魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

488. 単純な寿命問題

「君達の寿命って平均150年じゃない? 解析終わるまでに死んじゃうよね」


 わかると頷くルキフェルの言葉に、アベルが首をかしげた。


「150年?」


 人族の寿命の平均を口にしたルキフェルだが、何を驚かれたのか理解できない。きょとんとしながら、ベールが差し出したお菓子を摘まんだ。視線を感じて振り向くと、羨ましそうなリリスと目が合う。唇に指を当てて「食べたい」と全力で示す幼女に、くすくす笑いながらテーブルの上の皿を指先でつついた。


 焼き菓子の下に小さな魔法陣を作り出し、わずかな魔力で発動させる。アスタロトに隠れて行ったお菓子の転送に、ルシファーが頬を緩めた。保管していた焼き菓子を食べ終えたリリスが、ずっとベールの手元のお菓子を狙っていたのだ。


 こっそり魔法で浮遊させて渡そうと画策していたが、ルキフェルが送ってくれたので助かった。手元で受け取り、袖に隠してリリスに渡す。お茶菓抜きを言い渡した鬼に見つからぬうちに……。


「陛下、バレていますよ」


 ため息交じりに指摘され、びくりと肩を揺らす。同様に身体を揺らしたリリスが慌ててお菓子を頬張った。リスのようにぱんぱんになった頬が可愛いが、少々可哀想ではある。ゆっくり食べさせてあげたかった。


 もぐもぐ口を動かすリリスの黒髪を撫でて「ごめんね」と謝っておく。


「リリス姫、お行儀が悪いです。まったく……会議が終わるまでの我慢でしょうに」


 外へ出れば食べられるのだから、わずかな時間我慢しなさいとアスタロトが呆れ顔で呟く。両手で口元を隠しながら、食べ続けるリリスは返事が出来ない。ルシファーが肘掛けに寄り掛かって姿勢を崩しながら、アスタロトに言い返した。


「お前の言う我慢は、リリスには無理だ。幼子の目の前に菓子を並べて食べるな、とは可哀そうだと思わないのか?」


「思いませんが……姫が我慢できないのは理解しました。次からは考慮しましょう」


 最大限の譲歩を見せたアスタロトの影で、ルシファーがガッツポーズをする。ちらっと見えてしまったベールが頭を抱えた。これが魔族の最高幹部会議とは……。威厳や重みがまったく感じられない。


「寿命の話でしたか?」


 軌道修正を図ろうとベールがアベルに話しかけた。頬を膨らませたお姫様の顔に笑いを堪えていたアベルが、なんとか表情を取り繕う。


「え、はい。僕達の世界だと100歳未満が平均です」


「女性が90歳ほど、男性が80歳前後だったか」


 イザヤが大まかな平均寿命を示せば、ルキフェルが納得した様子で頷いた。手元のお菓子を半分ほどリリスの前に転送し、魔法陣を消す。


「それは魔力量のせいだね。人族でも魔力ゼロに近い人は80年くらいだから。魔力量の多い勇者や魔術師は200年は生きるんだ。それで平均が150年なんだけど」


 そこでチョコがついたお菓子を口に放り込む。ルキフェルの説明の続きを、ベールが担当した。


「3人とも後200年は生きるでしょう。魔力量が一番多い勇者でも250年は厳しいですが、人族の平均よりは長寿です」


 異世界人であっても、体の色で魔力量が決まる法則は絶対だ。黄色人種の肌は、人族の中ではかなり白い分類に入る。しかし魔族の中では平均以下だった。


「……200年か。生活基盤を考える必要があるな」


 イザヤが真剣に悩み始めた。帰れないならそれでいい。妹を危険に晒す気はないし、前の世界に未練もなかった。しかし、この世界で人族は脆弱な種族に分類される。出来る仕事は限られるだろう。贅沢は望まないが、最低限の生活は送れるよう仕事が必要だった。


「読み書きが出来れば、ある程度の仕事を任せられます」


 事務職で引き取りましょうとアスタロトが提案した瞬間、ベルゼビュートが異議を差し挟んだ。


「ちょっと待ってよ。なぜ彼らを処刑しないの? 陛下に矢を放ち、剣を向け、血を流させたのに……おかしいわ!」

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く