魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

592. 勇者の痣は呪い?

 生き残って降参したを前に、ルシファーは眉をひそめた。今回の襲撃は過去の事例と違いすぎて、数人残して話を聞こうと思ったが……降参した中に、本物の勇者が紛れている。


「お前、左手に痣があるか?」


 確認というより、確証に満ちた声で尋ねる。ルシファーの問いかけに答えない男に、アスタロトが剣先を突きつけた。震える青年の左手を掴んだベルゼビュートが、黒い革の手袋を剥ぐ。甲高い音を立てる風は手を傷つけることなく、表面の手袋だけを切り裂いた。現れた小麦色の肌に、赤い痣が薄く浮かんでいる。


「……ふむ」


 おかしい。以前はリリスの左手に現れた痣が、蘇りの後で消えた。これは一度命が失われたためと考えられたが……。召喚者アベルは勇者としてこの世界に来たのに、左手の痣は後天的に現れたらしい。本人は前世界で痣はなかったと証言し、イザヤの記憶とも照合が取れた。


 勇者の痣は3歳前後で人族の子供の左手の甲に現れる、と考えられてきた。過去の勇者の話を総合すれば、それ以外の事例はなかったのだ。リリスの痣が消えて以降の勇者は、アベルも今回の男も痣が薄くなっていた。まるで、消えかけているように。


「リリスは勇者の痣について、何かわかるか?」


 腕を絡めてズレた鼻歌を響かせる少女に声をかける。歌をやめて首をかしげたリリスは、記憶を辿りながら口を開いた。


「私が知る限り、痣はなの。だから生まれた時はなくても、後から体に浮いてくるのよ。前に取り憑いた人が死ぬと、次の人に取り憑いて……ずっとそうやって残ってきたわ」


 驚きの事実に大公達が絶句する。勇者であることを証明するもので、魔力の少ない人族が勇者を見分ける印だと考えてきた。それが『呪い』だと言い切られ考え込む。それぞれが知識を総動員し、自分なりの結論を出した。


「魔王陛下への呪い、ですか?」


「確かに『魔王と勇者は対である』の意味を誰も調べませんでしたね」


「その呪いは解除できるのかしら」


「術式があるってこと? どうしてそんな無駄なことをしたんだろう。人族をどれだけけしかけても、ルシファーに敵わないのはわかってるじゃん」


 ベール、アスタロト、ベルゼビュート、ルキフェルが口にした内容に、ルシファーは言葉を選びながら返した。


「数万年にわたって消えずに存在し続ける呪いは、誰がいつかけた?」


 はっとした顔で、アスタロトがルシファーを見つめる。ひとつだけ心あたりがあった。数万年の間に呪いが消滅しない理由も、これならば説明がつく。


「あの、僕らはころされ、ない……で、すよね?」


「助けて! 助けて、たすけて……」


 必死で助命嘆願する人族の生き残りを、ルキフェルが笑顔で魔法陣に包む。勇者である青年を含めた全員を、無造作に魔の森へ捨てた。以前にルシファーが襲撃者に対して行った処分と同じ方法だ。


「とりあえず片付けたから、部屋に戻らない?」


 ルキフェルは提案しながら周囲を見回した。手や足がバラバラに転がり、人族の死骸が積み重なった城門は真っ赤に濡れている。鉄錆た臭いが充満する場所で、リリスはふわりと笑った。


「薔薇のお風呂に入って、それからお茶にしましょう。


 場所を変更し、気分も変えて、改めて話をしようと提案する。その発言に否を唱える者はいなかった。そして――少女達を含め、この6人だけと限定したリリスの意図に気づく。


「そうですね。複雑な話の前に気分を変えた方が良さそうです。30分後にお伺いいたします」


 時間を決めたアスタロトが「お先に」と足元へ沈むように姿を消す。影の中に入り込んで移動した彼を見送り、ルシファーがリリスの手を取って歩き出す。階段を無視して縁から飛び降りたルシファーが、続いたリリスを受け止めて私室へ向かった。


「あたくしも着替えてくるわ」


 返り血に汚れた姿で肩を竦め、ベルゼビュートは己の城へ転移する。ベールと手を繋いだルキフェルが、魔王城内の部屋に戻るために中庭への転移魔法陣を描いた。


「中庭の子達も安心させてあげないとね」


「そうですね」


 アデーレを含めた中庭を守る魔族に説明と片付けを頼むべく、浄化魔法陣で身綺麗にした2人は中庭へ飛んだ。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く