魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

795. わからないなら結構です

 それから数時間後、日差しがすっかり高くなった頃にひとつのヒントが齎された。というのも、散歩がてら森の様子を見に行った翡翠竜が、とんでもない勢いで戻ってきたのだ。中庭でそわそわしていたレライエを見つけて飛びつき、人目も憚らず泣いたという。


 ヤンをベッド代わりに私室として接収した客間で寛ぐルシファーは、少し考えて眉をひそめた。情報を持ち込んだアスタロトが指摘する。


「レライエ嬢とアムドゥスキアスが不安を感じなかったのは、一緒にいた為でしょうか」


「おそらく、そうだろう。眠っていたリリスや隣の部屋にいたルキフェルは影響を受けた。だが近くに必要な存在を認識して、起きていた我々は影響下になかったのだろう」


 そこまで推測を立てたルシファーが、ひょいっと顔を上げた。じっと側近の顔を見て、部屋の中をぐるりと確認する。


「なあ、お前の大切な奴って誰だ? アデーレじゃないのか」


 あの時、部屋にアデーレはいなかった。そういえば、ベールもあまり揺らがなかったようだ。


 きょとんとした顔で見つめる主君に、アスタロトは身体中の息を吐き出す勢いで溜め息をつく。鈍感にも程があると額を押さえる。大切な存在というなら、自分の命以上に優先する魔王あなたがいるでしょう。愛する妻を喪っても、常に優先した主君自身に伝わっていなかった事実に、がくりと肩を落とした。


「わからないなら結構です」


「……ベールとアスタロトはもしかして」


「その吐き気のする想像をやめないと、首を落としますよ?」


 ふふふ……本気で吸い殺してあげましょうか。怒りに満ちたアスタロトの赤い瞳に射抜かれて、ルシファーはぎこちなく視線を逸らした。本気で殺されそうな気がする。冗談は場と相手を選ばないと、命取りだった。


「す、すまん。タチの悪い冗談だった」


「そういうことにして差し上げます」


 無言でこくこくと頷いたところで、ベルゼビュートも平気だったことを思い出した。


「ベルゼは嫁に行けそうにないな」


「そういえば、けろりとしていましたね」


 話を逸らす意図に気づきながらも、アスタロトは素直に話に同調した。あまり追い詰めると逆襲されかねない。すやすや眠るリリスの黒髪を撫でながら、ヤンの毛皮で包まれるルシファーがもう1人反応しなかった人物を口にした。


「アンナ嬢はなぜ平気だったのか。イザヤは慌てて駆け寄ったと聞くが」


 恋人同士のはずだ。兄弟であり、この世界で3人しかいない日本人なのに、彼女は不安に同調しなかった。気づいた違和感が、まとわりつく気持ち悪さを残す。


 魔の森が生んでいない種族だが、イザヤは影響された。あの場にいなかったアベルの反応はわからないが、調べる価値はありそうだ。飛び起きようとして、リリスが掴んだ髪に気付いて動きを止める。


「私がルキフェルに伝えてきます」


 ソファで書類を読み込んでいたアスタロトが立ち上がり、物音もなく部屋を出て行った。しまった扉を見つめながら、何かを見落とした気がして首をかしげる。しかし思いつけないまま、ヤンの毛皮に身を預けた。


 灰色魔狼フェンリルは長毛種だが、背中やタテガミは硬い毛に覆われている。柔らかいのは腹部の毛だった。丸くなったヤンは急所となる腹部を晒して、忠誠を示している。幼いリリスに耳や尻尾を引っ張られ怯えたことも……。


 ふと、動きを止めて後ろのヤンを振り返る。背中側の大きな窓から差し込む日差しが心地よいのか、彼は大きな目を閉じて眠っていた。


「そういえば、ピヨはヤンを求めたが……ヤンは何も求めていなかった。どうしてだ?」


 アンナやベールに感じた違和感が、再びルシファーの頭を満たす。何か法則があるはずだ。それさえ分かれば、解決への糸口が掴める気がした。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く