛下を幼くした顔立ちの、魔王妃殿下と色の似た子供です。分かりますね?」


 魔王がすでに魔王妃に手出しして子供を産ませていた――ベールが懸念する噂はこの辺だろう。


「分からないわ! 別に私の子じゃないし、尋ねられたら答えればいいじゃない」


 アンナの性教育を終えたリリスは、子供がどうやって宿り、どう産まれるか学んでいる。自分が産んでないと確信があるから、言葉で通じると思っていた。


 ここで問題である。面と向かって魔王や魔王妃に尋ねる強者が、魔族にどれほど存在するだろう。大公クラスでもなければ、貴族でも口を噤んで忖度してしまう状況だった。


 デリケートな問題なのだ。魔族の妊娠期間は種族ごとに違うが、一般的に1〜2年が多い。つまり12〜3歳のリリスとコトを致さないと、14歳の現在に子供は存在しない。しかも途中で幼児に戻ったリリスをどの段階で抱いたのか。


 下世話ながら想像すると顔が引きつるのも、当然だった。そういった予想される醜聞から魔王を守るのも、側近の役目である。


「陛下、昨年の段階で若すぎる殿下を孕ませたと噂になります」


「それは困る」


「でも連れて行きたいの!」


「……本当に困る」


 ベールの説得に頷きかけたルシファーだが、リリスが駄々を捏ねると弱い。どっちの言い分も理解できるので、少し考えて妥協案を出した。


「この子の色か顔立ちを、魔法で変えたらどうか?」


「可哀想!!」


「リリス様、よろしいですか? 着ぐるみのような恰好はいかがでしょう。子供がより可愛くなる、こちらの猫着ぐるみはオススメです」


 予想外の助っ人が現れた。イポスが珍しく主張して収納から愛らしい黒猫の着ぐるみを出す。何に使うつもりで保管していたのかは知らないが、正直助かった。


「着せてみて、レラジェが嫌がったら脱がせればいいだろう。どうだ? きっと似合うぞ」


 ルシファーが協力して、イポスの案を推す。少し迷ったあと、黒猫の恰好が可愛いのでうなずいたリリスが、今着ている子供服の上から着せてみた。もぞもぞ手足を動かしたあと、レラジェは嬉しそうに笑う。


「かわい?」


 こてんと首をかしげる姿に、女性全員が息ぴったりに叫んだ。


「「「「「「可愛い(ですわ)」」」」」」


「よし決まりだ。ちょっといいか」


 黒にちかい灰色なので、黒猫の仮装は髪の色も誤魔化せる。顔はそのまま見えるので、猫に見えるよう魔法でヒゲを生やした。手で触って喜ぶレラジェと手を繋ぎ、リリスはベールに尋ねた。


「これなら連れて行ってもいいでしょ?」

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く