魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

683. 仮縫いと嘆くなかれ

 最終日に着用する予定の黒いドレス以外は、なんとか仕上げたアラクネ達がほっと息をついた。しかし最後の黒ドレスはルシファーと対で作るため、ルシファーの分を合わせれば2着がほぼ手付かずだ。


「間に合わないわ。お祭りはもう明日よ」


 青ざめたアラクネが、リリスの仮縫いを終えたドレス生地を手に大きな溜め息をついた。直前にカカオ豆祭りや幽霊騒動があったので、全体にスケジュールが押してしまったのだ。


 リリスの予定が狂えば、仮縫いも遅れ、仕上げも遅れていく。当然の結果だが、衣装に関して完璧主義のアラクネが手を抜くはずがない。万が一手を抜いたら、それはそれで黒い魔王が出現しそうだが……。


 今の時点で仮縫いであっても、ルシファーはさほど心配していなかった。逆に彼女達が大騒ぎする理由がわからない。きょとんとした顔で、仮縫いを終えてワンピース姿のリリスを膝に乗せた。


「あーん」


 小さめの菓子をひとつ、リリスの口に入れる。素直に食べるリリスが「美味しい」と頬を緩ませた。アンナに強請られたイザヤが作ったメレンゲだが、檸檬の酸味が絶妙なのだ。香りもよく、上部に柑橘の皮を擦り下ろしてあった。ほのかな苦味が大人っぽいと、少女達に大人気だ。


 いっそ菓子屋を開業しても食べていけそうだが、彼は妹のために作るだけで売る気はないらしい。欲がないと笑ったら、逆ですと返された。貪欲に妹を求める姿のことか。


「……明日まで、寝ないで仕上げれば」


 間に合うかもしれない。そんな不吉な言葉を、ルシファーが遮った。


「徹夜すると肌が荒れるぞ。女性の天敵だろう。なにより、我が民を不眠不休で働かせてまで着飾る気はない」


「ですが! 請負った以上は仕上げてこその仕事ですわ。代金を頂くんですもの」


「当然だ」


 一見矛盾した言葉を吐いて、ルシファーはもうひとつ菓子をリリスの口に入れた。唇に押し当てると、ぱくりと中に飲み込まれる。指についた粉まで舐め取られ、表情が和らぐ魔王は肩を竦めて言い聞かせた。


「いいか? リリスやオレが黒い衣装を着るのは、最終日だ」


「は、はい」


 何を当たり前の事を今更? そんなアラクネが見落とした重要な部分を繰り返した。


「着るのは7日後、ならば明日納品する必要はない。祭りの6日目に納品すれば……徹夜は必要あるまい」


「え? あ、でも……そうかも」


 反論しそうになって混乱し、8本の脚がばたばた動いた後、アラクネはぴたりと動きを止めた。じっと考え込んで、後ろの衣装を振り返る。まだ仮縫い状態だが、地模様は布に織りで表現されているし、本縫いを済ませたら、宝石類を縫い止めて小さな刺繍を施す程度。それも面積としては多くない。


 揺れて光の当たり方が変わると柄が浮かぶよう、織りによる模様に凝ったためだ。後から行う作業は少なかった。


「そもそもギリギリになった理由は、その織りが難しかった為と聞いている。表面の加工はさほど多くないだろう」


 広く浅い知識だが、織物や女性物の衣装の製作に関する知識も蓄えたルシファーは、アラクネに菓子を勧めた。


「わかったら、落ち着いて菓子でも食べろ。祭りを楽しんで、その合間にドレスを仕上げればいい」


 それまで黙って聞いていたリリスは、選んだ焼き菓子をルシファーの口に近づけた。


「あーんして」


「あーん」


 菓子を食べる間静かになる魔王の代わりに、リリスがアラクネに話しかけた。


「私の衣装だもの。本縫いが終わっていれば構わないわ。貴女達が祭りを楽しめなくなるなら、他の衣装でも構わないくらいよ」


「絶対に間に合わせます!」


 気遣いに感涙するアラクネの脚が、器用に涙を拭う。このままでは祭りそっちのけで働きそうなので、リリスは笑顔で釘を刺した。


「祭りの半分は絶対に遊んでね。もしそれ以上仕事をしたら、私は袖を通さないから」


 くすくす笑うお姫様は、それはそれは幸せそうに笑う。穏やかな午後の日差しが差し込む執務室で、祭りは明日に迫っていた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く