魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

642. 後悔できる立場だから出来ること

 こってり3時間も説教されたルシファーは、渋々書類整理を始めた。嫌がらせかと勘繰るほど、大量に積まれた書類を1枚ずつ確認する。人族の生息数を減らしたことで、ここ最近は襲撃の話を聞かない。傷つけられる魔族が減ったため、事後処理が少なくなり、討伐依頼や救済措置の嘆願も見かけなくなった。


「うーん、こんなに効果があるなら……もっと早くに討伐するべきだった」


 唸りながら、魔族から魔物へランクを下げられた人族の報告書を眺める。ファイル1冊に纏められた内容を見る限り、過去の統計と比較しても人族の襲撃が少なかった。それだけの余力がないのだろう。


 一番多かった時期の1/3まで個体数を減らし、生息域も限定した。人族を海沿いに追いやったことで、アルラウネのように外縁に棲む弱い種族が襲われる確率も下がる。今までの政策が失敗だったと目の前に数字を突きつけられ、機嫌のいいアスタロトの顔と交互に数字を眺める。自然と溜め息が漏れた。


 無駄に魔族を苦しめたのが『人族への同情』だったとしたら、己の判断の未熟さが染みた。過去に襲撃され殺された魔族に、謝る言葉すら思い浮かばない。頭を抱えてしまったルシファーへ、アスタロトは厳しい言葉と承知で口を開いた。


「後悔するなら、今後の判断の糧にして民を守ってください。それと……後悔できるあなたはのです。良かったですね、で」


「そうだな。オレは後悔してられるんだから、生きてる今に感謝して、これから不条理に魔族を害されないように努力しなくちゃな」


 苦言を受け止めたルシファーの決意に、隣で押印を手伝っていたリリスが大きな赤い瞳を瞬いた。


「ルシファーが嫌なら、私が滅ぼしてもいいわ」


 何を? そう対象を尋ねる意味はなく、また彼女の手を汚す必要もない。首を横に振ったルシファーが、彼女をそっと抱き寄せた。黒髪をルシファーの肩に寄せたリリスに、書類を整理するアスタロトが声をかける。


「魔王妃殿下が手を下すなど、恐れ多いことです。それに……あれは我々の獲物ですよ」


 大公である4人は基本的に人族排除派だ。原始の種族であると考えたから我慢していた。ルシファーが庇うから手を引いただけ。許しがあれば、いつでも確実に殲滅せんめつすることに躊躇はない。


「配下の仕事を取ってはいけない、リリス」


「わかった。アシュタ達に譲るわ」


 にっこり笑うリリスは、持ち歩いている白い毛皮のポシェットから瓶を取り出す。幼い頃から大切にしている小瓶を振り、中から飴を摘まんで口に入れた。アスタロトに差し出して取ってもらい、ルシファーの口へは自らの手で押し込んだ。


 子供の頃に両手で揺すった瓶は、成長した今では片手で扱える小さな物だ。


「まだその瓶をお使いでしたか」


 最近は見かけないので忘れていたアスタロトに、リリスはきょとんとした顔で瓶を眺めてから頷いた。


「だってにもらったんだもの。ルシファーのプレゼントはどれも大切な宝物よ」


「……いま、パパって呼んだ?」


 懐かしさに目を輝かせるルシファーの前に、どさっと追加書類が積まれた。崩れそうな書類を慌てて両手で押さえる。


「我々はこの後、集会がありますが……明日の午後に戻ります。それまでに、この書類を片づけてくださいね」


「わかったわ」


「……はい」


 先にリリスが承知してしまったため、断れなくなったルシファーが「いやだ」と呟きながらも返事をする。書類処理の期限をしっかり念押しして、アスタロトは執務室を出た。明日まで彼らをこの部屋に釘付けにするための手筈は整った。


「さて……我々も、息抜きが必要ですからね」


 物騒な呟きを残し、アスタロトは足早に中庭へ向かった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く