魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

783. 海からの訪問者達

 海辺の磯の香りは独特だった。転移した2人に、魔王軍の数人が駆け寄る。見張りに残した半数は、何やら小型の生物を取り囲んでいた。残りの姿は見えない。


「ご報告申し上げます。霊亀が隣の浜から上陸し、半数は後を追っています。残りはここであの生き物を捕獲しました」


「ご苦労でした」


 労うベールが森の方へ視線を向けると、確かに大きな生き物が木々を押し倒して進んだ形跡がある。後を追うか、この場にいる生き物を確認すべきか。迷うベールをよそに、ベルゼビュートは砂浜に降りていく。


 人族の村があった浜辺は、多くの足跡が残る。獣系だったり、水かきがあったり、靴やヒールだったりする足跡の上に、小さな生き物が複数蹲っていた。


「なに、これ?」


 ベルゼビュートの疑問に、ベールも眉をひそめる。見たことがない種族だった。下半身が魚なのだが、上半身が緑色の肌の人族に似ていた。一番近い姿は、蛇女族ラミア達だ。彼女らは上半身が女性で、下半身が蛇である。


 人族に似た上半身を持つのに、顔はカエルに似ていた。日本人なら「皿のない河童の人魚」と評しただろう。奇妙な姿の彼らは、10歳前後の外見だった。ぎょろりと目が大きく、幼く見える。白目部分がなく、大きな瞳のすべてが黒かった。


「子供なの?」


 不思議そうにしながらも、危険を感じないことからベルゼビュートはすぐ近くでしゃがんだ。ドレスの裾が波に触れるが、気にせず覗き込む。


「触ってもいい? 言葉は通じてるかしら」


 手のひらを上に向けて手前で止めれば、彼らは顔を見合わせた後、1匹がそっと触れた。手の上にぺたりと己の手を重ね、顔に対して不自然に大きな黒い目を見開く。


「きゅー!」


 仲間に何やら声をかけ、次々とベルゼビュートの手に触れた。指を握ったり、手の皮膚を撫でたり、興味津々といった様子だ。


「どうしたらいいのかしらね」


 擽ったさに頬を緩めるが、やはり危険は感じなかった。彼女の打ち解けた様子に、警戒していた魔王軍も拍子抜けした様子で肩を竦める。


「ベルゼビュートではなく、ルキフェルかアスタロトを連れてくるべきでした」


「なによ、あたくしだからさわれたんじゃない」


 危険でないとわかれば、種族の分類に詳しい者の方が役に立つ。研究職のルキフェルは、すでに滅びた種族であっても区別がつく。アスタロトも文官の頂点に立つ者として、様々な知識を蓄えていた。しかし彼女の言葉通り、他の2人は簡単に触らないだろう。


「この子達、肌が冷たいわ。水の中の種族みたいね」


 そっと頬に触れてみる。カエルに似た顔立ちも、よく見れば愛嬌があって可愛いと笑うベルゼビュートだが、頭の毛に似た物に触れると首をかしげた。


「髪の毛じゃなくて、触覚みたいな感じだわ」


 温かい肌にすがりつく1匹を抱き上げ、ベルゼビュートが振り返った。


「とりあえず、連れて帰りましょう」


 そう口にした途端、小さな生き物達が「きゅー」と大きな声で何度も鳴いた。鳥の声に似た甲高い声は、警告音を思わせる。連れて帰るのはやめようかとベルゼビュートが眉をひそめたとき、海の波が急に泡立った。


 巨大な生物が近づき、波が荒れて高くなる。その波に飲まれそうになったベルゼビュートは、抱いた1匹を連れたまま後ろに逃れた。足元の小さな子らは波に飲まれたものの、器用に尻尾を使って泳いでいる。溺れる心配はいらないようだ。


「ちょ……っ、いや、なに!?」


 叫んだベルゼビュートの足首に、細長い白い触手のような物が巻きついた。ずるずると海に引きずられるベルゼビュートが悲鳴を上げる。振り返ったベールは、その光景に驚いて息を呑んだ。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く