魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

560. 崩壊していく絆

 身の内に凶器となる封印を持つアスタロトは、主君の手で果てることを希望した。精霊女王として寿命を持たないベルゼビュートの望みも、主の剣として共に殉じること。そして……番を喪った私を救った魔王へ口にした願いは、次こそ残されたくないというもの。あれほどの喪失感に、2度は耐えられない。


 身勝手な各人の望みに、あの日のルシファーは苦笑いした。封印のための短剣を、赤い涙を流す主君の首筋に向けて突きたてる。


「嫌だって言っただろ!! ……くっ」


 両手を重ねて突きだしたルキフェルの手に刺さった短剣が止まる。ルシファーへ向けられた剣先を掴んだルキフェルの叫びが響いた。


 風の魔力を使って加速したベールの眼前に転移した青年は、痛みに顔をしかめながら短剣を握り込む。抜かせないつもりだろう。再びルシファーを狙おうとするベールの行動を妨げながら、ルキフェルが魔力を込めて手のひらに魔法陣を描く。


 ずるりと奇妙な手ごたえに短剣を引くが、遅かった。ルキフェルの乱入に動揺したベールの隙をついて、短剣を別の場所へ転移させたのだ。とどめを刺す武器を奪われ、ベールの青い瞳が細められた。


「ルキフェルっ!」


 叱りつける響きに、青年は悔しそうに顔を歪めた。自分だけ知らされなかった、自分だけ蚊帳の外だった。同じ大公でありながら、彼らと一緒に逝くことを望まれなかったのだ。


「うるさい! 僕だって、大公なんだぞ! なのに……こんな」


 ルシファーを止める方法がないから、彼を封印しようとした。殺す気はないとわかるが、このままでは全員失われて、残った僕1人で魔族を支えなければならなくなる。魔王不在の魔族は荒れるだろう。その苦行を押し付けるなら、事前に一言あってしかるべきだ。言葉で告げられたら絶対に拒絶するが。












 瓦礫の山で血塗れの魔王と大公達の姿に、ルーサルカとルーシアは震えが止まらなかった。今までにない強大な魔力の爆発を感じた途端、彼女らが待機していた都の外側へ獣人達が転送される。本人達も驚いている様子から、何か起きたと判断して遡って飛んだ。魔法陣の解析を得意とするルーシアが一緒に飛んだのは、ルーサルカだ。


 シトリーとレライエは、魔の森で感じた別の魔力を調べに離れた。しばらく戻らないだろう。


 転移した先は大聖堂があった、現在は瓦礫の山となった広場。花壇は押しつぶされ、美しかったステンドグラスも、ゴミと化している。


「……ねえ、どうしてこんな騒ぎになってるの?」


「わからないわ」


 天井が抜けた大聖堂の上から、手足の震えが止まらなくなるほどの魔力を感じる。ぽたぽたと降って来た雨を辿るように見上げ、頬に垂れた雨粒を指で拭った。鉄錆た独特の臭いに顔をしかめる。


「え、血……なの?」


 意味がわからず顔を見合わせた2人は、次の瞬間、頭を抱えて蹲った。雷が大聖堂の十字架に落ちる。かろうじて残っていた壁面の金属製の十字架は、雷の軌道を呼び寄せたらしい。ばちばちと光を纏った後、転がるように落ちて来た。


「びっくり、した」


 ルーサルカの言葉に重なるタイミングで、今度は人が落ちてくる。咄嗟に魔法で受け止めたのは、その人の髪色や服に見覚えがあったから。


「シア! 手伝って!!」


「もちろん!」


 瓦礫を魔法で変形させて巨大な器を作り出す。下に砕いた砂を溜めたルーサルカの意図を汲んで、ルーシアが水を大量に流し込む。連携で作ったプールの水が盛り上がり、落ちてくる人影を包んで受け止めた。大量の水が散る。


 水の精霊族ウンディーネの作り出した透明な水が、赤く濁った。慌ててルーサルカが中へ飛び込み、予想通りの人物に息を飲む。


「ベルゼビュート、さま?」


 大きなプールが赤く染まるほどの出血があったのなら、すぐに治癒を施さないと。焦りで滑る手で彼女を縁まで運んだ。土の擁壁を壊して水を捨て、横たえたベルゼビュートの胸には剣が刺さっている。いつも彼女が敵に振るってきた銀の刃は、持ち主の身体を深く貫いていた。


「あ、あれ……、うそっ」


 ベルゼビュートの胸の剣を抜こうとしたルーサルカの耳に、震えるルーシアの声が届く。誘われるように顔を向けた先、魔王を囲んで血塗れの3人がくず折れる形で落ちた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く