魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

449. 名乗るより先にお礼から

 円卓を用意するよう頼んだところ、城で一番大きな楕円形のテーブルが置かれていた。エルフが丹精した巨木はテーブルに木漏れ日を落とし、心地よい葉擦れの音を響かせる。ヤンが椅子を2つほど蹴散らすと、その場に丸くなって期待の眼差しを向けた。


「頼むぞ」


 声に出して労ったルシファーの腕から、リリスが「えいっ!」と掛け声勇ましく飛び込んだ。柔らかな毛皮に沈んだ幼女は、溺れた長い毛の間から顔を覗かせる。


「パパ、すごい! ヤンの毛がふかふか!!」


 冬毛のシーズンなので、柔らかく短い毛がたくさん生えているらしい。黒髪を乱したリリスを撫でながら、ルシファーが当然のごとくヤンの上に座った。魔王直属ソファの肩書がすっかり気に入ったフェンリルは、森の王者だった風格そっちのけで寛ぐ。前足をクロスさせた上に顎を乗せ、満足そうに息を吐いた。


「ヤンは冬になると毛が柔らかくなるからな」


 夏毛は涼しさを保つために、硬い毛が多くなる。犬と同じと指摘したら怒られるので、曖昧な言い方で誤魔化した。彼らにとって犬と狼の間には深くて暗い溝があるらしい。飛び越えられないというから、話題にしない方が賢いだろう。


「えっと、話するなら近い方がいいですか?」


 勇者アベルが首をかしげる。以前はアスタロト達側近が周囲を固め、少し離れた位置に座った。今回はどうすればいいのか。円卓というのは上座や下座が分かりづらい。勝手に座って叱られるのも怖いと、アベルは答えを待った。


「陛下のおそばには我々がおりますので、向かい側へどうぞ」


 ふわりと舞い降りたシトリーが翼を畳んで会釈した。腰まで届く長い銀髪をポニーテールに結った少女は、ルシファーに近い両側の席を確保して微笑む。ワンピースやドレスだと飛んだ際に見えてしまうため、乗馬ズボンのような軽装だった。


「お待たせいたしました、リリス様」


「ご機嫌よう、リリス様」


 ルーサルカとルーシアが並んで椅子に座る。城にいる大公がルキフェル1人なので、アデーレが気を利かせたらしい。狐尻尾をスカートから見せるルーサルカが座ると、リリスが嬉しそうに手を伸ばした。手を握り返してから、ふさふさの尻尾に触らせている。


 ルーシアは保育園当時から一緒だったため、手を振って挨拶を交わした。リリスが「ライは?」と呟く。珍しくドラゴンの尻尾や羽を出しっぱなしのレライエが駆け付け、大急ぎで乱れた髪を手櫛で直し始めた。なにやら理由があって遅刻したらしい。


「レライエったら、落ち着いて」


 一番年長のルーサルカが笑いながら椅子をすすめる。全員が着座した先で、残された椅子に3人の召喚者が腰掛けた。ルシファーからみて右にアベル、中央が聖女アンナ、左側は新たに発見された青年だ。アベルに「キヨノセンパイ」と呼ばれていた。


「アベル。その男はキヨノ、というのか?」


「阿部はなんて説明した?」


 アベルと呼ばれている状況に、青年が首をかしげた。フルネームなら「アベルカイ」となるが、奇妙な位置で名を分断されている。妙に魔王城に馴染んでいるのも気になった。


 運んできたサンドウィッチを並べるアデーレに、「ありがとうございます!!」と礼を言って皿を引き寄せるアベルが、隣を振り返って動きを止めた。先輩という単語がこの世界になさそうだし、説明が難しい。


「俺に任せてもらっていいっすか?」


 頷く兄妹に全権委任されたアベルが、ルシファーと向き合った。男女問わず魅せられる美しい顔の青年は、膝の上によじ登る幼女を撫でながら待っている。真っ白な髪だが年寄りには見えず、逆にきらきら輝いている。銀の瞳や真っ白な肌は、人形かと思うほど人離れした外見だった。


 事実、魔王であり人ではないのだから当然なのだが。


「聖女救出、ありがとうございました」


 最初に礼から始めたのは、アベルの祖母の教えだった。相手にしてもらったら、謝罪よりなによりお礼から言え。礼を言われて気分を害する者はいない。そう言い聞かされて育ったので、無意識の行動だ。


 頷いたルシファーの膝に落ち着くリリスは、ルーサルカが差し出すお菓子をもらい、逆の手にシトリーから貰った飴を握ってご満悦だった。


「お姉ちゃん、せーじょっていうの?」


「リリス、話の途中で口を挟んではいけないよ。最後まで聞こうね」


「わかった」


 素直に頷いたリリスの黒髪に、上から葉が落ちた。黄色く色づいた葉を乗せたリリスが、なんとか頭の上の葉を取ろうと手を伸ばす。しかしうまくいかず、左右に動いたため膝の上に落ちてきた。その葉を拾い上げ、なぜか満足そうにお菓子の隣に並べる。


 すべて手描きの高価な皿の端に、黄色い葉が得意げに揺れた。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く