魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

734. こども返り

「魔王軍の総指揮をベールへ一時預けとする。軍に魔の森すべての調査を命じよ! 魔力が薄い地点を見つけ次第、オレかアスタロトへ報告。これは非常事態時における最優先命令だ」


「僕が伝える!」


「通達を終えたら、ベルゼの手伝いに入れ」


「わかった」


 ルキフェルが敬礼して駆け出した。まだ軍服姿の青年を見送り、アスタロトは魔力供給の協力を仰ぐべく、貴族招集の準備を始めた。ルキフェルを追うようにアスタロトが中庭へ向かう。振り返ったルシファーの目に映ったのは、驚いた表情で固まるリリスだった。


 彼女の不調は、魔の森と関係があるだろう。魔の森の娘であり分身でもある彼女が、幼い言動を始めたのはここ最近だ。我が侭を振りかざす姿を愛らしいと見逃したのは、少女となったリリスの振る舞いに寂しさを覚えたから。


 幼女の頃のように我が侭を口にする彼女を、ただ可愛いと思った。ずっと抱っこして庇護できる状況が楽しくて、いっそ成長しなければいいとさえ願う。己の身勝手な感情をリリスがくみ取ってくれたと勝手に思い込み、都合よく振り回した。


「ごめんな、リリス」


「どうして謝るの?」


 幼女から少女へ順調に成長を重ねたなら、さほど感じることはなかった。失いかけて幼子からやり直したのに、今度は一気に元の姿に戻る。そこで感情が追い付かなくなってしまう。少女だと理解しているのに、幼かった頃と同じ接し方をして……ルシファーが望んだ成長なのに。


「改めて話をしよう。リリスはしばらくアデーレと一緒に……」


 安全な魔王城の中にいなさい。そう告げようとしたルシファーに、リリスはぽろぽろと大粒の涙をこぼした。慌てて駆け寄ると、ぎゅっと首に手を回して抱き着いた。そのまま離れようとしない。


「リリス、民や森を守らないといけないんだ。危険だからここにいて欲しい」


 説得するルシファーの言葉に首を横に振る。そこへ非常事態宣言を受けて駆け付けた少女4人が飛び込んだ。彼女たちがいればリリスも落ち着くはずだ。そう考えて手を解こうとしたルシファーに、リリスは泣きながら「嫌だ」と何度も呟く。


「リリス様」


 駆け寄ったルーサルカの伸ばした手を、リリスは拒んだ。困惑した顔のルーシアとシトリーが顔を見合わせ、レライエは眉を顰める。少女達が感じたのは、リリスの異常な幼さだった。幼女の頃より感情的な言動は、何かの枷が外れてしまったように見える。危うい気がした。


「やだ、と一緒」


 それはフェンリルに初めて引き合わせた頃の呼び方だった。引き剥がそうとするルシファーの手が、目に見えて力を失った。困るのに嬉しいと思ってしまう。迷うルシファーへ、アデーレは何でもないことのように微笑んだ。


「問題ありませんわ。お連れすればよろしいと思いますよ。赤子の頃から危険を顧みず、常にご一緒だったではありませんか」


 赤子のリリスを連れて勇者を撃退し、幼子を抱いて人族の砦を落とした。確かに今更なのだ。危険だからこそ、手の届くところで守ると言い切ったのは自分ではないか。


「そうだな、一緒に行こう」


「ほんと?」


 置いていかないかと不安そうに尋ねるリリスの涙を唇で拭い、彼女を抱いて立ち上がった。両手が塞がる? リリスが危険かもしれない? いざというときに守れない可能性を考慮したら、大した問題ではない。隣にいてくれなくては、すぐ手の届く距離にいなければ、助けられないだろう。


「リリス、手が冷たいけど……どこか具合は悪くないか?」


「うん、平気よ。


 少女になってから使わなくなった呼び方が耳に懐かしく、自然と口元が緩んだ。抱き上げたリリスは驚くほど軽く、その異常さが緩んだルシファーの気を引き締める。


「そなた達もついてまいれ」


 何か出来ることがないか、強い意志を秘めて進言しようとした少女達へ役目を与える。腕の中で首に手を回したリリスの軽さに、魔の森の深刻な状況が窺えて……ルシファーは足早に部屋を出た。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く