魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

542. ぐずるお姫様は噂の宝庫

 リリスのためだと己に言い聞かせて混浴を乗り切り、精神的にぐったり疲れて干し草のベッドに寝転がる。干し草にハーブが混ぜてあるらしく、柔らかな香りがした。精神修行のようだった入浴で使わなかった薔薇を持ち帰ったリリスが、ベッドのシーツの上で花びらを散らす。


「パパ、すごい綺麗よ!」


「本当だ。リリスは綺麗だな、可愛い」


 寝転がったまま、黒髪に赤や黄色の花びらを乗せた幼女を腹部に乗せる。はしゃいだリリスが身を揺すると、ベッドが乾いた音を立てた。干し草のかさかさ揺れる音に、リリスは大喜びだ。


「パパ、本読んで」


「わかった。干し草のベッドが出てくる話にしようか」


「うん!」


 本を取り出し、しがみついたリリスの髪を撫でながら読み聞かせる。短い童話を読み終えると、最強の純白魔王に馬乗りになった幼女は、はふんと欠伸をした。手で口を押えたが、小さく声が零れる。


「眠いのか?」


「ううん」


 返事は立派だが、まったく信ぴょう性がない。グラグラと上で眠りの船を漕ぐ幼女は、最終的にぱたんと倒れ込んできた。動かそうとするとしがみ付くため、諦めてそのまま眠らせる。上に乗っていても大した重さではない。可愛い愛娘を乗せたルシファーは目を閉じた。


 周囲にエルフ達の魔力が点在しており、普段と違う環境に眠りはなかなか訪れず……ルシファーは諦めてリリスの寝顔を眺めて夜明けを迎えた。






「陛下の目元、少し隈があるでしょう?」


「やっぱり、そうだったのかしら」


「意外よね~。もっと草食系だと思ってたわ」


「でも幼女よ? どこまで悪戯……」


「ほら! 噂は後回しよ! 朝食の支度を手伝ってちょうだい」


 オレリアに追い払われた若いエルフ達が、慌てて食材を取りに森へ散る。朝摘みの果物やサラダ、多少のナッツ類に川魚のソテー。用意する食材はシンプルだ。森の番人であり狩人である妖精族にとって、保存食は最後の手段だった。スープはお昼と夜のみ。数万年をまったく変わらぬスタイルで生きてきた。


 用意した朝食を確認し、騒がしい若い子を遠ざけたオレリアが呼びに行くと、そこでは噂の人物が憂いのある表情で美しい顔を曇らせている。これは噂になるわけだと溜め息をついたオレリアが声をかける。


「陛下、朝食ができましたわ」


「ああ、今行く」


 ようやく目覚めたお姫様の身支度を終えたルシファーは、困惑していた。ぐずるリリスの機嫌が直らないのだ。何が気に入らないのかと尋ねても首を横に振るだけ。半泣きのぐずぐずした顔を黒いローブに押し付けて、なかなか顔を見せてくれない。


「リリス、オレリアに挨拶しようか」


 他者に気を向けようと促しても、いやいやと首を横に振る。原因が分からないので、ルシファーもお手上げだった。滅多に見せない姿も可愛いと割り切って、抱いて階下に降りる。なぜか集中する視線だが、ルシファーは注目されることに慣れていた。


 いつものことと気にせず、いやいやを続けるリリスに根気よく食事を摂らせる。手ずからサラダや果物を口に運び、リリスの表情を窺いながら飲み物を差し出した。鼻を啜る姿は具合が悪そうだが、熱もないし本人が否定する。治癒魔法を試しても反応がなかったので、ただ機嫌が悪いだけなのだろう。


 大きな街から離れた集落は、娯楽が少ない。彼女達が噂していたのは、昨夜の魔王と魔王妃の過ごし方だった。ベッドに散らされた花びら、寝ていない様子の魔王、ぐずる幼女、そして……昨夜のぎしぎしときしむ音やかすかに漏れ聞こえた声。総合すれば誤解しか生まれなかった。


 あんな幼い子を無理やり? でも合意なのかしら。姫はぐずってるわよ? そんな妄想が頭の中を占める若いエルフ達の視線は、ちらちらとルシファーへ向かう。盛大な誤解を解くため、オレリアはあえて近づいて話しかけた。


「陛下、昨夜は眠れませんでしたか?」


「眠りのハーブを混ぜてくれたのに悪いが、ずっとリリスの寝顔を見ていた」


 絶世の美貌が浮かべる幸せそうな笑みが直撃し、数人が意識を失って倒れる。オレリアは背後の騒動を無視して、穏やかに話を続けた。


「リリス様はお可愛らしいですもの、わかりますわ。姫はすぐに眠られました?」


「リリスが好きな絵本を読んでやったら興奮していたが、疲れからかすぐに寝たぞ。昨日の昼寝が短かったのと、普段と違う環境でぐずったらしい。気を使わせて悪いな」


 幼い頃から見慣れたオレリアでもくらりとくる美貌を蕩けさせ、惚気のろけるルシファーはリリスの黒髪に接吻けた。ぷいっと横を向くリリスだが、本当に嫌なら下りると騒いでいる。強く握ったローブを離さないあたりが、彼女の本音だろう。


「はぁ……可愛い」


 呟いて抱き締め、思いがけない場所で知った『長期休暇』の過ごし方を思い、頬を緩めた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く