魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

580. 隠した秘密の共有

 魔の森についての発言や言い伝えを纏めた資料を持ち、ルキフェルは足早に廊下を進む。報告書は分厚いファイル1冊にまとめたが、残りは収納空間に放り込んでいた。執務室一部屋分の資料を従え、ルキフェルが扉をノックした。


「どうぞ」


 アスタロトが扉を開く。彼自身もファイルに挟んだ書類を手にしており、ルシファーは机で署名し終えた書類に押印していた。少し離れた長椅子で本を読むリリスに気づき、ルキフェルは手にした資料を収納へ放り込んだ。


 先ほどまでの高揚した気持ちが萎んでいく。魔の森の秘密を解明したような万能感が、すっと消えた。


「報告は良いのですか?」


 不思議そうなアスタロトが首をかしげる。


「うん、僕の手柄じゃないから」


 ルシファーに報告するつもりだったが、リリスの前で得意げに披露する内容ではない。彼女が説明しないのに、勝手な憶測で語るのは間違っている気がした。日が暮れかけた窓の外に目をやり、ルキフェルは苦笑いを浮かべた。


「ロキちゃん、この本の続きが読みたいの」


 リリスは無邪気に声を掛けてくる。覗き込むと、複数巻の小説だった。続きを読みたいと強請るお姫様に記憶を辿り、図書室の左上にあった本を思い出す。なぜか続き物が1巻だけ別にしまわれていたので、記憶に残っている。理由があるのかと放って置いたが、彼女が読みたいというなら取ってくればいい。


「あと1巻なのに足りないんだもん」


 書棚になかったとぼやくリリスに微笑み掛け、ルキフェルは「少し待っていて」と声を掛けて部屋を出た。扉の閉まる音に顔を上げたルシファーは、何も報告せずいなくなったルキフェルに首をかしげる。


「なんだったんだ?」


「報告があったようですが、後で構わないと考えたようですね。それよりこちらの書類をお願いします」


 新しい書類を前に並べられ、見比べて左側から手を伸ばした。コカトリス捕獲の許可、続いてリリスの衣装代の承認……最後の1枚に署名をしたルシファーから書類を受け取ったリリスが、慣れた手つきで印章を押した。


「終わり? ルシファー」


「ああ。今日の分は終わりだな」


 また明日になれば積み重なる書類だが、今日の分は終わった。ほっとしながら立ち上がり、リリスへ手を差し出す。受けたリリスが身を起こしたところで、ルキフェルが戻ってきた。


「これでしょう? はい」


「ありがとう!」


 嬉しそうに小説の最終巻を手にしたリリスは、ルキフェルへ礼を言った。その言葉に滲んだ別の意味に気づき、ルキフェルはわずかに目を瞠る。


 ――黙っていてくれて、ありがとう。


 間違わずに受け止めたルキフェルが水色の瞳を細めて頷いた。アイコンタクトでの会話を終えると、リリスはルシファーに向き直る。


「アンナ達も一緒に食事をしたいわ。ロキちゃんやアシュタも」


 みんなを誘おうと提案するリリスへ、ルシファーは頷いて許可を出した。もし召喚者達が元いた世界に戻る決意をしていたら、これが最後の食事となる。そんな事情がなくても、リリスのお願いを断る理由はなかった。


「折角だ。ルーサルカ達にも声を掛けてみようか?」


「素敵! ルシファー、ありがとう」


 リリスは昔からよくお礼を口にする。謝るより礼を言う回数の方が圧倒的に多かった。笑顔で口にする感謝が、多くの魔族に受け入れられた原因のひとつだ。愛らしく笑顔を振りまき、誰にでも平等に振る舞う。ルシファーを見て学んだのか、素晴らしい姿勢だった。魔王妃に相応しいと民が認めた一因も、ここにある。


「リリスのお礼が聞けるなら、なんでも叶えるよ」


「ルシファーは本当にやりそうだわ」


 くすくす笑いながら晩餐へ向かう2人は、その後の騒動を知らず笑い合った。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く