魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

780. 説明したけど伝わりませんでした

 詳細を聞き終えた部屋の中は静まり返っていた。世界そのものを滅ぼす兵器が存在することもだが、実際に世界がひとつ滅亡した可能性も恐ろしい。しんとした部屋に、リリスが明るい声を出した。


「流れ込んだ汚染はほとんど取り除けたの」


 魔の森の娘の断言に、全員が首をかしげる。除去できた……今後影響を受けることはないと聞こえた。アスタロトが慎重に尋ねる。もし間違って理解し、民に被害が出れば取り返しがつかない。


「消えた……のですか?」


「うーんと、こう吸収してから違う物質にするのよ。それで外へ出すの」


 大きく手を振り回して説明するが、リリスも伝え方に苦慮している。アンナが手元のお茶を引き寄せた。ジャスミンの香りに表情が和らぐ。考え込んでいたイザヤが口を開いた。


「失礼ながら、魔の森が分解して汚染が消えたという解釈で正しいですか」


 魔王妃となるリリスと魔王ルシファーが並び立つ場で、非公式だが丁寧な言葉を選んだ。ぽんと手を叩いたリリスが「そう、それよ」と嬉しそうに笑う。自分の言いたいニュアンスが通じたことに満足し、ルシファーの膝に座った。


 テーブルの上の小さなチョコに手を伸ばし、リリスは口にひとつ入れ、もうひとつをルシファーの唇に押し付けた。話の内容を整理していたルシファーは、当たり前のように口に受け入れる。


「魔の森が魔力を海へ流した理由を知ってるか?」


「ええ、わかるわ。海は分解に必要な魔力を、森から借りて返したの」


 魔力を貸し借りする意識がないアスタロトは、さらに複雑になった話に考え込んでしまった。アベルは「金の貸し借りみたいなものか」と首をかしげながら、何かに置き換えて理解しようと試みる。


「海にも魔の森のような意思があるのですか?」


「うーん、あるけれど……魔の森とは少し違うのよ。だからカルンや亀が来たのだと思うわ」


 魔の森ほど明確な意思はない海の代理人として、亀や珊瑚が使者に立った。そう説明されても曖昧過ぎて理解が難しかった。なにしろ、つい先日まで海に関わることすらなかったのだ。魔族が確認されていない海は、魔王の管轄外だった。アスタロトはいくつか質問し、リリスがそれに答える。


 判明したのは『海は魔の森から魔力を借りて返した』こと。『海にも意思がある』『霊亀や珊瑚のカルンは海の意思を伝えに来た』『異世界からの汚染物質は、海が分解して栄養素にしてしまった』まで。


 話していた時間は長かったらしく、4人の少女達がドアをノックした。入室を許可すると、冷めた紅茶に気づいたルーサルカがカップを下げて淹れなおす。今度は種類を変えてレモンバームだった。すっきりした香りが気持ちをリフレッシュさせてくれる。


「お話し合いは終わりましたか?」


 シトリーが穏やかな口調でリリスに尋ねる。ルシファーの膝の上に座った少女は、黒髪に絡めた銀鎖の音をさせながら首を横に振った。


「だめなの、ちゃんと伝えられなくて困ってるわ」


 リリスは感性に任せて自由な発想や言動をする。それがアスタロトのような理論立てて行動する者には、理解しづらいのだ。状況を把握したルーシアが頷いた。


「リリス様、もう一度お話しください。私たちがご協力しますわ」


 通訳と表現するほどではないが、長く一緒にいた彼女たちはリリスの言動に慣れている。彼女が使う独特な表現も、他の言葉に置き換える術にも長けていた。


 レライエの肩へ移動した翡翠竜は、恋人の耳飾りをご機嫌で揺らす。自分の鱗を使った翡翠色の耳飾りが、涼やかな音をたてた。恋人の身に自分の一部が飾られた状態が嬉しくて、揺らしすぎたアムドゥスキアスが「煩い」の一言で肩から降ろされるまで、それは続いた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く