魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

724. 禁じ手も飛び出す4戦目

 優雅に構えを取るアスタロトに対し、王冠を兼ねる髪飾りを外したルシファーがひとつ長い息を吐き出した。扇をベルトに差し込み、ルシファーも左足を前にした構えを見せる。ついでに呪われた髪飾りを放り出すが、ルキフェルの魔法陣がしっかり回収した。


 シンと静まった会場で、ルシファーが先に動いた。高く上げた足で蹴りを放つ。足首を手のひらで受けたアスタロトが身を屈ませて懐に飛び込み、地に手をついたルシファーが宙返りで避けた。着地の瞬間を狙う爪に、ルシファーがぴたりとタイミングを合わせて浮遊する。


 曲芸のように、爪の上に立った魔王がさらに宙返りして距離を取った。歓声が沸き起こり、周囲に拍手が響き渡る。かつてない盛り上がりを見せる勝ち抜き戦に、アスタロトは唇を軽く湿らせた。


 ふっ、短い呼吸の直後、突き出されたアスタロトの手を掴んで身をよじるルシファーが、その手首に強く力をかける。折るつもりの魔王の意図を察して、アスタロトは手首を軸に躍るように回転した。するりと逃げてしまったアスタロトの手が翻り、爪がルシファーの服をかすめる。


 僅かに切り裂いた布がはらりと芝の上に落ちた。


 あちこちから歓声と応援の声があがり、意外にもアスタロトは女性に人気が高いらしい。ルシファーがにやりと笑みを浮かべれば、そちらにも女性から声がかかる。美形同士の戦いは目の保養と、奥様やお嬢様方の憧れの視線が注がれた。


「ルシファーって、モテるのね」


 今更な発言をするリリスへ、ルーシアが笑いながら肯定する。


「そうですわね、最強でお優しい方ですから。リリス様もよくご存じでしょう?」


「戦うと怖いですよ」


 翡翠竜がぼそっと呟く。かつて魔王城を一部破壊したドラゴンは、婚約者の膝の上で身震いした。混乱して記憶の曖昧な部分もあるが、魔力だけで自分を叩き潰した魔王の強さは身に染みている。魔法も、制御用の魔法陣も使わなかった。感情に任せて揮われた魔力による圧迫は、骨が軋む痛みとともに覚えている。


「お城を壊されたら、ルシファーだって怒るわ」


 魔王史をすべて読んだリリスは、数千年前の大公選びの騒動も目を通した。彼の不幸な事情には同情するが、住処を壊されたルシファーが怒ったのも当然だ。そう告げれば、首を竦めたアムドゥスキアスが溜め息をついた。


「そうなんです。よく許してくれましたよね」


 殺されなかったのが不思議だ、そう呟くチビドラゴンの背を撫でるレライエが苦笑いする。


「陛下は事情を汲まずに処分するお方じゃないぞ」


「ええ。本当に……寛大な陛下のおかげで、私も新たな婚約者を得ましたし」


 にこにこと機嫌よく尻尾を振り始めた翡翠竜が、高まる魔力に反応して鱗を揺らした。


「勝敗がつきそうです」


 慌てて会話を打ち切った少女達の視線の先で、アスタロトの爪が叩き折られた。パキンと甲高い音で折れた爪がルシファーの手を僅かに傷つける。


 ルシファーの顔へ繰り出された手刀はまっすぐに目を狙い、その手前でルシファーが爪を掴んで捩じったのだ。斜めに強烈な力をかけられた爪はこらえきれずに折れたが、魔力により高めた強度がルシファーの手のひらの皮膚を僅かに裂いた。


「ふぅ……今のはヤバかった」


 爪を掴んだのは、顔のわずか10cmほど手前だ。ぎりぎりのタイミングだった。目に向かう攻撃は避けづらく、反応しづらい。魔王軍も訓練を兼ねた手合わせで顔への攻撃を禁じていた。事故が起きる可能性が高いからだ。


「禁じ手まで使うなんて」


 ベルゼビュートが眉を顰めるが、逆にベールは感心していた。


「陛下の格闘戦の腕が上がっています。アスタロトがとは驚きました」


 禁じ手まで使って攻撃するほど、アスタロトに余裕がなかった。その視点に、分析していたルキフェルも頷く。


「そうだね。最後の方は余裕がなかった」


 するとベルゼビュートは嬉しそうに鼻を鳴らし「あの男も大したことないわね」と余計な一言を発する。顔を見合わせたベールとルキフェルは、発言の報復を思って肩を竦めた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く