魔王様、溺愛しすぎです!

necoaya

439. 物騒なメンバーが揃いました

 転移魔法陣で人族を運んだルキフェルは、王宮の前で眉をひそめた。さきほどまで元気よく喚き散らしていた彼らが、突然だんまりを決め込んだのだ。


 何かを隠しているらしいが、その情報を聞き出すのが仕事だった。しかし自分よりの得意な者に心当たりがあるルキフェルは、2つの選択肢の間で迷う。自分だと拷問になってしまい、バラバラに壊してしまう可能性が高いのだ。


 情報は欲しいが、獲物を譲る選択も悩ましい。


「ベールとアスタロト、どっちがいいかな」


 ぼそっと呟いた名に反応があった。城門の前に魔法陣が浮かび、ベールが現れる。いつもの長いローブを捌いて駆け寄り、膝をついて抱き締められた。銀髪を結った軍服姿なので、仕事中だったと推測する。


「ルキフェル、呼びましたか?」


 立ち上がって手を繋ぐベールの問いかけに「うん、名前を呼んだね」と曖昧な答えを返す。召喚したわけではないので、複雑な気持ちのルキフェルは手を握り返した。不本意ながら、やっぱりベールがいると安心する。


「お手伝いしますよ」


「ありがと」


 保護すべき愛しい子であるルキフェルの声に、仕事をサタナキア将軍に押し付けてきた。父親役を自負するベールにしてみたら、当然の対応だ。


「口実をくれたことに感謝します」


 城の塔が作る影からするりと姿を現したアスタロトが、優雅に会釈してみせた。どうやら2人とも参加する理由を待っていたらしい。大公であるルキフェルに呼ばれたという形式は、口実として最適だった。理由を察したルキフェルは、遠慮なく彼らを使うことにする。


「これから情報、聞きだす必要がある」


 物扱いで指さした先で、3匹のドラゴンに囲まれた魔術師と王侯貴族が震えていた。数は15人あまりか。ひとまとめにされた彼らを品定めしたアスタロトが、にっこりと笑って提案する。


「情報はすべて私が聞き出しますので、半分ほどいただけますか?」


「欲張りすぎ」


「多すぎます」


 ルキフェルとベールが不満を表明する。しかしアスタロトは飄々ひょうひょうと続けた。


「ベルゼビュートが10人ほど確保したようですから、数人分けてもらえそうですよ」


 ここで「分けてもらえる」と断言しないところが狡猾こうかつである。外交担当の本領発揮だった。


「隠れるのが得意なネズミ、ですか」


 そちらも捨てがたいとベールがうなる。多少ごねるだろうが、最終的にベルゼビュートが折れることは確実だった。ベールの決断を支持する、そんなルキフェルの眼差しを受けて頷く。


「わかりました。半分でいいでしょう」


「情報を得るために、あれとそれから……これは絶対に置いて行ってくださいね」


 アスタロトは金髪を風に揺らしながら、選んだ者を指し示す。国王と宰相だろうか。ごちゃごちゃと大量の宝飾品をぶら下げた豚に、ルキフェルは鼻に皺を寄せた。壊すならどれも同じだが、先に選ばれると損をした気分になるものだ。


「おいしいとこだけ、ずるい」


「おやおや、遠慮なく壊せるものを残しましたが」


 言外に、選んだ者以外は壊して構わないと許可を出す。竜種であるルキフェルは膨大な魔力と魔法陣の知識を蓄えている。新しい魔法陣を試す実験材料として、壊しても問題ない者を選んだと言われれば、途端に余り物が魅力的に思えた。


 ルシファーに任され、アスタロトが壊していいと断言した。つまり手加減は一切必要ないと言い換えられる。


「ベール、一緒に?」


「そうですね。ベルゼビュートから少し追加をもらって、一緒にましょうか」


 言葉遊びで言い換えても、殺戮さつりくの宴が待っている未来は変わらない。繋いだ手を揺すってご機嫌のルキフェルに目を細め、ベールは愛おしそうに少年の髪を撫でた。小さな角がある頭部に触れると、擽ったそうなルキフェルが笑う。


「じゃあ、最初はこれ」


 無造作に魔術師を一人選ぶ。手を離さないベールを引っ張って歩き、少年は愛らしい顔に似合いの満面の笑みを浮かべた。ドラゴンに押さえられた獲物へ、鋭い爪を生やした手を伸ばす。ガブリエラ国の国旗の下、魔族の饗宴きょうえんが始まった。

「魔王様、溺愛しすぎです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く